基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

近刊書籍


並べ替え

商品画像 書名-

六条藤家歌学書の生成と伝流

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

六条藤家歌学書の生成と伝流

梅田径 著

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-29178-7

藤原顕季を祖とし、平安後期から鎌倉期にかけて、御子左家と並び称された六条藤家。 清輔・顕昭ら、稀代の歌学者を擁したその和歌の家の学問は、どのように伝えられ、広がっていったのか。 著作の生成、他者による編集、書写者たちの改変…。行為の連続体である現存諸本におけるさまざまな現象に着目し、知の生成・流通・...

定価8,640円(本体8,000円)

和歌を読み解く 和歌を伝える

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

和歌を読み解く 和歌を伝える

堂上の古典学と古今伝受

海野圭介 著

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-29176-3

平安期に成立した『古今和歌集』『伊勢物語』『源氏物語』などの作品は、文学的素養を支えるのみならず、行動規範としての教訓性や倫理性を示す「古典」として、とくに堂上と称された公家たちの知的基盤の形成に大きな影響を与えた。 なかでも『古今集』に関する秘説の伝受は「古今伝受」と称され、王朝古典をめぐる様々な...

定価11,880円(本体11,000円)

御裳濯和歌集 全注釈並びに資料と研究

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

御裳濯和歌集 全注釈並びに資料と研究

石川一 著

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-29175-6

鎌倉中期に成立した、伊勢内宮祠官の寂延撰『御裳濯和歌集』は、伊勢神宮関係の和歌を中心として、伊勢国に関係のある人物の詠作を類聚した私撰集である。西行勧進「二見浦百首」や伊勢内宮法楽「四季題百首」などを含み、和歌史的に貴重な価値をもつ。 本書では、翻刻・語注を施した上で全歌評釈に加えて『御裳濯和歌集』...

定価12,960円(本体12,000円)

文化装置としての日本漢文学

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

アジア遊学 229

文化装置としての日本漢文学

滝川幸司・中本大・福島理子・合山林太郎 編

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-22695-6

古代から近代まで、日本人は、つねに漢詩や漢文とともにあった。 本書は、最新の知見を踏まえた分析や、様々な言語圏及び国・地域における論考を集め、日本漢文学についての新たな通史的ヴィジョンを提示する。 研究史を概括しつつ、とくに政治や学問、和歌など他ジャンルの文芸などとの関係を明らかにしながら、文化装置...

定価3,024円(本体2,800円)

朝鮮漢詩古今名作選

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

朝鮮漢詩古今名作選

下定雅弘・豊福健二 編著

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-29171-8

古代から20世紀初頭までの朝鮮漢詩の名作180余首を精選、訳注を施し、作者、時代背景、中国漢詩からの影響等の解説を添えて、作品の魅力・特質を紹介する。 肉親に対する情愛の濃やかさ・深さ、民の生活困苦の率直な表現、社会の不正を憤る情の激しさ、外からの侵攻に抗せんとする気概、 党派闘争がもたらす苦悩、女...

定価10,800円(本体10,000円)

森林と権力の比較史

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

森林と権力の比較史

松沢裕作 編

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-22234-7

近代化の過程で、森林という空間の統治・利用をめぐって、人間と人間との関係はいかに調整・構築されたのか。 ドイツ、中国、日本、仏領インドシナそれぞれの歴史的社会における統治権力の形態とそれに規定される諸権利の分配のあり方に着目。 それらを相互に比較することにより、権利を支えるシステムが成立する歴史的・...

定価7,560円(本体7,000円)

琉球諸島の動物儀礼

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

琉球諸島の動物儀礼

シマクサラシ儀礼の民俗学的研究

宮平盛晃 著

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-23068-7

琉球諸島全域で確認されるシマクサラシとよばれる動物儀礼。豚や牛の骨、肉、血など、様々な形で神に動物を捧げるその行為には、どのような意味があるのか。 本書は、先行研究を丹念に読み解き、また2002年から2018年までの長期に渡る調査によって、39市町村535村落で確認されたこの儀式について、これまで明...

定価6,696円(本体6,200円)

近世戯作の〈近代〉

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

近世戯作の〈近代〉

継承と断絶の出版文化史

山本和明 著

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-29174-9

幕末から明治初頭、猥雑卑野なる文学として評価された「戯作」は、国民国家のあるべき文学の姿のなかから転落した―。仮名垣魯文はまさにその時代を生きた戯作者であった。 モノ・情報の流通網が広がり、新聞という装置が誕生したことで、魯文ら戯作者は「事実」を物語として消費させる新たな手法を得ていく。 しかし、そ...

定価9,720円(本体9,000円)

近代人文学はいかに形成されたか

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

近代人文学はいかに形成されたか

学知・翻訳・蔵書

甚野尚志・河野貴美子・陣野英則 編

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-20068-0

これまで近代日本の学知の形成については、ヨーロッパに起源のかたちをもとめるもの、ないしは、東アジア固有の伝統を強調するもの、これら二項対立的な視角が前提とされてきた。 しかし、人文学の形成過程に改めて目を向けた時、起源論に収まることのない、新たな知の創造の瞬間を垣間見ることができる。 学知編成の系譜...

定価8,640円(本体8,000円)

陸軍の横暴と闘った 西園寺公望の失意

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

陸軍の横暴と闘った 西園寺公望の失意

政党政治の育成を目指した上級公卿の挫折

鈴木荘一 著

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-22232-3

10年間にわたるフランス留学で、フランスの自由主義や文化を吸収した西園寺公望。政党政治への理解も深かった西園寺は、伊藤博文とともに政友会を結成し、2度にわたり内閣を組織した。 そして、政友会と民政党が交互に政権を担う「大正デモクラシー」を開花させたが、五・一五事件で犬養毅首相が凶弾に倒れると、政党政...

定価864円(本体800円)