基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

文芸


並べ替え

商品画像 書名-

マックス 宇宙ステーションへ行く

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

マックス 宇宙ステーションへ行く

犬のマックスとの科学冒険

ジェフリー・ベネット 著/マイケル・キャロル 絵/紺野市四郎 訳/的川泰宣 序文

2019年7月 刊行 ISBN:978-4-585-24010-5

宇宙飛行士の山崎直子さんが推薦!! 親子で楽しく読める、学べる科学絵本 NASAの「宇宙ステーションからの読み聞かせプログラム」に選ばれ、宇宙飛行士の若田光一さんが日本語で朗読して、話題となったMax Goes to the Space Station: A Science Adventure wi...

定価1,944円(本体1,800円)

日本SF誕生

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

日本SF誕生

豊田有恒 著

2019年7月 刊行 ISBN:978-4-585-29184-8

日本SFが、かつての空想科学小説というジャンルからアウフヘーベンして、あらたに確立したのは、1960年代の初頭からである。当時、日本の出版界では、ひとつのジンクスが語られていた。西部小説とSF小説を出版すると、その出版社は倒産するというものである。SF小説は、いわば未知の文学ジャンルだった。 多くの...

定価1,944円(本体1,800円)

古典文学の常識を疑う Ⅱ

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

古典文学の常識を疑う Ⅱ

松田浩・上原作和・佐谷眞木人・佐伯孝弘 編

2019年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29183-1

古典文学研究の入門書『古典文学の常識を疑う』の第2冊。上代・平安朝・中世・近世の四分野構成で、研究の最前線をわかりやすく解説。各部ごとに時代横断型のテーマを新たに設定した。...

定価3,024円(本体2,800円)

新装版 巴里に死す

今すぐ購入

新装版 巴里に死す

芹沢光治良 著

2019年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29181-7

1920年代、美しき巴里。夫に伴われた留学先で、子どもを身ごもるも結核に倒れる伸子。 病床にて娘に宛てて綴った3冊のノートをめぐって、死と新生、自然の摂理と普遍の愛を描く。 不幸な運命の淵にありつつも、愛と知の苦悩の内に成長した女性の悲しく美しい魂の記録。 日本国内のみならずフランスを中心にヨーロッ...

定価1,944円(本体1,800円)

季語をさかのぼる

今すぐ購入

季語をさかのぼる

小林祥次郎 著

2018年12月 刊行 ISBN:978-4-585-28045-3

季語ひとつひとつにまつわる多様なイメージの起こりをたどり、今は忘れられた感覚を掘り起こす。 獺の祭・富士の農男・蚊・狐火・ナマコなど、思いがけない季語も紹介。 歴史的・文化的周辺をも包括した解説とともに、日本人の感性の歴史をたどる。 [本書の特色] ・代表的な季語のほか、獺の祭・富士の農男・蚊・相撲...

定価3,780円(本体3,500円)

三島由紀夫の切腹

今すぐ購入

三島由紀夫の切腹

よみがえる葉隠精神

北影雄幸 著

2018年11月 刊行 ISBN:978-4-585-21536-3

「生命以上の価値なくして何の軍隊だ。それは自由でも民主主義でもない。 我々の愛する歴史と伝統の国、日本だ。これを骨抜きにしてしまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はゐないのか。」 三島の内面でより一層凛烈な滅びの美学として昇華した『葉隠』の求死の美学。 美の一回性を信じていた三島は、一死殉国、一死殉皇の覚...

定価3,240円(本体3,000円)

小泉八雲と神々の世界/ラフカディオ・ハーン

今すぐ購入

平川祐弘決定版著作集 12

小泉八雲と神々の世界/ラフカディオ・ハーン

植民地化・キリスト教化・文明開化

平川祐弘 著

2018年10月 刊行 ISBN:978-4-585-29412-2

植民地化とはキリスト教化で、それが文明開化だと西洋人は思い込んだ。その見方に疑義を呈したハーンは米英で黙殺された。 戦後の東大英文科の秀才も、米英本国でのハーン低評価を当然視し、彼の文章の何が貴重なのかわからずにいた。 灯台もと暗しとはこの事か。 フランス領西インド諸島ではキリスト教化されたはずだっ...

定価10,800円(本体10,000円)

輪切りの江戸文化史

今すぐ購入

輪切りの江戸文化史

この一年に何が起こったか?

鈴木健一 編

2018年10月 刊行 ISBN:978-4-585-22220-0

江戸幕府の始まりから幕末明治まで、節目の年を選び出し、文学・風俗・美術・宗教・政治など、多様な切り口で、わかりやすく解説。 江戸時代を大摑みできる画期的入門書!...

定価3,456円(本体3,200円)

知っておきたい日本の漢詩

今すぐ購入

知っておきたい日本の漢詩

偉人たちの詩と心

宇野直人 著

2018年9月 刊行 ISBN:978-4-585-29169-5

千数百年にわたり日本人のこころを伝えてきた漢詩。 それぞれの時代の偉人たちが残してきた作品を、易しく丁寧な解説とともに読み解き、そこにあらわされた日本人の心を見つめなおす。 漢詩の楽しさ・奥深さを知るための絶好の入門書。...

定価4,104円(本体3,800円)

いのちの初夜(オンデマンド版)

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

いのちの初夜(オンデマンド版)

北條民雄 著

2018年8月 刊行 ISBN:978-4-585-91243-9

生きることを放棄しても、なおそこには「生命だけ」の生が燦然として続くという事実。 戦後文学が描いたさまざまな極限状況でも見ることのなかった、もう一つの極限状態、人間の真実。 それは高齢化社会の現実でもある。夭折の作家が生きる意味を問う。 *『いのちの初夜』(ISBN: 978-4-585-01243...

定価1,620円(本体1,500円)