『源氏物語』を楽しむ―『フルカラー 見る・知る・読む 源氏物語』刊行記念

 

1000年の時を経て愛され続けてきた『源氏物語』。
この『源氏物語』にはさまざまな愉しみ方があります。
今回『源氏物語』の魅力に触れていただければと思い、フルカラーの入門書を刊行いたしました。

これ一冊で『源氏物語』が丸わかり!
ぜひ『源氏物語』の世界をお愉しみください。


はじめに

本書は、『源氏物語』に親しみ、この物語をよりよく知りたいと思われている方々のための入門書として編集しました。
『源氏物語』が、世界に誇るべき日本古典の最高峰であることは、誰でも知っていることです。しかし、残念なことに、その内容を光源氏というプレイボーイの恋愛物語だと思い込んでいる人も少なくありません。成立以来1000年以上の間それぞれの時代の人々に愛され読まれ続けて来た物語が、単なる軽薄なプレイボーイの物語であるはずはありません。
『源氏物語』は、自由恋愛的な平安貴族社会のお話ですから、たしかに恋愛の場面は多いのですが、ただの恋愛物語ではなく、人間の根源的な「愛」の問題を真正面から真摯に取り上げ、「愛」にまつわるさまざまなドラマが生み出す複雑な人間感情から深刻な「罪」「出家」「死」までをも深く見据えて、そこにうごめく多彩な人間模様を余すところなく克明に描き出しているのです。
その点『源氏物語』は、「愛」と「罪」を主題とした貴族社会の一大叙事詩と言っても過言ではありません。この物語の大きな魅力も、まさにここにあるということができるでしょう。

本書では、この『源氏物語』の魅力を、見る・知る・読むの三方面から伝えようと試みました。
まず「見る」については、伝統的な土佐派の大和絵の「源氏物語画帖」を各巻ごとに掲げ、また江戸時代の庶民に人気のあった「源氏物語の錦絵」を処々に入れて鑑賞に供しました。
「知る」については、『源氏物語』の全体の構成と物語の展開を概説した「『源氏物語』の世界」や各巻の「あらすじ」などでまず『源氏物語』の概要を知り、「深く味わう源氏物語」では興味ある話題を提供しました。そして「源氏物語ライブラリー」では様々な文化の中で形づくられた『源氏物語』の大変貴重な資料を多数紹介しています。
さらに「読む」については、『源氏物語』の中でも特に美しい文章を朗読することにより『源氏物語』の文章の魅力を十分に味読できるようにしました。

紫式部が心血を注いで書き上げた『源氏物語』のすばらしさにじかに触れ、本物の『源氏物語』に少しでも親しんでいただければ、著者としてこれにまさる喜びはありません。



中野幸一(早稲田大学名誉教授)


本書の特色

本書は以下のような特色を持っています。

◎伝統的な土佐派の大和絵や江戸時代庶民に親しまれた錦絵をフルカラーで多数掲載。『源氏物語』の美麗な世界を愉しむことができる。
◎美しい原文を声に出して読むことで、より深く物語の魅力を味わうことができる朗読本文を付す。
◎物語の構成と展開を概説した「『源氏物語』の世界」、全54帖のあらすじ、登場人物の系図を掲載。これ一冊で『源氏物語』のすべてが分かる。
◎江戸時代のパロディー本(草双紙)からカルタ・双六・豆本・花道書まで、様々な時代の文化に受け入れられた『源氏物語』の貴重な資料を随所に挿入。
◎『源氏物語』をより深く愉しむことができるコラムを多数紹介。

朗読

本書は、まず『源氏物語』がどんな物語であるかをよく理解した上で、『源氏物語』の原文を、自分の声で朗読できるようになっています。
そのための本文として、古来『源氏物語』の名場面、名文といわれている部分を十三段抜き出して掲出しました。これは今までの入門書にはない試みで、本書の大きな特色です。
『源氏物語』の原文は、声に出して読んでも十分に鑑賞に値する美しい文章です。紫式部が書いた物語本文にじかに接することで、『源氏物語』の本物の魅力をぜひ味わっていただきたいと思います。
今回著者の中野幸一先生に、その本文を朗読していただきました。


◎解説


本書の内容について解説していただいています。


◎桐壺


「桐壺」の本文を朗読していただきました。下に朗読している文章を掲載していますので、動画を見ながらお楽しみください。




◎賢木


「賢木」の本文を朗読していただきました。下に朗読している文章を掲載していますので、動画を見ながらお楽しみください。



◎須磨


「須磨」の本文を朗読していただきました。下に朗読している文章を掲載していますので、動画を見ながらお楽しみください。


詳細はこちらから

東北近代文学事典

フルカラー 見る・知る・読む 源氏物語

中野幸一 著

定価2,310円(本体2,200円)

詳細今すぐ購入

 

関連書籍

揺れ動く『源氏物語』

揺れ動く『源氏物語』

加藤昌嘉 著

定価5,040円(本体4,800円)

詳細今すぐ購入

九曜文庫蔵 源氏物語扇面画帖

九曜文庫蔵 源氏物語扇面画帖

中野幸一 編

定価10,500円(本体10,000円)

詳細今すぐ購入

石山寺蔵四百画面 源氏物語画帖

石山寺蔵四百画面 源氏物語画帖

石山寺座主・鷲尾遍隆 監修/中野幸一 編集

定価26,250円(本体25,000円)

詳細今すぐ購入

 

他にもこんな書籍が出ています。

  • 『まろ、ん? 大掴源氏物語』小泉吉宏(著)、幻冬舎、2002年
  • 『面白くてよくわかる!源氏物語』根本浩(著)、アスペクト、2010年
  • 『源氏物語を知っていますか』阿刀田高(著)、新潮社、2013年
  • 『すぐわかる源氏物語の絵画』田口榮一(監修・著)/稲本万里子・木村朗子・龍澤彩(著)、東京美術、2009年