基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

アジア遊学


並べ替え

商品画像 書名-

「偽」なるものの「射程」

今すぐ購入

アジア遊学 161

「偽」なるものの「射程」

漢字文化圏の神仏とその周辺

千本英史 編

2013年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22627-7

「正」と「偽」。古来、問われ続けてきた二項対立のかたちである。 しかし、「偽」はその二項対立の一極としてのみ存在するものではない。 偽書や偽文書などに見られる歴史像・世界像の生成には、その時代と環境との関係性を組み替え、再定立するダイナミズムを見出すことが出来る。「偽」なるものの捉える地平は、いかな...

定価2,700円(本体2,500円)

契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア

品切れ

アジア遊学 160

契丹[遼]と10~12世紀の東部ユーラシア

荒川慎太郎・澤本光弘・高井康典行・渡辺健哉 編

2013年1月 刊行 ISBN:978-4-585-22626-0

10世紀初頭、唐滅亡の混乱のなかで建国された草原の王朝「契丹」。 果たしてその実態はいかなるものであったのか― 近年の石刻資料・出土資料の整備、文字資料解読の進歩により、飛躍的に進展しつつある契丹[遼]研究の到達点を示し、国際関係、社会・文化、新出資料、そして後代への影響という四本の柱から契丹[遼]...

定価3,024円(本体2,800円)

〈予言文学〉の世界

今すぐ購入

アジア遊学 159

〈予言文学〉の世界

過去と未来を繋ぐ言説

小峯和明 編

2012年12月 刊行 ISBN:978-4-585-22625-3

〈予言文学〉とは予言書・未来記の研究に端を発して、過去・現在と未来をつなぐ文字テクストとしての、託宣記・夢想記・遺訓書・童謡(わざうた)類を包括する新概念である。この概念を軸にすることで、従来見のがされていた予言的な言説をひろいあげることができると同時に、物語や詩歌をはじめ既知の文芸もあらたな読みの...

定価2,700円(本体2,500円)

古事記

今すぐ購入

アジア遊学 158

古事記

環太平洋の日本神話

丸山顕徳 編

2012年10月 刊行 ISBN:978-4-585-22624-6

「古事記」を中心に日本神話の全体を見直し、環太平洋神話の一つとして捉え直すことで、その普遍性と独自性を浮き彫りにする。 比較神話学研究組織(主宰者・篠田知和基)と、環太平洋神話研究会(幹事・加藤隆浩、後藤明、丸山顕徳、山田仁史)の両研究組織のメンバーを中心に、全14編の論文から構成。文学・歴史・考古...

定価2,160円(本体2,000円)

東アジアの結婚と女性

今すぐ購入

アジア遊学 157

東アジアの結婚と女性

文学・歴史・宗教

仁平道明 編

2012年9月 刊行 ISBN:978-4-585-22623-9

『青鞜』創刊号の「元始、女性は実に太陽であつた。真正の人であつた。」という言葉は、誇りかで高らかな宣言であると同時に、「今、女性は月である。 他に依つて生き、他の光によつて輝く、病人のやうな蒼白い顔の月である。」という、女性が置かれた現実と哀しみから発せられた嘆きの言葉でもあった。 それが典型的なか...

定価2,592円(本体2,400円)

大谷光瑞

今すぐ購入

アジア遊学 156

大谷光瑞

「国家の前途」を考える

柴田幹夫 編

2012年8月 刊行 ISBN:978-4-585-22622-2

大谷光瑞(1876~1948、浄土真宗本願寺派第22世宗主)はアジア仏教徒のリーダーであることを自負し、「国家の前途」を強く意識しつつ、西本願寺の果たすべき世界的役割を熟考した人であった。彼が主宰した「大谷探検隊」だけが強調されがちであったが、光瑞の活動は、それだけに限定されるべきものではなく、海外...

定価2,160円(本体2,000円)

もう一つの古典知

今すぐ購入

アジア遊学 155

もう一つの古典知

前近代日本の知の可能性

前田雅之 編

2012年7月 刊行 ISBN:978-4-585-22621-5

かつての日本では、「古典」に対する「知」を紐帯とする文化圏が公家・寺家・武家を中心に形成されていた。それらは、漢詩文・和歌の詠作やそれにともなう本文研究・註釈といった学的営為の中で連綿と継承されていった。 しかし、そのような「正統」とされる「知」が形作られる一方で、新たな文化圏を形成する知の蠢動があ...

定価2,592円(本体2,400円)

文化創造の図像学

今すぐ購入

アジア遊学 154

文化創造の図像学

日本の宗教空間と身体

阿部泰郎 編

2012年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22620-8

日本文化のめざましい特色のひとつは、時代を越え、領域を超えて、ある文化主題が強靭な生命力をもって受けつがれることである。 その文化の伝承とは、絶えず姿を変え、多様な舞台に遷りかわり、互いに影響を及ぼし合いながら、人々の心意に深くはたらきかけるメッセージとなって、世界像を革新していく“知”の発信でもあ...

定価2,592円(本体2,400円)

重要文化的景観への道

今すぐ購入

アジア遊学 153

重要文化的景観への道

エコ・サイトミュージアム田染荘

海老澤衷・服部英雄・飯沼賢司 編

2012年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22619-2

大分県豊後高田市の「田染荘小崎」は、平安時代から中世にかけて宇佐八幡宮の根本荘園として栄え、その水田景観が往時とかわらない良好な状態で保持され、いまに伝えられる村落遺跡である。六郷満山の仏教文化、熊野磨崖仏などの石造文化財、豊かな自然環境など地域資源が豊富であり、環境(エコロジー)と史跡(サイト)を...

定価2,160円(本体2,000円)

東アジアの短詩形文学

今すぐ購入

アジア遊学 152

東アジアの短詩形文学

俳句・時調・漢詩

静永健・川平敏文 編

2012年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22618-5

世界で最も文字数の少ない文学「俳句」、五言・七言の句より構成される「漢詩」、そして三章六句の抒情詩「時調(シジョ)」・・・。 東アジアには古来、短い字数でかつ雄大な空間、悠久の時間をとらえる文学のかたちがあった。 日中韓そして古代から現代へと、空間・時間を超えて共有される、研ぎ澄まされた言葉が織りな...

定価2,592円(本体2,400円)