基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

正訳 源氏物語 本文対照


並べ替え

商品画像 書名-

正訳 源氏物語 本文対照 全十冊セット

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

正訳 源氏物語 本文対照

正訳 源氏物語 本文対照 全十冊セット

中野幸一 訳

2017年7月 刊行 ISBN:978-4-585-29570-9

語りの文学『源氏物語』、その原点に立ち返る。 本文に忠実でありながらよみやすい。 最上の現代語訳!

定価27,000円(本体25,000円)

正訳 源氏物語 本文対照 第十冊

今すぐ購入

正訳 源氏物語 本文対照 10

正訳 源氏物語 本文対照 第十冊

浮舟/蜻蛉/手習/夢浮橋

中野幸一 訳

2017年7月 刊行 ISBN:978-4-585-29580-8

第十冊は浮舟巻~夢浮橋巻。薫二十七歳の春~二十八歳の夏までの出来事。 浮舟が薫によって宇治にかくまわれていることを知った匂宮は、情熱的な魅力で浮舟の心をとらえる。浮舟は薫と匂宮との間で煩悶の末入水を決意し、横川の僧都に助けられるが、懇願して尼になる。浮舟の生存を知った薫は再び会おうとするが…。 『正...

定価2,700円(本体2,500円)

正訳 源氏物語 本文対照 第九冊

今すぐ購入

正訳 源氏物語 本文対照 9

正訳 源氏物語 本文対照 第九冊

早蕨/宿木/東屋

中野幸一 訳

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29579-2

第九冊は早蕨巻~東屋巻。薫二十五歳の春~二十六歳の秋までの出来事。 大君を失い、悲しみに暮れている中の君は、匂宮の住む二条院へ迎えられる。しかし、夕霧の娘六の君と匂宮が結婚したことにより、夜離れがちとなり嘆きは深まる。薫は中の君から、亡き大君によく似た異母妹・浮舟の存在を知らされる。大長編物語最後の...

定価2,700円(本体2,500円)

正訳 源氏物語 本文対照 第八冊

今すぐ購入

正訳 源氏物語 本文対照 8

正訳 源氏物語 本文対照 第八冊

匂宮/紅梅/竹河/橋姫/椎本/総角

中野幸一 訳

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-29578-5

第八冊は匂宮巻~総角巻。薫十四歳~二十四歳の年末までの出来事。 光源氏薨去後、一族の中で、薫と匂宮という二人の貴公子の評判が高かった。薫は自らの出生に疑問を持ち、仏道に傾倒する。そんな中、俗聖のように暮らす、宇治の八の宮の許へ通うようになる。そこで、八の宮の二人の姫君、大君と中の君を知り、匂宮も興味...

定価2,700円(本体2,500円)

正訳 源氏物語 本文対照 第七冊

今すぐ購入

正訳 源氏物語 本文対照 7

正訳 源氏物語 本文対照 第七冊

柏木/横笛/鈴虫/夕霧/御法/幻

中野幸一 訳

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-29577-8

第七冊は柏木巻~幻巻。源氏四十八歳の正月から五十二歳の年末までの出来事。 柏木との不義の子薫を出産し、源氏の制止を振り切って出家する女三の宮。夕霧に秘密を打ち明け、落葉の宮のことを託して世を去る柏木。その後夕霧は落葉の宮を迎えるが、妻雲居の雁の嫉妬が激しい。紫の上はかねてから出家を望むも、源氏はそれ...

定価2,700円(本体2,500円)

正訳 源氏物語 本文対照 第六冊

今すぐ購入

正訳 源氏物語 本文対照 6

正訳 源氏物語 本文対照 第六冊

若菜上/若菜下

中野幸一 訳

2016年10月 刊行 ISBN:978-4-585-29576-1

第六冊は若菜上巻・若菜下巻。源氏三十九歳の冬から四十七歳の年末までの出来事。 朱雀院の皇女女三の宮が源氏に降嫁するも、その幼さは源氏を失望させ、さらに、六条院の蹴鞠で、柏木に垣間見られるという失態まで犯す。その出来事以来、女三の宮への思いを募らせた柏木はついに、六条院が人少なとなった隙に思いを遂げる...

定価2,700円(本体2,500円)

正訳 源氏物語 本文対照 第五冊

今すぐ購入

正訳 源氏物語 本文対照 5

正訳 源氏物語 本文対照 第五冊

蛍/常夏/篝火/野分/行幸/藤袴/真木柱/梅枝/藤裏葉

中野幸一 訳

2016年7月 刊行 ISBN:978-4-585-29575-4

第五冊は蛍巻~藤裏葉巻。源氏三十六歳の五月から三十九歳の十月までの出来事。 源氏に恋情をほのめかされ、戸惑いを隠せない玉鬘。その美しさは多くの貴公子たちを魅了し求婚を受けるが、彼女を得たのは、何と鬚黒の大将であった。一方夕霧と雲居の雁との幼な恋もようやく内大臣の許すところとなる。源氏は准太政天皇の地...

定価2,700円(本体2,500円)

正訳 源氏物語 本文対照 第四冊

今すぐ購入

正訳 源氏物語 本文対照 4

正訳 源氏物語 本文対照 第四冊

薄雲/朝顔/少女/玉鬘/初音/胡蝶

中野幸一 訳

2016年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29574-7

源氏は明石の上との娘を二条院へ迎え、紫の上の元で育てることにする。その翌年、最愛の人藤壺が三十七歳で崩御する。その後冷泉帝は夜居の僧から自らの出生の秘密を知り恐懼する。一方、亡くなった夕顔の娘玉鬘が筑紫から上京し、六条院に迎えられる。二十歳に育っていた玉鬘は日ごとにその美しさが評判となっていく。玉鬘...

定価2,700円(本体2,500円)

正訳 源氏物語 本文対照 第三冊

今すぐ購入

正訳 源氏物語 本文対照 3

正訳 源氏物語 本文対照 第三冊

須磨/明石/澪標/蓬生/関屋/絵合/松風

中野幸一 訳

2016年2月 刊行 ISBN:978-4-585-29573-0

第三冊は須磨巻~松風巻。光源氏二十六歳~三十一歳の出来事。政敵右大臣の娘朧月夜との密会の露見により、須磨・明石で憂愁の日々を送る光源氏。しかしその地で明石の君と出会い、姫君を儲ける。やがて、帰京し政界に復帰した源氏は権大納言・内大臣と昇進して栄華をきわめてゆく。 巻末の論文では、その場限りの設定で描...

定価2,700円(本体2,500円)

正訳 源氏物語 本文対照 第二冊

今すぐ購入

正訳 源氏物語 本文対照 2

正訳 源氏物語 本文対照 第二冊

末摘花/紅葉賀/花宴/葵/賢木/花散里

中野幸一 訳

2016年1月 刊行 ISBN:978-4-585-29572-3

第二冊は末摘花巻~花散里巻。光源氏十八歳~二十五歳の出来事。光源氏は、藤壺との間に不義の子(のちの冷泉帝)をもうけてしまった罪の意識に苦しめられながらも、紅葉賀巻・花宴巻と青春時代のハイライトを迎える。その後、桐壺院崩御、そして藤壺出家と、世の中が変わっていく中、朧月夜との密会発覚という決定的な出来...

定価2,700円(本体2,500円)