基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

日本近現代文学


並べ替え

商品画像 書名-

道の人2

今すぐ購入

立松和平全小説 30

道の人2

立松和平 著

2014年11月 刊行 ISBN:978-4-585-01298-6

末法の世。 宋から戻った道元を待っていたのは戦乱と飢饉で屍臭漂う都だった―。 誰もが救いを求める世に仏法の深遠を説き続けた曹洞宗の開祖・道元。 やがて教えは『正法眼蔵』へと至り修行の聖地「永平寺」が建立される…。 命を賭して仏法を世に弘めた晩年までを描く下巻。...

定価4,860円(本体4,500円)

『坊っちゃん』事典

今すぐ購入

『坊っちゃん』事典

今西幹一 企画/佐藤裕子・増田裕美子・増満圭子・山口直孝 編

2014年10月 刊行 ISBN:978-4-585-20024-6

登場人物、作中の地名・施設・風俗から、漱石の生い立ち・家族交友関係・前後の著作物、松山の史蹟など周辺の事実まで、『坊っちゃん』のすべてを精査。成立考・研究史やパロディー・観光資源などコラムも満載。 【本書の特色】 1.「作中用語編」では、『坊っちゃん』に登場する人物、事項を網羅して詳細な解説を付した...

定価4,860円(本体4,500円)

道の人1

今すぐ購入

立松和平全小説 29

道の人1

立松和平 著

2014年10月 刊行 ISBN:978-4-585-01297-9

只管打坐(しかんたざ)。 悟りの先に、まだ悟りがある―。 曹洞宗の開祖・道元。 道を求め続けた不屈の生涯をたどり、その「悟り」に迫る大長編。 仏教に目を開く神童時代から、正師を求めて日本、そして中国を歩き続ける青年期まで、若き日の熱い魂を描く上巻。...

定価4,860円(本体4,500円)

井上靖の小説世界

今すぐ購入

井上靖の小説世界

ストーリーテラーの原風景

藤澤全 著

2014年9月 刊行 ISBN:978-4-585-29074-2

自伝的作品である『しろばんば』、『わが母の記』、芥川賞受賞作『闘牛』、山岳社会小説『氷壁』、移民文学『わだつみ』など、井上靖の膨大な小説作品群から12篇を取り上げ、構想・内容・特色・素材・創作術・文芸性などを広角的に探求する。 名作の数々を丁寧に解説し、巻末には略年譜も収めた、初めてのガイドブック。...

定価3,024円(本体2,800円)

偶然の日本文学

今すぐ購入

偶然の日本文学

小説の面白さの復権

真銅正宏 著

2014年9月 刊行 ISBN:978-4-585-29077-3

偶然を、作家はどのように創り上げ、読者はどのように受け取るのか。 日常には偶然が満ち満ちているが、小説における偶然は、すべて作者による虚構である。偶然を、作家はどのように創り上げ、読者はどのように受け取るのか。夏目漱石、森鷗外、横光利一、谷崎潤一郎、江戸川乱歩などの作品を素材に、仕組まれた偶然を考察...

定価3,024円(本体2,800円)

魔界の住人 川端康成 上巻

品切れ

魔界の住人 川端康成 上巻

その生涯と文学

森本穫 著

2014年9月 刊行 ISBN:978-4-585-29075-9

なぜ川端は初恋のひと伊藤初代と決別せざるを得なかったのか、なぜ川端は執拗に〈美神〉を描き続けたのか、なぜ川端は、自ら命を絶ったのか―。 絡みあう人生と文学の「綾の糸」を、一本一本解きほぐし、万華鏡で魔界の深淵をのぞき込む。 初恋の新事実に、「事故のてんまつ」の真実までも抉り出す書き下ろし4000枚!...

定価10,800円(本体10,000円)

魔界の住人 川端康成 下巻

品切れ

魔界の住人 川端康成 下巻

その生涯と文学

森本穫 著

2014年9月 刊行 ISBN:978-4-585-29076-6

なぜ川端は初恋のひと伊藤初代と決別せざるを得なかったのか、なぜ川端は執拗に〈美神〉を描き続けたのか、なぜ川端は、自ら命を絶ったのか―。 絡みあう人生と文学の「綾の糸」を、一本一本解きほぐし、万華鏡で魔界の深淵をのぞき込む。 初恋の新事実に、「事故のてんまつ」の真実までも抉り出す書き下ろし4000枚!...

定価10,800円(本体10,000円)

救世

今すぐ購入

立松和平全小説 28

救世

立松和平 著

2014年8月 刊行 ISBN:978-4-585-01296-2

仏の心とは何か? 争いの絶えない世の中をどのように導けばよいのか? 伝来の仏教をこの国に定着させ「慈悲」の心をもって政(まつりごと)を行った日本史上の聖人、聖徳太子。 仏国土の建設に命を懸けた波瀾万丈の人生を追いながら仏教の真髄とこの世の救いを問う、著者渾身の大河小説。...

定価4,860円(本体4,500円)

東アジア世界の「知」と学問

今すぐ購入

アジア遊学 176

東アジア世界の「知」と学問

伝統の継承と未来への展望

小島康敬 編

2014年8月 刊行 ISBN:978-4-585-22642-0

「実学」という用語の細かな定義に拘らず、「学問」「学び」という緩やかな括りで、東アジア世界において「知」の営みがどのように展開されてきたのか、またそれを将来に向けてどのように継承・発展させてゆくかを検証。 日中韓の共同研究により、近代以降の西洋的な学問知から抜け落ちた、東洋の「知」と学びの伝統を問い...

定価2,160円(本体2,000円)

晩年へ

今すぐ購入

立松和平全小説 27

晩年へ

立松和平 著

2014年6月 刊行 ISBN:978-4-585-01295-5

作家は先立つ友人・知人たちのために物語を綴り、密かにとむらい続けた―。 老いるにつれ周囲に溢れる友人・知人の最期を描写しながら、自らの生と死に向き合う連作「晩年」。 アルツハイマー病を患いながらもかつての恋人が自死した場所へ向かおうとする妻と、それを支え続ける夫。真実の愛を問う長篇「人生のいちばん美...

定価4,860円(本体4,500円)