『正訳 源氏物語 本文対照』完結記念朗読会・講演会開催決定!

中野幸一訳『正訳 源氏物語 本文対照』全十冊完結を記念して、朗読会と講演会を行います。
お誘いあわせの上、是非お越しください。


 

★『正訳 源氏物語 本文対照』完結記念「源氏物語の語りを楽しむ―紫のゆかりの物語」
◎プログラム
講演:中野幸一氏(「正訳 源氏物語 本文対照」の訳者・早稲田大学名誉教授)
朗読:紺野美沙子さん(女優)
※朗読は中井智弥氏(二十五絃箏奏者)による演奏とともにおおくりします。

◎開催日時:
2017年9月2日(土) 14時開演[13時30分開場・16時30分終演(予定)]
◎開催場所:
浜離宮朝日ホール(小ホール)(東京都中央区築地5丁目3-2 朝日新聞東京本社・新館2階)
*築地市場駅よりすぐ/築地駅・東銀座駅・汐留駅・新橋駅より徒歩(約8〜15分)
◎参加方法:
入場料3,000円(定員398名・全席指定)
*要予約。(お電話(03-5215-9021)、FAX(03-5215-9025)、メール(info●bensei.jp)のいずれかにてご連絡ください)
*メールアドレスの「●」部分は「@」に変換してください
*お名前・ご参加人数・ご連絡先をお伝えください。
数日で郵便振替用紙をお送りいたしますのでご入金下さい。
入金の確認が取れましたら、受領証(メールでのご連絡の場合は添付ファイル)をお送りいたします。
受領証は座席指定の入場券も兼ねておりますので、当日、ご持参ください。受付にて照合させていただいた後、お席へご案内いたします。(添付ファイルの場合は携帯やタブレットの画面をお見せ下さい)
◎お問い合わせ:
勉誠出版株式会社(住所:東京都千代田区神田神保町3-10-2 TEL:03-5215-9021 FAX:03-5215-9025)


◉講演:中野幸一
『正訳 源氏物語 本文対照』訳者。早稲田大学名誉教授。文学博士。専攻は平安文学。2011年瑞宝中綬章受章。
主な編著書に『物語文学論攷』(教育出版センター、1971年)、『うつほ物語の研究』(武蔵野書院、1981年)、『奈良絵本絵巻集』全12別巻3(早稲田大学出版部、1987~1989年)、『常用源氏物語要覧』(武蔵野書院、1995年)、『源氏物語の享受資料―調査と発掘』(武蔵野書院、1997年)、『源氏物語古註釈叢刊』全10巻(武蔵野書院、1997~2010年)、『九曜文庫蔵源氏物語享受資料影印叢書』全12巻(勉誠出版、2008~2009年)、『平安文学の交響―享受・摂取・翻訳』(勉誠出版、2012年)、『フルカラー見る・知る・読む 源氏物語』(勉誠出版、2013年)、『ちりめん本影印集成 日本昔噺輯篇』(共編、勉誠出版、2014年)などがある。

◉朗読:紺野美沙子
女優。東京生まれ。1980年、慶応義塾大学在学中にNHK連続テレビ小説「虹を織る」のヒロイン役で人気を博す。「武田信玄」「あすか」など多数のドラマに出演。舞台「細雪」(原作・谷崎潤一郎)では三女・雪子役を好演。他に、「オットーと呼ばれる日本人」(作:木下順二)、「きんぎょの夢」(原作:向田邦子)、「日本の面影」(作:山田太一)など、硬軟を問わず意欲的に舞台に取り組んでいる。1998年、国連開発計画親善大使の任命を受け、カンボジア・パレスチナ他、アジア・アフリカの各国を視察するなど、国際協力の分野でも活動中。2010年秋から、「紺野美沙子の朗読座」を主宰。様々なジャンルのアートと朗読を組み合わせたパフォーマンスを全国各地で公演している。

◉演奏:中井智弥 (二十五絃箏奏者)
二十五絃箏奏者。6歳の時に箏と出会う。東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。伝統的な箏や地歌三絃の演奏も行いつつ、音域を広げた「二十五絃箏」の演奏をメインに活動。神話・日本の古い文学作品・お能等を題材に新しい感覚で作曲し、様々なジャンルとコラボレーションを行っている。Eテレにて「おかあさんといっしょ」「花鳥風月堂」等に出演。2014年ソロアルバム「INFINITY」、2015年「TRADITIONAL」をリリース。2016年三重県文化奨励賞受賞。

主催:勉誠出版
企画:村井幹子(元カリタス女子短期大学教授・カリタス女子中学高等学校校長)
進行:陣野英則(早稲田大学教授)・福家俊幸(早稲田大学教授)
演出:篠田伸二