基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

日本近現代文学


並べ替え

商品画像 書名-

魔界の住人 川端康成 上巻

品切れ

魔界の住人 川端康成 上巻

その生涯と文学

森本穫 著

2014年9月 刊行 ISBN:978-4-585-29075-9

なぜ川端は初恋のひと伊藤初代と決別せざるを得なかったのか、なぜ川端は執拗に〈美神〉を描き続けたのか、なぜ川端は、自ら命を絶ったのか―。 絡みあう人生と文学の「綾の糸」を、一本一本解きほぐし、万華鏡で魔界の深淵をのぞき込む。 初恋の新事実に、「事故のてんまつ」の真実までも抉り出す書き下ろし4000枚!...

定価10,800円(本体10,000円)

魔界の住人 川端康成 下巻

品切れ

魔界の住人 川端康成 下巻

その生涯と文学

森本穫 著

2014年9月 刊行 ISBN:978-4-585-29076-6

なぜ川端は初恋のひと伊藤初代と決別せざるを得なかったのか、なぜ川端は執拗に〈美神〉を描き続けたのか、なぜ川端は、自ら命を絶ったのか―。 絡みあう人生と文学の「綾の糸」を、一本一本解きほぐし、万華鏡で魔界の深淵をのぞき込む。 初恋の新事実に、「事故のてんまつ」の真実までも抉り出す書き下ろし4000枚!...

定価10,800円(本体10,000円)

救世

今すぐ購入

立松和平全小説 28

救世

立松和平 著

2014年8月 刊行 ISBN:978-4-585-01296-2

仏の心とは何か? 争いの絶えない世の中をどのように導けばよいのか? 伝来の仏教をこの国に定着させ「慈悲」の心をもって政(まつりごと)を行った日本史上の聖人、聖徳太子。 仏国土の建設に命を懸けた波瀾万丈の人生を追いながら仏教の真髄とこの世の救いを問う、著者渾身の大河小説。...

定価4,860円(本体4,500円)

東アジア世界の「知」と学問

今すぐ購入

アジア遊学 176

東アジア世界の「知」と学問

伝統の継承と未来への展望

小島康敬 編

2014年8月 刊行 ISBN:978-4-585-22642-0

「実学」という用語の細かな定義に拘らず、「学問」「学び」という緩やかな括りで、東アジア世界において「知」の営みがどのように展開されてきたのか、またそれを将来に向けてどのように継承・発展させてゆくかを検証。 日中韓の共同研究により、近代以降の西洋的な学問知から抜け落ちた、東洋の「知」と学びの伝統を問い...

定価2,160円(本体2,000円)

晩年へ

今すぐ購入

立松和平全小説 27

晩年へ

立松和平 著

2014年6月 刊行 ISBN:978-4-585-01295-5

作家は先立つ友人・知人たちのために物語を綴り、密かにとむらい続けた―。 老いるにつれ周囲に溢れる友人・知人の最期を描写しながら、自らの生と死に向き合う連作「晩年」。 アルツハイマー病を患いながらもかつての恋人が自死した場所へ向かおうとする妻と、それを支え続ける夫。真実の愛を問う長篇「人生のいちばん美...

定価4,860円(本体4,500円)

集と断片

今すぐ購入

集と断片

類聚と編纂の日本文化

国文学研究資料館/コレージュ・ド・フランス日本学高等研究所 編

2014年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29071-1

『万葉集』をはじめ、日本の古典籍には「―集」という標題をもつ書物が大量にある。短い作品や断片(Fragment)を集成し、一つの著作や集(Collection)にまとめる手法は、日本文化の特筆すべき編成原理であるといえる。この類聚・編纂という行為は、一方では知を切り出し断片化していくことと表裏を為す...

定価8,640円(本体8,000円)

生きていく「私」

今すぐ購入

立松和平全小説 26

生きていく「私」

立松和平 著

2014年4月 刊行 ISBN:978-4-585-01294-8

カメラマンの夫・栄一は家族を置いて世界を飛び回り、待ち続ける妻の日出子は離婚を決意する。 娘とのすれ違い、恋愛、介護、死―。 離婚後の日出子の日常に巻き起こる試練とそこに寄り添う犬と猫。 「世話」をし続ける女性の孤独と「小さい者たち」との交感から、人生の哀しみと慰めを丹念に描く傑作長篇。...

定価4,860円(本体4,500円)

植民地期における日本語朝鮮説話集の研究

今すぐ購入

植民地期における日本語朝鮮説話集の研究

帝国日本の「学知」と朝鮮民俗学

金廣植 著

2014年3月 刊行 ISBN:978-4-585-23023-6

本書は、全体を3編で構成されており、第1編と第2編では「日本語朝鮮説話集」を、第3編では朝鮮民俗学を実証的に考察する。日本人学者=支配のための植民地主義、朝鮮人学者=抵抗のための民族主義といった二項対立を乗り越え、両者の相互関連性、人脈を実証的に浮き彫りにした。 朝鮮民俗学をめぐる言説は、朝鮮民俗は...

定価12,960円(本体12,000円)

私小説ハンドブック

今すぐ購入

私小説ハンドブック

秋山駿・勝又浩 監修/私小説研究会 編

2014年3月 刊行 ISBN:978-4-585-20026-0

109人の作家を取り上げる他、研究者・実作者へのインタビュー、キーワードや海外の状況など、「私を探究する文学」の全貌を提示。 いまなお書かれ続ける「私小説」の100年の歴史を繙き、その豊穣さとこれからの可能性を示す、初めての私小説ガイドブック。...

定価3,024円(本体2,800円)

生命への凝視

今すぐ購入

立松和平全小説 25

生命への凝視

立松和平 著

2014年2月 刊行 ISBN:978-4-585-01293-1

幸福な夢と雪に閉ざされた現実が交錯する。 日高登山中に雪崩に巻き込まれた山岳部六人。 雪の下で最期の時を待つことになった小田桐昇は、思いを寄せていた長谷川裕子の遺体を抱きしめながら、昏睡と目覚めを繰り返し、生命が燃え尽きる間際の輝きを見る。 実際に起きた雪崩事故に材を取った表題作『日高』。 その他、...

定価4,860円(本体4,500円)