アジアの図書館・公文書館を利用するということ
  ―『世界の図書館から』刊行記念特集

 

本書刊行について

 『世界の図書館から―アジア研究のための図書館・公文書館ガイド』は、28名の若手アジア研究者が世界各地の45の図書館・公文書館について、実際に利用した経験をもとに紹介したガイドブックです。
 アジアに興味があり実際に世界各国の図書館・公文書館を訪問してみようと思う大学生や大学院生に、良質な指南書に目を通すことで効率のよい資料調査をしたいと考えるアジア研究者に、時々刻々と変動するアジア情勢について把握したいビジネスパーソンに、デジタルアーカイブを通じて日本にいながらアジアの文化や歴史をのぞきたい方にご一読いただければ幸いです。

 

U-PARLとは?

 

 東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(Uehiro Project for the Asian Research Libraryの略称です。
 U-PARLは公益財団法人上廣倫理財団の寄付を得て2014年4月に東京大学附属図書館に設立された研究部門です。同大学総合図書館4階に2020年開館予定のアジア研究図書館の構築支援、図書館機能研究、協働型アジア研究、社会還元と人材育成を主な目的としています。
 U-PARLでは、図書館関係者を対象とした目録ワークショップ、若手研究者を対象とした文献探索セミナー、一般向けのトークイベントであるアジアンライブラリーカフェを開催しています。

 ◇ウェブサイト
 [日本語] http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/
 [英語] http://u-parl.lib.u-tokyo.ac.jp/en

 

本書の内容について

 本書は合計45本の記事から構成され、地域別の5章から構成されています。
 第1章「東アジア」では、中国、台湾、韓国の図書館・公文書館合計13館を扱っています。とくに中国については、代表的な国立図書館のほか、地方各省の大学図書館や省立図書館・公文書館(中国では档案館とよばれる)まで幅広く取り上げています。
 第2章「東南アジア」では、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシアの図書館・公文書館合計14館をバランスよく紹介しています。
 第3章「南アジア」では、インドの4つの図書館・公文書館を扱っていますが、国立または州立の公文書館に加え、民族主義運動に関する図書館にも言及があります。
 第4章「西アジア」は、イラン、エジプト、トルコの合計8つの図書館・文書センターを紹介しています。とくにイランについての情報は充実しています。
 第5章「欧米諸国」は二つの種類の記事から構成されています。一つめは、バルカン半島の図書館・公文書館3館についての記事で、バルカン半島の各国の図書館・公文書館事情について日本語で読める貴重な情報源です。二つめは、アジアに関する良質で膨大なコレクションを所蔵する欧米の図書館(デジタルコレクションを含む)の紹介です。ここではフランス国立図書館、ブリティッシュコロンビア大学アジア図書館、ハーバード燕京図書館を取り上げています。

 

お国柄が色濃く反映される知の拠点


ベトナム国家図書館の館内展示。
テト攻勢の年(1968年)の1月29日号に発行された新聞が、何の解説もなく展示されている。

 


ベトナム国家図書館

 


王立プノンペン大学附属フン・セン図書館(カンボジア)。
図書館名には現役政治家の名が冠されている。

 


マレク国立図書館・博物館(イラン)の外観。タイルの装飾が美しい。

 

刊行記念コラム◎「カード目録の思い出」


ベトナム国立第一公文書館の閲覧室外に置かれている目録カードケース。
(2018年3月撮影)

 

 2000年代の前半でさえ、若手研究者にとって、アジア各国の図書館・公文書館の利用は大変だった。紹介状を握りしめて突破した守衛所、(紙の)辞書持ち込み不可の閲覧室、昼寝できるほどの長い昼休み。19世紀後半の歴史資料の内容をルーズリーフに筆写するのは仕方がないにしても、マイクロリーダーに映写された新聞の文字をノートに転写する作業は眼にこたえた。
 けれども木製の目録カードケースを次から次に引き出して、片っ端から目録カードをめくり、あこがれの研究対象地域の先人たちの残した資料や書物に、それも学んだ言語を介して直接巡り合う喜びは格別だった。それはあまたの苦労を吹き飛ばし、若い心に火をつけた。
 今や目録カードケースは図書館や公文書館の片隅に追いやられていることが常である。しかしその姿を見るたびに、私はあの日の感動と、知の拠点を築き守り続けてきた先人に対する畏敬の念を思い出す。

澁谷 由紀(U-PARL)

 

 

詳細はこちらから

世界の図書館から

世界の図書館から―アジア研究のための図書館・公文書館ガイド

U-PARL(東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門) 編

定価2,592円(本体2,400円)

詳細今すぐ購入

 

「ライブラリーぶっくす」シリーズ書籍

図書館の日本史

図書館の日本史

新藤透 著

定価3,888円(本体3,600円)

詳細今すぐ購入

司書のお仕事

司書のお仕事―お探しの本は何ですか?

大橋崇行 著/小曽川真貴 監修

定価1,944円(本体1,800円)

詳細今すぐ購入

ポストデジタル時代の公共図書館

ポストデジタル時代の公共図書館

植村八潮・柳与志夫 編

定価2,160円(本体2,000円)

詳細今すぐ購入

図書館員をめざす人へ

図書館員をめざす人へ

後藤敏行 著

定価2,160円(本体2,000円)

詳細今すぐ購入

知って得する 図書館の楽しみかた

知って得する 図書館の楽しみかた

吉井潤 著

定価1,944円(本体1,800円)

詳細今すぐ購入

知って得する 図書館の楽しみかた

ささえあう図書館―「社会装置」としての新たなモデルと役割

青柳英治 編著/岡本真 監修

定価1,944円(本体1,800円)

詳細今すぐ購入

 

図書館学関連書籍

公共図書館運営の新たな動向

わかる!図書館情報学シリーズ 5

公共図書館運営の新たな動向

日本図書館情報学会研究委員会 編

定価1,944円(本体1,800円)

詳細今すぐ購入

学校図書館への研究アプローチ

わかる!図書館情報学シリーズ 4

学校図書館への研究アプローチ

日本図書館情報学会研究委員会 編

定価1,944円(本体1,800円)

詳細今すぐ購入

メタデータとウェブサービス

わかる!図書館情報学シリーズ 3

メタデータとウェブサービス

日本図書館情報学会研究委員会 編

定価1,944円(本体1,800円)

詳細今すぐ購入

情報の評価とコレクション形成

わかる!図書館情報学シリーズ 2

情報の評価とコレクション形成

日本図書館情報学会研究委員会 編

定価1,944円(本体1,800円)

詳細今すぐ購入

電子書籍と電子ジャーナル

わかる!図書館情報学シリーズ 1

電子書籍と電子ジャーナル

日本図書館情報学会研究委員会 編

定価1,944円(本体1,800円)

詳細今すぐ購入