基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

新刊書籍


並べ替え

商品画像 書名-

「慰安婦」問題の言説空間

今すぐ購入

「慰安婦」問題の言説空間

日本人「慰安婦」の不可視化と現前

木下直子 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-23055-7

〈従軍慰安婦問題〉が1990年頃に日韓の政治的な問題として表面化した一方で、日本人「慰安婦」は「加害国の被害者」という立場ゆえこれまで可視化されていなかった。 雑誌や新聞記事などのメディア表象や運動資料を分析し、「慰安婦」を語る言説が、「被害者」「加害者」像を形成し、忘却を伴いつつも、「慰安婦」問題...

定価4,536円(本体4,200円)

フルカラー メディチ家の至宝 驚異の工芸コレクション

今すぐ購入

フルカラー メディチ家の至宝 驚異の工芸コレクション

松本典昭 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22169-2

カメオ、メダル、聖遺物容器、象牙細工、「フィレンツェ・モザイク」、「メディチ磁器」からペルシア、アステカ、中国の工芸品や日本の武器・磁器・漆器にいたるまで。華麗なる一族の珠玉のコレクションを豊富なエピソードとともに紹介する。 250点を超えるフルカラー図版を掲載!!...

定価3,456円(本体3,200円)

モノと図像から探る怪異・妖怪の東西

今すぐ購入

天理大学考古学・民俗学シリーズ 3

モノと図像から探る怪異・妖怪の東西

天理大学考古学・民俗学研究室 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-23054-0

考古学と民俗学を駆使すると、妖怪図像や怪獣、民間信仰や伝承、そして身体感覚の、東西の多様性と共通性が鮮やかに浮かび上がってくる。 中国文明が創り出した東の龍、聖人に倒される西のドラゴン。 モノと図像から怪異・妖怪を解明していく研究の三部作・完結編!...

定価1,728円(本体1,600円)

中近世日本の貨幣流通秩序

今すぐ購入

中近世日本の貨幣流通秩序

川戸貴史 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22170-8

社会経済を展開させる装置、貨幣。 中世から近世への社会変容のなかで、その使用の具体像はいかなる様相を呈していったのか。 海域アジア世界との連環と地域社会における展開の実態とを複合的に捉え、貨幣流通秩序の形成過程を照射する。...

定価7,560円(本体7,000円)

古代ローマの港町 オスティア・アンティカ研究の最前線

今すぐ購入

古代ローマの港町 オスティア・アンティカ研究の最前線

坂口明・豊田浩志 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22174-6

首都ローマに物資を補給するための重要拠点であり、地中海世界の各地から多くのモノとヒトが流れ込んだ港湾都市オスティア・アンティカ。 ネットワークの結束点でありながら、いまだその全貌が明らかになっていない都市を、建築、経済、社会、宗教、美術、住環境といった様々な観点から調査。 3Dレーザー測量や、考古学...

定価12,960円(本体12,000円)

古代地中海の聖域と社会

今すぐ購入

古代地中海の聖域と社会

浦野聡 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22167-8

人間が自然から区別された存在として自らを意識し、自ら同士の社会を形成することで、宗教は生まれた。 人間は、神像や神殿などの表象で宗教観念を表現し、祭儀や儀式などの象徴行為で社会を結びつけていく。 「聖域」は、そうした観念や行為が複雑に交錯する場であり、そこには、人間の精神と身体に抜き差しがたく根付い...

定価3,780円(本体3,500円)

夏目漱石

今すぐ購入

平川祐弘決定版著作集 3

夏目漱石

非西洋の苦闘

平川祐弘 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-29403-0

漱石の『クレイグ先生』を読んだ魯迅は仙台で習った藤野先生が懐かしくなった。 師弟関係の刺戟伝播こそ文化の伝播なのである。 「そのうちに中国から日本へとふたたび留学生が自由に渡航してくるような日があれば―その日が近いことを祈るが―そうした外国留学体験者は必ずや新しい目で魯迅の『藤野先生』を読み返すにち...

定価5,184円(本体4,800円)

宗教と儀礼の東アジア

今すぐ購入

アジア遊学 206

宗教と儀礼の東アジア

交錯する儒教・仏教・道教

原田正俊 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22672-7

祖先祭祀、葬送や鎮魂、そして王権の正統化・補強・・・。 儀礼は、歴史の局面において様々に営まれ、時に人びとの救済への切実な営みとして、また時には支配・被支配の関係性の強化にも働いた。 そして、その源泉には儒教・仏教・道教などの宗教があった。 諸宗教の交渉がもたらす儀礼の諸相を、思想史・歴史学・文学・...

定価2,592円(本体2,400円)

後水尾院の研究

今すぐ購入

後水尾院の研究

研究篇・資料篇・年譜稿

日下幸男 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-29141-1

近衛信尋・中院通村・烏丸光広・道晃親王・鳳林承章等、近世初期を代表する貴顕や文化人たちが周囲に群集し、堂上地下の枠組みを越えた人的ネットワークを形成した後水尾院。 古典学や有職学の復興を領導した院の文事を明らかにする論考、未公刊歌集資料4点、そして800頁を越える年譜稿により後水尾院の総体とその時代...

定価30,240円(本体28,000円)

日本犬の誕生

今すぐ購入

日本犬の誕生

純血と選別の日本近代史

志村真幸 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22172-2

「絶滅危機にある日本犬を守らねばならない」 日本固有の犬種の保護・飼育を目指して発足した平岩米吉らの日本犬保存会。 彼らは、真正なる「日本犬」の姿を追い求め、淵源を探り、7つの犬種を天然記念物に指定することで、純血種の保存をはかっていった。 しかし、そこには排除と選択の論理のなかで創り出された「日本...

定価2,592円(本体2,400円)