基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

新刊書籍


並べ替え

商品画像 書名-

ひと・もの・知の往来

今すぐ購入

アジア遊学 208

ひと・もの・知の往来

シルクロードの文化学

荒木浩・近本謙介・李銘敬 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22674-1

古来、文物・ひとを往還させる道であると同時にシステムでもあった、シルクロード。 西域の文物が、シルクロードをたどり日本にもたらされた現象と過程を、 運ぶ・所蔵する・記すなどの営みから見直すと、そこにはどのような意義が見出されるだろうか。 さまざまな領域の知見から描き出したときに立ち現れる、東西の文化...

定価2,592円(本体2,400円)

シーボルト事件で罰せられた三通詞

今すぐ購入

シーボルト事件で罰せられた三通詞

片桐一男 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22181-4

シーボルトが帰国の直前に幕府禁制の日本地図を持ち出そうとした「シーボルト事件」。この時、最も重い罪に問われたのが、馬場為八郎・吉雄忠次郎・稲部市五郎の阿蘭陀(オランダ)三通詞であった。 彼らはシーボルトといかなる関係にあり、重罪に処せられたのか。罰せられた後はどのような足跡をたどり、功績を残したのか...

定価4,536円(本体4,200円)

世界神話入門

今すぐ購入

世界神話入門

篠田知和基 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22165-4

宇宙の成り立ち、異世界の風景、異類との婚姻、神々の戦争と恋愛…。 世界中の神話を類型ごとに解説し、神話そのものの成立に関する深い洞察を展開する。 『世界神話伝説大事典』との姉妹編。 世界神話を知るための最良の入門書がここに。...

定価2,592円(本体2,400円)

中国史書入門 現代語訳 隋書

今すぐ購入

中国史書入門 現代語訳 隋書

中林史朗・山口謠司 監修/池田雅典・大兼健寛・洲脇武志・田中良明 訳

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29611-9

二十四史と呼ばれる中国歴代王朝史(正史)。 既に「史記」や「三国志」などは全文が現代語訳されたものが出版されているが、日本と関係が深まりつつあった時代の「隋書」の現代語訳を行った。従来は日本に関連する事項や専門的記述のみが現代語訳されることの多かった「隋書」から、その本質部分である本紀(皇帝の伝記)...

定価4,536円(本体4,200円)

小泉八雲

今すぐ購入

平川祐弘決定版著作集 10

小泉八雲

西洋脱出の夢

平川祐弘 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29410-8

平川は小泉八雲ことハーンを論じて世界の第一人者で英仏でも研究書を出しているが、壮観は日本語の六冊(本著作集の第十巻から十五巻) だろう。読んで驚きに似た深い感動にとらわれたと一解説者は告白するが、学術作品がいずれも言語芸術作品に化している。 『新潮』誌上で第一作『小泉八雲―西洋脱出の夢』がハーンの五...

定価5,184円(本体4,800円)

平安朝漢詩文の文体と語彙

今すぐ購入

平安朝漢詩文の文体と語彙

後藤昭雄 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29146-6

『枕草子』の著名な一節として、「文は……、願文、表、博士の申し文」の一文がある。 ここにあらわされているように、古来日本の文は様々な文章の様式=文体を有していた。 本書では、平安朝漢詩文を代表する雑詩、讃、記、牒、祭文、呪願文、表白、願文、諷誦文及び碑の10種の文体について、実例の読解および当該作品...

定価8,640円(本体8,000円)

思想史のなかの日本語

今すぐ購入

思想史のなかの日本語

訓読・翻訳・国語

中村春作 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-21041-2

古来、東アジア世界さらには西欧との異文化接触にさらされてきた日本。 人びとは文化的他者との邂逅の中で、その思想とことばを鍛え続け、日本の言語空間、そして「知」の制度を作り上げてきた。 そしてまた、この「他者」という問題意識は一方で「純粋な日本語」というものを創造する装置ともなっていた…。 近世から近...

定価3,024円(本体2,800円)

戦争社会学研究 第1巻 ポスト「戦後70年」と戦争社会学の新展開

今すぐ購入

戦争社会学研究 1

戦争社会学研究 第1巻 ポスト「戦後70年」と戦争社会学の新展開

戦争社会学研究会 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-23281-0

戦争や軍事は、人文社会科学にとって、私たち「人間」が群れを作り、他者と関わりながら自由と平等、秩序や安全を折りあわせる場である「社会」の存立そのものに関わる根本的な領域である。あまりに重要すぎて、すべてに透徹する真理、すべての人を納得させる原理・原則はないと考えた方がよい。私たちが自由な社会にいる以...

定価2,376円(本体2,200円)

日本語程度副詞体系の変遷

今すぐ購入

日本語程度副詞体系の変遷

古代語から近代語へ

田和真紀子 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-28033-0

「品詞のハキダメ」「落ちこぼれ」などと表現され、品詞分類においてネガティブなものとして位置づけられてきた副詞。 しかし、本当に副詞は分類も体系化もし難い存在なのであろうか。 古代語から近代語への転換期における程度副詞の流動的な性質を捉え、時代別の共時的な分類体系を横糸に、特徴的な語の通時的な変化を縦...

定価6,480円(本体6,000円)

東アジアの女性と仏教と文学

今すぐ購入

アジア遊学 207

東アジアの女性と仏教と文学

張龍妹・小峯和明 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22673-4

『蜻蛉日記』『枕草子』『源氏物語』…。 平安の頃から連綿と続く「女性の文学」。その物語や日記には高い思想性が見られ、その裏打ちとして仏教(信仰)が通底している。 近年のジェンダー研究の隆盛を受けて関心の高まる女性と文学、そして仏教との関わりを、東アジア全体に視野を広げながら論じる。...

定価3,024円(本体2,800円)