基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

新刊書籍


並べ替え

商品画像 書名-

世界の巨匠 ティニ・ミウラの手造り豪華本 1990-2015

今すぐ購入

世界の巨匠 ティニ・ミウラの手造り豪華本 1990-2015

三浦永年 編

2016年6月 刊行 ISBN:978-4-585-20050-5

洋書コレクションにおいて、愛蔵本に独自の製本装幀を施す好事家が少なくない。 それは伝統に裏付けされた、書籍蒐集のかたちである。 洋書装幀アーティストの第一人者であるティニ・ミウラ女史が製作した、最新の作品群約140点をフルカラーで網羅掲載。 また、創作に裏舞台に迫る独自のツールを初めて公開。 イマジ...

定価19,440円(本体18,000円)

勝海舟の蘭学と海軍伝習

今すぐ購入

勝海舟の蘭学と海軍伝習

片桐一男 著

2016年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22147-0

勝海舟が学んだ蘭学、海軍伝習とはいかなるものであったのか。 幕末から維新への激動の時代、江戸城無血開城に導き、次代への道を拓いた勝海舟。 その成功の背景には、海舟が身に着けた蘭学と海軍伝習があった。 新潟県糸魚川市に伝わる新出資料を読み解き、海舟が蘭書やオランダ人教官との親交から海外情報・知識を体得...

定価4,536円(本体4,200円)

日本における中国画題の研究

今すぐ購入

日本における中国画題の研究

張小鋼 著

2016年6月 刊行 ISBN:978-4-585-27022-5

白楽天や楊貴妃、多くの神仙など中国の伝説のモチーフは日本の絵画の中に大いに取り入れられている。そこには物語の読み替えや再構成、日本独自の解釈が見られる。それらはどのような過程のもとに行われたのか。図様と典拠を丁寧に比較することにより、日本における中国画題の特徴を明らかにする。...

定価9,720円(本体9,000円)

日本文学のなかの〈中国〉

今すぐ購入

アジア遊学 197

日本文学のなかの〈中国〉

李銘敬・小峯和明 編

2016年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22663-5

日本の様々な物語・説話を読み解いていくと、〈中国〉という滔々たる水脈に行き当たる。 その源流を探ることで、日本の古典から近現代文学にまで通底する思潮が見えてくるのではないか。 本書では従来の和漢比較文学研究にとどまらず、宗教儀礼や絵画など多面的なメディアや和漢の言語認識の研究から、漢字漢文文化が日本...

定価3,024円(本体2,800円)

浅草文芸ハンドブック

今すぐ購入

浅草文芸ハンドブック

金井景子・楜沢健・能地克宜・津久井隆・上田学・広岡祐 著

2016年6月 刊行 ISBN:978-4-585-20049-9

数々の低迷と隆盛を経た浅草はどのように描かれてきたのか。 浅草を舞台とした小説や映画、演芸、浅草にゆかりのある人物を中心に、明治から現代までの浅草、あるいは東京の文化が形成される軌跡を辿る。 昔のものが消えても、苦境を乗り越え、新たなものが参入し、それが人を呼び寄せていく。 様々な文芸作品と100枚...

定価3,024円(本体2,800円)

海を渡る史書

今すぐ購入

アジア遊学 198

海を渡る史書

東アジアの「通鑑」

金時徳・濱野靖一郎 編

2016年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22664-2

中国宋代、司馬光により編まれた編年体の史書『資治通鑑』。 それは新たな史書の典型として、朝鮮の『東国通鑑』、日本の『本朝通鑑』など、一群の「通鑑」の名を冠する書籍を生み出すこととなった―。 2014年に韓国で再発見された『新刊東国通鑑』の板木を起点に、東アジア世界の歴史叙述に大きな影響を与えた「通鑑...

定価2,160円(本体2,000円)

近世日本の歴史叙述と対外意識

今すぐ購入

近世日本の歴史叙述と対外意識

井上泰至 編

2016年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22152-4

世界が可視化され広がりをみせていく近世日本、新たな「他者」との邂逅は「日本」という自己認識を形成・変容させていった。 「武」の記憶、書物のネットワーク、藩による修史事業、ナショナリズム的想像力、「近代国家」を志向する語りの諸相―。 五つの視点から、自己と他者をめぐる言説が記憶となり、語られていく諸相...

定価8,640円(本体8,000円)

重要文化財 弥勒上生経(石川年足願経)

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

髙山寺の名宝

重要文化財 弥勒上生経(石川年足願経)

髙山寺 監修/石塚晴通 編/石塚晴通・赤尾栄慶 解説

2016年6月 刊行 ISBN:978-4-585-27185-7

『仏説弥勒上生経』は詳しくは『仏説観弥勒菩薩上生兜率陀天経』といい、沮渠京声の漢訳経典で、弥勒が住む兜率天への往生を説く。天平十(738)年、出雲守であった石川年足(688~762)が発願写経させた天平写経の優品であり、墨書の仮名、朱の訓点を備える。年足は出雲守として善政を行い、聖武天皇より賞賜せら...

定価32,400円(本体30,000円)

キリストの受難 十字架の道行き

今すぐ購入

キリストの受難 十字架の道行き

心的巡礼による信仰の展開

アメデ・テータールト・ドゥ・ゼデルヘム 著/関根浩子 訳

2016年5月 刊行 ISBN:978-4-585-21034-4

イエスは十字架を背負い、処刑場までの道のりを辿った。 その際受けた苦しみを記念する「留」(statio)を巡り、主の苦しみを黙想し祈る信心形態は、ベルギー・フランドル語圏から発生し、やがてスペイン、イタリアへと広まった―。 十字架の道行き信仰の発生と展開を探った、ベルギー人神父の論考を初邦訳。 日本...

定価3,456円(本体3,200円)

共感覚から見えるもの

今すぐ購入

共感覚から見えるもの

アートと科学を彩る五感の世界

北村紗衣 編

2016年5月 刊行 ISBN:978-4-585-21033-7

聞こえる音が味になり、文字に色がつき、匂いが見える…。身体と言葉が結びつく。 ある感覚が発生すると、同時に別の感覚が呼び覚まされる共感覚。 認知科学の研究対象として注目を集め、文学・芸術にも多くの「共感覚」が見出されている。 共感覚の科学研究と文学・芸術からのアプローチを交差させ、「身体」と「言葉」...

定価4,536円(本体4,200円)