基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

文芸


並べ替え

商品画像 書名-

浮世絵師の絵で読む 八犬伝 上

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

浮世絵師の絵で読む 八犬伝 上

徳田武 著

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29133-6

里見家の勃興から、伏姫の胎内から飛散した八犬士が不思議な因縁に導かれて終結するまでの大奇譚。 106冊180回で構成された壮大な物語のあらすじや典拠を収録。 一流の浮世絵師たちが描いた繊細で美しい口絵・挿絵とともに楽しめる。...

定価3,024円(本体2,800円)

浮世絵師の絵で読む 八犬伝 下

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

浮世絵師の絵で読む 八犬伝 下

徳田武 著

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29134-3

京都を舞台にした犬江新兵衛の虎退治、疋田素藤討伐、管領合戦などをへて、里見家の正義が証明される大団円。 106冊180回で構成された壮大な物語のあらすじや典拠を収録。 一流の浮世絵師たちが描いた繊細で美しい口絵・挿絵とともに楽しめる。...

定価3,024円(本体2,800円)

古典文学の常識を疑う

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

古典文学の常識を疑う

松田浩・上原作和・佐谷眞木人・佐伯孝弘 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29147-3

万葉集は「天皇から庶民まで」の歌集か? 源氏物語の本文は平安時代のものか? 中世は無常の文学の時代か? 春画は男たちだけのものか? 未解明・論争となっている55の疑問に答える。...

定価3,024円(本体2,800円)

破られた友情

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

平川祐弘決定版著作集 11

破られた友情

ハーンとチェンバレンの日本理解

平川祐弘 著

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29411-5

平川祐弘は堂々と挑発する。ライシャワー博士退休記念シンポジウムに招かれた1988年、並み居る博士以下の米国日本研究者を前にしてWho Was the Great Japan Interpreter, Chamberlain or Hearn?という講演をした。英語世界で日本解釈者として誰が偉大か、と...

定価4,536円(本体4,200円)

中国史書入門 現代語訳 隋書

今すぐ購入

中国史書入門 現代語訳 隋書

中林史朗・山口謠司 監修/池田雅典・大兼健寛・洲脇武志・田中良明 訳

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29611-9

二十四史と呼ばれる中国歴代王朝史(正史)。 既に「史記」や「三国志」などは全文が現代語訳されたものが出版されているが、日本と関係が深まりつつあった時代の「隋書」の現代語訳を行った。従来は日本に関連する事項や専門的記述のみが現代語訳されることの多かった「隋書」から、その本質部分である本紀(皇帝の伝記)...

定価4,536円(本体4,200円)

小泉八雲

今すぐ購入

平川祐弘決定版著作集 10

小泉八雲

西洋脱出の夢

平川祐弘 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29410-8

平川は小泉八雲ことハーンを論じて世界の第一人者で英仏でも研究書を出しているが、壮観は日本語の六冊(本著作集の第十巻から十五巻) だろう。読んで驚きに似た深い感動にとらわれたと一解説者は告白するが、学術作品がいずれも言語芸術作品に化している。 『新潮』誌上で第一作『小泉八雲―西洋脱出の夢』がハーンの五...

定価5,184円(本体4,800円)

正訳 源氏物語 本文対照 第九冊

今すぐ購入

正訳 源氏物語 本文対照 9

正訳 源氏物語 本文対照 第九冊

早蕨/宿木/東屋

中野幸一 訳

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29579-2

第九冊は早蕨巻~東屋巻。薫二十五歳の春~二十六歳の秋までの出来事。 大君を失い、悲しみに暮れている中の君は、匂宮の住む二条院へ迎えられる。しかし、夕霧の娘六の君と匂宮が結婚したことにより、夜離れがちとなり嘆きは深まる。薫は中の君から、亡き大君によく似た異母妹・浮舟の存在を知らされる。大長編物語最後の...

定価2,700円(本体2,500円)

連歌史

今すぐ購入

連歌史

中世日本をつないだ歌と人びと

奥田勲 著

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-29135-0

南北朝期から室町期にかけて、日本文化史上、特筆すべきムーブメントが起こった。 天皇や貴族、武士や僧侶など、地位や身分を越えて人びとの紐帯となった「連歌」である。 この連歌を専らとする連歌師たちは、歴史の中でどのように立ち回り、その地位を築きあげていったのか。文芸としての連歌をどのように展開させていっ...

定価3,780円(本体3,500円)

進歩がまだ希望であった頃

今すぐ購入

平川祐弘決定版著作集 8

進歩がまだ希望であった頃

フランクリンと福沢諭吉

平川祐弘 著

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-29408-5

比較研究の第一人者平川祐弘は、片やフランクリン、片や福沢を同じ土俵にあげて、丁々発止(ちようちようはつし)の勝負をとらせた。けだし好取組だ。東西の自伝の両横綱は互角に組んでひけをとらない。行司が平川なればこそ両偉人ががっぷり組んだ見物(みもの)になるので、物怖じせぬ平川は各国で登場し、英語でもこの対...

定価3,888円(本体3,600円)

闘うチベット文学 黒狐の谷

今すぐ購入

闘うチベット文学 黒狐の谷

ツェラン・トンドゥプ 著/海老原志穂・大川謙作・星泉・三浦順子 訳

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-29142-8

現代人の孤独という同時代的な問題を投げかけるチベットを代表する作家・ツェラン・トンドゥプの初翻訳小説集。社会や宗教、政治の腐敗に対する風刺をテーマに、変わりゆく世相や、人びとの抱える現実や苦悩をリアリスティックな筆致で描き出す。 チベットの人びとだけでなく、英語、フランス語、ドイツ語などにも翻訳され...

定価3,672円(本体3,400円)