基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

新刊書籍


並べ替え

商品画像 書名-

交錯する台湾認識

今すぐ購入

アジア遊学 204

交錯する台湾認識

見え隠れする「国家」と「人びと」

陳來幸・北波道子・岡野翔太 編

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-22670-3

日本統治時代を超えて現在まで続く日台の様々なつながり、日本で生活する「華僑」の現状や葛藤などから隣国・台湾を知る。複雑な歴史と民主化・本土化に起因するナショナルアイデンティティのゆらぎ、エスニックグループや出生地、世代などによって変化する価値観やイデオロギー、そしてIT大国として、新しい民主主義国家...

定価3,024円(本体2,800円)

卑弥呼の墓は、すでに発掘されている!!

今すぐ購入

卑弥呼の墓は、すでに発掘されている!!

福岡県平原王墓に注目せよ

安本美典 著

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-22558-4

考古学者・原田大六は、福岡県の平原王墓を天照大神の墓であるとする。 奥野正男(元宮崎公正大学教授)は、同墓を卑弥呼の墓とする。 双方の説を合わせると、平原王墓は卑弥呼=天照大神の墓であることになる。 原田大六は日本のシュリーマンなのか? 福岡県平原王墓の謎に迫る。...

定価3,024円(本体2,800円)

参考書誌研究 第78号

今すぐ購入

参考書誌研究 第78号

国立国会図書館 利用者サービス部 編

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-20313-1

レファレンス業務に携わる図書館員、各分野の研究者向けに、国会図書館所蔵の各分野の研究文献などを目録にまとめて提供する、情報誌として貴重なシリーズ。 今号は、憲政資料室所蔵資料から、戦前記朝鮮・台湾・中国東北部関係の外交資料、および口述筆記(オーラル・ヒストリー)関連資料の成り立ちなどを特集する。また...

定価3,888円(本体3,600円)

尋常小学『国史』が教えた愛国心

今すぐ購入

尋常小学『国史』が教えた愛国心

北影雄幸 著

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-21532-5

健全な祖国愛とは何か? 誇り高く不屈の日本人の精神と健全な愛国心を培った『国史』には何が書かれていたのか? 今、日本人の生きてきた歴史とアイデンティティーを取り戻す!...

定価2,160円(本体2,000円)

平和の海と戦いの海

今すぐ購入

平川祐弘決定版著作集 6

平和の海と戦いの海

二・二六事件から「人間宣言」まで

平川祐弘 著

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-29406-1

第一部では、二・二六事件の前夜、駐日米国大使ジョーゼフ・グルーの夕食会に集った齋藤實夫妻と鈴木貫太郎大将、それにグルー自身を中心にして、これらの人々が第二次大戦中に行った平和への貴重な努力を、日米双方の史料の裏づけによって跡づける。 第二部は、ポツダム宣言受諾に際して日本が条件として示した天皇制の護...

定価4,104円(本体3,800円)

後七日御修法再興記

今すぐ購入

後七日御修法再興記

影印・翻刻・解題

総本山醍醐寺 仲田順和 編

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-21037-5

正月八日より七日間、東寺長者により天皇の安寧や国家安穏を祈る真言密教の秘法、後七日御修法(ごしちみちのみしほ)。空海の奏上により始められ、長禄4年(1460)を最後に中絶することとなったこの儀式は、元和8年(1623)、162年の時を隔てて、醍醐寺80代座主義演の尽力で再興されることとなった。 「国...

定価10,800円(本体10,000円)

想起する帝国

今すぐ購入

想起する帝国

ナチス・ドイツ「記憶」の文化史

溝井裕一・細川裕史・齊藤公輔 編

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-22155-5

ナチス・ドイツは、建築や言説、祝祭、シンボル、音楽、動物観など、様々な西洋文化を無節操に利用し、過去のイメージを想起させることで、自らの正統性を人びとに訴え、大衆操作を試みた。また現在では、ナチスやヒトラーのイメージが映画や小説で再生産され、様々な形で受容されている。 過去と現在、二つの視点から、ナ...

定価3,456円(本体3,200円)

折口信夫 民俗学の場所

今すぐ購入

折口信夫 民俗学の場所

伊藤好英 著

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-23047-2

その学の領域はとてつもなく広い。芸能、文学、歌、天皇、神話、言語…。 全体を掴むのは容易ではない。巨人は、後世に何を残したのか。 愛弟子・池田彌三郎から薫陶を受けた著者が、巨人の学問の全領域を整理し直し、さらに新たな展望を開く。「まれびと」「ほかひびと」の先に見えたのは、韓国・台湾そしてアジアに拡が...

定価7,020円(本体6,500円)

描かれたザビエルと戦国日本

今すぐ購入

描かれたザビエルと戦国日本

西欧画家のアジア認識

鹿毛敏夫 編

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-22156-2

ザビエルのアジア宣教活動と戦国日本の様相を如実に語る貴重史料、ポルトガル、サン・ロケ教会所蔵「ザビエルの生涯」連作油彩画全20点をフルカラーで公開し、詳細に解説。 アジア各地や日本における布教活動の実態、大内氏・大友氏ら大名への影響を考察した論考を収める。...

定価3,024円(本体2,800円)

放射線安全基準の最新科学

今すぐ購入

放射線安全基準の最新科学

福島の避難区域と食品安全基準

放射線の正しい知識を普及する会 著

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-24008-2

震災から5年。今こそ、誤った放射線に対する偏見と風評被害を克服し、放射線科学の最先端からのパラダイム・シフトをここ日本でこそ実現するための警世の書。 放射線に対する正しい知識による福島の復興と、日本のエネルギー問題の解決に向けて 世界の科学者が提言する一冊。...

定価1,728円(本体1,600円)