基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

新刊書籍


並べ替え

商品画像 書名-

三島由紀夫の切腹

今すぐ購入

三島由紀夫の切腹

よみがえる葉隠精神

北影雄幸 著

2018年11月 刊行 ISBN:978-4-585-21536-3

「生命以上の価値なくして何の軍隊だ。それは自由でも民主主義でもない。 我々の愛する歴史と伝統の国、日本だ。これを骨抜きにしてしまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はゐないのか。」 三島の内面でより一層凛烈な滅びの美学として昇華した『葉隠』の求死の美学。 美の一回性を信じていた三島は、一死殉国、一死殉皇の覚...

定価3,240円(本体3,000円)

国宝 小川本 真草千字文

今すぐ購入

国宝 小川本 真草千字文

小川雅人 原本所蔵/石塚晴通・赤尾栄慶 編

2018年11月 刊行 ISBN:978-4-585-27049-2

書聖王羲之7世の孫・智永による書写と伝え、「智永千字文」という通名で、広くその名を知られる小川家所蔵の『真草千字文』。 奈良時代の聖武天皇・光明皇后遺愛品と見做されて来た日本国随一の国宝の全編を、超高精細画像にて原寸原色影印。 その筆跡・筆致までをもまざまざと伝える決定版。 【本書の特長】 ・完形に...

定価27,000円(本体25,000円)

幕末の天才 徳川慶喜の孤独

今すぐ購入

幕末の天才 徳川慶喜の孤独

平和な「議会の時代」を目指した文治路線の挫折

鈴木荘一 著

2018年11月 刊行 ISBN:978-4-585-22224-8

慶喜の明治維新とは、流血の無いイギリス名誉革命を模範とした市民革命であり、イギリスの議会制度を取り入れようとしたものだった。 その背景にあった「水戸学」とはどのような思想なのか。 水戸学に学び、文治路線を望み、戦を嫌った最後の将軍・・・。慶喜の見すえた未来とはどのようなものだったのか。 象徴天皇論を...

定価864円(本体800円)

比較中学歴史教科書

今すぐ購入

比較中学歴史教科書

国際派日本人を育てる

伊勢雅臣 著

2018年11月 刊行 ISBN:978-4-585-22225-5

日本の歴史文化を「根っこ」として持ち、国際社会で尊敬される国際派日本人を育てるための歴史教育とは何か? 各社の中学歴史教科書を読み比べてみたら、その違いが見えてくる。 自国の歴史文化を語れれば、外国の歴史文化も味わえ、外国人と語り合うこともできる。 あなたは自分の言葉で日本を語れますか?...

定価972円(本体900円)

「私」から考える文学史

今すぐ購入

「私」から考える文学史

私小説という視座

井原あや・梅澤亜由美・大木志門・大原祐治・尾形大・小澤純・河野龍也・小林洋介 編

2018年10月 刊行 ISBN:978-4-585-29170-1

日本固有の文学ジャンルと考えられている「私小説」。 明確な定義がないなか、読者は一体なにを作者の「私」像として読み取っているのだろうか? 本書では、従来「私小説」とみなされてこなかった作品や周辺ジャンルである日記や紀行文、映画や漫画などを含めた文学史の構築を試みるとともに、作り手である現代作家の水村...

定価7,776円(本体7,200円)

アジアのなかの博多湾と箱崎

今すぐ購入

アジア遊学 224

アジアのなかの博多湾と箱崎

九州史学研究会 編

2018年10月 刊行 ISBN:978-4-585-22690-1

近世では日本全国を舞台に活躍した廻船の母港として、また、近現代は九州帝国大学を擁する学問の地として、ひと・モノ・情報が行き交った博多湾沿岸一帯は、時代に応じてその相貌をさまざまに変化させてきた。 宗教都市、港町、漁村、宿場町、大学町といった多面的・重層的な都市である「箱崎」を中心に、日本およびアジア...

定価3,024円(本体2,800円)

公共図書館運営の新たな動向

今すぐ購入

わかる!図書館情報学シリーズ 5

公共図書館運営の新たな動向

日本図書館情報学会研究委員会 編

2018年10月 刊行 ISBN:978-4-585-20505-0

2000年代以降、公共図書館の運営には大きな変化が見られる。その背景には、情報通信技術の進展、図書館への各種経営手法の導入、国・地方公共団体の財政のひっ迫、そして両者の関係性変化など、様々に複合する要因がある。 「わかる!図書館情報学シリーズ」の最終巻にあたる本書では、これから公共図書館が大きな転換...

定価1,944円(本体1,800円)

古代日本と東部ユーラシアの国際関係

今すぐ購入

古代日本と東部ユーラシアの国際関係

廣瀬憲雄 著

2018年10月 刊行 ISBN:978-4-585-22223-1

外交文書と外交儀礼を丹念に読み解き、5~9世紀の倭国・日本の対隋・唐・新羅・百済政策の実態を明らかにし、古代日本の外交関係と東部ユーラシアの国際秩序を体系的に考究。 また、「東部ユーラシア」という新たな枠組みに基づき、柔然・突厥・吐蕃・回鶻・契丹など様々な遊牧勢力を含む地域全体を、独自の支配理念や国...

定価8,640円(本体8,000円)

図説 道教医学

今すぐ購入

図説 道教医学

東洋思想の淵源を学ぶ

吉元昭治 著

2018年10月 刊行 ISBN:978-4-585-24009-9

洋の東西を問わず、人びとは生老病死の苦しみの克服を願い、そして、そこに医学の発達をみた。 東洋における文明の発祥地・中国においては、医学は道教と密接に結びつき、その淵源には道家を中心とした自然観があった。 道教経典の一大叢書「道蔵」をはじめ、多様な中国の古典文献を渉猟、その医学的思想の諸相を抽出し、...

定価54,000円(本体50,000円)

変革期の社会と九条兼実

今すぐ購入

変革期の社会と九条兼実

『玉葉』をひらく

小原仁 編

2018年10月 刊行 ISBN:978-4-585-22217-0

日本の歴史において大きな画期を迎えた十二~十三世紀。 院政下における武家政権の成立、それに伴う争乱と政局の混迷、度重なる天変地異など、時代の大きな変わり目に遭遇した人びとは、それをどのように受け止め、どう対処しようとしたのか。 時代の趨勢を詳細に記した九条兼実の日記『玉葉』をはじめ、同時代の諸資料を...

定価10,800円(本体10,000円)