基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

新刊書籍


並べ替え

商品画像 書名-

文化史のなかの光格天皇

今すぐ購入

文化史のなかの光格天皇

朝儀復興を支えた文芸ネットワーク

飯倉洋一・盛田帝子 編

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29166-4

政治的・社会的状況が混迷しつつあった江戸時代後期、神事・朝儀の再興と復古に尽力し、歴代最後の「生前退位」を行った光格天皇。 近代天皇制の礎を築いたとされるその営みの淵源・背景にある文化体系・歴史的状況はいかなるものであったのか。 天皇を中心に形成された歌壇とそこで培われた人的ネットワーク、そして、文...

定価8,640円(本体8,000円)

杜甫と玄宗皇帝の時代

今すぐ購入

アジア遊学 220

杜甫と玄宗皇帝の時代

松原朗 編

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22686-4

玄宗皇帝の即位とともにこの世に生を受けた杜甫は、大唐の盛時、そして破滅の目撃者であった。 「安禄山の乱」以後に数多くの作品をのこし、晩成の詩人とされる杜甫。その基盤が築かれた「開元の治」とは、どのような時代であったのか? 文学の視点のみならず歴史・政治・思想・美術などのさまざまな時代的背景から杜甫の...

定価3,024円(本体2,800円)

水族館の文化史

今すぐ購入

水族館の文化史

ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界

溝井裕一 著

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22210-1

ひとが「魚を見ること」にはどんな意味が秘められているのか。 古代の養魚池文化にはじまり、黎明期の水族館のユニークな展示、植民地支配とのかかわり、SF小説や映画の影響、第二次世界大戦中の苦難、展示のストーリー化、さらにはヴァーチャル・リアリティ技術とのハイブリッド化が進む最新の水族館事情など、古今東西...

定価3,024円(本体2,800円)

続 戦国武将逸話集(オンデマンド版)

今すぐ購入

続 戦国武将逸話集(オンデマンド版)

訳注『常山紀談』巻八~十五

湯浅常山 原著/大津雄一・田口寛 訳注

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-95442-2

武功の無い武士さえも見限ることなく励まし、人心を掌握した立花道雪。 主君・池田輝政のために、奇策を講じて命がけの任務に望んだ渡辺惣左右衛門。 人質になることを拒み、自ら壮絶な最期を遂げた細川ガラシャ。 敵中を突破して、関ヶ原を退いた島津義弘。 名だたる武将の逸話を集めた名著『常山紀談』より、九州平定...

定価2,916円(本体2,700円)

謡曲『石橋』の総合的研究

今すぐ購入

謡曲『石橋』の総合的研究

雨宮久美 著

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29161-9

牡丹の下での華麗な獅子の舞で人気の能「石橋」。「寂照説話」「五台山文珠信仰」「樵翁と童子」「橋と境界」「獅子と牡丹」などの切り口から、作品の背景にある、能作者の知識世界や信仰、伝承世界といった多様な層を探りつつ、作品の基底にある日中の文化的伝統の水脈に光を当てた斬新な意欲作。...

定価6,912円(本体6,400円)

金沢文庫蔵 国宝 称名寺聖教 湛睿説草 研究と翻刻

今すぐ購入

金沢文庫蔵 国宝 称名寺聖教 湛睿説草 研究と翻刻

納冨常天 著

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-28042-2

華厳・戒律の学問を修め、密教の行法の奥義にも達し、かつ唱導や悉曇にも名を遺す希代の学僧、湛睿。 金沢文庫に伝わる国宝・称名寺聖教より、鎌倉時代末期の激動期に残した南都流を中心とした貴重な唱導資料を集成・翻刻。湛睿の唱導の全体像とその法流・人的交流を捉えた解説も収載。...

定価17,280円(本体16,000円)