『司書のお仕事』刊行記念トークイベント 会場リポート

さる5月31日(木)19時30分から「八重洲ブックセンター 本店8階」にて、『司書のお仕事』刊行を記念して、「ライトノベルと図書館の意外なカンケイ★」トークイベントを開催しました。


登壇者は『司書のお仕事』を執筆された大橋崇行先生(東海学園大学 准教授)と監修を担当された小曽川真貴先生(犬山市立図書館 司書)、『ライトノベル史入門『ドラゴンマガジン』創刊物語』を執筆された山中智省先生(目白大学 専任講師)、『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(彩流社刊)を執筆された嵯峨景子先生(明治学院大学 非常勤講師)。

 

まずは皆さん自己紹介をされ、『司書のお仕事』の紹介や制作秘話などについて大橋先生・小曽川先生がコメント。

 

そして、次に山中先生が『司書のお仕事』を読まれた簡単な感想をコメントされました。そして嵯峨先生が少々遅れて登壇され、『司書のお仕事』を読まれた感想を語られました。
 
自著や研究分野について紹介をして、「ライトノベル」と呼ばれるエンターテインメント小説を含むヤングアダルト書籍が図書館に蔵書されることなどについて、大橋先生の司会進行でイベントが盛り上がりました。


時間はアッという間に過ぎ、質疑応答でおふたりの質問に皆さん親身に答えていました。

 

おわりに:担当編集より

 『司書のお仕事』は等身大の司書さんが実際にどういった仕事をしているのだろうか?という部分に着眼し、物語的な読み物ですがしっかりと図書館での選書やレファレンスサービスというリアルを伝えることができた1冊ではないかと思います。小中学校の図書室や高校・大学の図書館にいる、もしくはいたかもしれない司書教諭や公共図書館の司書さんたちは見えないところでも多くの仕事をしております。就職や転職で実際に仕事ぶりを把握する手助けになるおもしろい本になりましたので、ぜひ読んでみてください。

(文責:編集部 萩野)

 

詳細はこちらから

司書のお仕事

司書のお仕事

大橋崇行 著/小曽川真貴 監修

定価1,944円(本体1,800円)

詳細今すぐ購入