基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

日本語


並べ替え

商品画像 書名-

今昔物語集の構文研究

今すぐ購入

今昔物語集の構文研究

高橋敬一 著

2018年3月 刊行 ISBN:978-4-585-28037-8

平安時代末期の言語を反映しているとされ、その文体・語彙・表記の特殊性から、日本語史研究における貴重な資料の一つである『今昔物語集』。 本書は、その個別事例を丹念に読み解き、状態化アスペクト形式の定着、漢字片仮名交り文という表記法、話末形式句、仏教用語の受容といった、日本語の歴史を考える上で欠かすこと...

定価10,800円(本体10,000円)

『源氏物語』を演出する言葉

今すぐ購入

『源氏物語』を演出する言葉

吉村研一 著

2018年2月 刊行 ISBN:978-4-585-29159-6

『源氏物語』における初出語、初出複合語など、特徴的な言葉を精査し、書き分けられた言葉づかいの違い、互換的に用いられた言葉づかいの意味などを考察する。 さらにはそれらの言葉によって、物語世界がどのように構築されているかを明らかする。...

定価7,560円(本体7,000円)

天野山金剛寺善本叢刊 第二期

今すぐ購入

天野山金剛寺善本叢刊 第二期

第三巻 儀礼・音楽・第四巻 要文・経釈・第五巻 重書

後藤昭雄 監修 (第三巻)中原香苗・米田真理子 編/(第四巻)箕浦尚美 編/(第五巻)赤尾栄慶・宇都宮啓吾・海野圭介 編

2018年2月 刊行 ISBN:978-4-585-21212-6

古代・中世における寺院の営みをいまに伝える一大資料群より天下の孤本を含む平安時代以来の貴重善本を選定し収載。 精緻な影印と厳密な翻刻、充実の解題により、その資料性と文化史的・文学史的価値を明らかにする。 同叢刊第一期(「第一巻 漢学」「第二巻 因縁・教化」)に続き、第二期では、日本中世の仏教儀礼と文...

定価39,960円(本体37,000円)

連濁の総合的研究

今すぐ購入

連濁の総合的研究

佐藤武義・横沢活利 著

2018年2月 刊行 ISBN:978-4-585-28038-5

日本語特有の音韻現象である連濁は、国内外の研究者のみならず、日本語指導者にも常に注目されてきたテーマである。しかし、その発生条件、発生要因や、日本語全体に及ぶものであるのかという疑問については、今もなお明らかになっていない点が多い。 本書は、悉皆調査を行うことで、現代日本語における連濁現象の全体像を...

定価10,800円(本体10,000円)

西來寺本 仮名書き法華経 原色影印

今すぐ購入

西來寺本 仮名書き法華経 原色影印

萩原義雄 編

2017年10月 刊行 ISBN:978-4-585-28036-1

真阿宗淵上人が他の写本と校合した書込みや付箋紙による書付がみられ、最初の『仮名書き法華経』の研究本ともいえる西來寺本『仮名書き法華経』。 原色影印により、上人による重ね書きの順序までもが正確に識別できる。 これからの国語史研究の必須資料。...

定価41,040円(本体38,000円)

日本語のなかの中国故事

今すぐ購入

日本語のなかの中国故事

知っておきたい二百四十章

小林祥次郎 著

2017年9月 刊行 ISBN:978-4-585-28035-4

史記や韓非子、漢書などの中国史や、詩経や文選、論語などの中国文学・思想に躍動するさまざまな中国故事。 呉越同舟、臍を噬む、天道是か非か、五里霧中…。 これらは故事成句としてことばのなかに溶け込み、われわれの生活・文化にいまもよりそっている。 当時の文化や時代背景を踏まえ、ことばの成り立ちや意味を原典...

定価4,536円(本体4,200円)

平安朝漢詩文の文体と語彙

今すぐ購入

平安朝漢詩文の文体と語彙

後藤昭雄 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29146-6

『枕草子』の著名な一節として、「文は……、願文、表、博士の申し文」の一文がある。 ここにあらわされているように、古来日本の文は様々な文章の様式=文体を有していた。 本書では、平安朝漢詩文を代表する雑詩、讃、記、牒、祭文、呪願文、表白、願文、諷誦文及び碑の10種の文体について、実例の読解および当該作品...

定価8,640円(本体8,000円)

思想史のなかの日本語

今すぐ購入

思想史のなかの日本語

訓読・翻訳・国語

中村春作 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-21041-2

古来、東アジア世界さらには西欧との異文化接触にさらされてきた日本。 人びとは文化的他者との邂逅の中で、その思想とことばを鍛え続け、日本の言語空間、そして「知」の制度を作り上げてきた。 そしてまた、この「他者」という問題意識は一方で「純粋な日本語」というものを創造する装置ともなっていた…。 近世から近...

定価3,024円(本体2,800円)

日本語程度副詞体系の変遷

今すぐ購入

日本語程度副詞体系の変遷

古代語から近代語へ

田和真紀子 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-28033-0

「品詞のハキダメ」「落ちこぼれ」などと表現され、品詞分類においてネガティブなものとして位置づけられてきた副詞。 しかし、本当に副詞は分類も体系化もし難い存在なのであろうか。 古代語から近代語への転換期における程度副詞の流動的な性質を捉え、時代別の共時的な分類体系を横糸に、特徴的な語の通時的な変化を縦...

定価6,480円(本体6,000円)

詩的言語と絵画

今すぐ購入

詩的言語と絵画

ことばはイメージを表現できるか

今野真二 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-28034-7

1910年代に活躍した青木繁、竹久夢二、古賀春江、木下杢太郎、恩地孝四郎等の作品・言説を取り上げ、絵画作品をとりまく言語表現をてがかりに、絵とことばとのかかわりを考える。日本語学の第一人者が「イメージ」をキー・ワードに、絵画と詩的言語との近似性に切り込み、日本語学と美術を架橋する新たなこころみ。...

定価3,024円(本体2,800円)