基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

日本史(前近代)


並べ替え

商品画像 書名-

シーボルト事件で罰せられた三通詞

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

シーボルト事件で罰せられた三通詞

片桐一男 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22181-4

シーボルトが帰国の直前に幕府禁制の日本地図を持ち出そうとした「シーボルト事件」。この時、最も重い罪に問われたのが、馬場為八郎・吉雄忠次郎・稲部市五郎の阿蘭陀(オランダ)三通詞であった。 彼らはシーボルトといかなる関係にあり、重罪に処せられたのか。罰せられた後はどのような足跡をたどり、功績を残したのか...

定価4,536円(本体4,200円)

平安朝漢詩文の文体と語彙

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

平安朝漢詩文の文体と語彙

後藤昭雄 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29146-6

『枕草子』の著名な一節として、「文は……、願文、表、博士の申し文」の一文がある。 ここにあらわされているように、古来日本の文は様々な文章の様式=文体を有していた。 本書では、平安朝漢詩文を代表する雑詩、讃、記、牒、祭文、呪願文、表白、願文、諷誦文及び碑の10種の文体について、実例の読解および当該作品...

定価8,640円(本体8,000円)

思想史のなかの日本語

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

思想史のなかの日本語

訓読・翻訳・国語

中村春作 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-21041-2

古来、東アジア世界さらには西欧との異文化接触にさらされてきた日本。 人びとは文化的他者との邂逅の中で、その思想とことばを鍛え続け、日本の言語空間、そして「知」の制度を作り上げてきた。 そしてまた、この「他者」という問題意識は一方で「純粋な日本語」というものを創造する装置ともなっていた…。 近世から近...

定価3,024円(本体2,800円)

忍者の誕生

今すぐ購入

忍者の誕生

吉丸雄哉・山田雄司 編

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22151-7

「忍者」をモデルにした小説・マンガなどは多くあるが、実際の忍者たちはどのようなものだったのか。忍術書などから忍者の戦術・精神性を探り、日中における忍者(的な存在)にも言及する。 また、現代における「忍者像」はどのようにして形成され、中国・韓国などでどう受容されているのか。 忍術書・忍具、アジア圏の忍...

定価3,888円(本体3,600円)

文化財としてのガラス乾板

今すぐ購入

文化財としてのガラス乾板

写真が紡ぎなおす歴史像

久留島典子・高橋則英・山家浩樹 編

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22173-9

明治20年代から半世紀以上にわたり産業・学術等の分野を問わず、広く活用されてきた記録媒体、ガラス乾板。 フィルム、そしてデジタル撮影という時代を経て、顧みられることのない存在として遇されてきたが、近年、写真資料として、また、歴史史料としてガラス乾板の持つ文化的価値が見出されてきた。 いまなお各所に残...

定価4,104円(本体3,800円)

醍醐寺文書聖教目録 第四巻

今すぐ購入

醍醐寺叢書 目録篇 4

醍醐寺文書聖教目録 第四巻

第六一函~第八〇函

総本山醍醐寺 編

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-21039-9

京都伏見に所在する総本山醍醐寺は、平安時代の創建より、いまに至るまで仏法を伝え、その文化財の伝承・保存に力を注いできた。 平成25年、同寺に伝持される69,378点の文書・聖教は、仏教のみならず、政治・経済・芸能等の様々な分野にわたって、日本の歴史・文化を伝える一級の史料として、国宝に一括指定された...

定価32,400円(本体30,000円)

中近世日本の貨幣流通秩序

今すぐ購入

中近世日本の貨幣流通秩序

川戸貴史 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22170-8

社会経済を展開させる装置、貨幣。 中世から近世への社会変容のなかで、その使用の具体像はいかなる様相を呈していったのか。 海域アジア世界との連環と地域社会における展開の実態とを複合的に捉え、貨幣流通秩序の形成過程を照射する。...

定価7,560円(本体7,000円)

宗教と儀礼の東アジア

今すぐ購入

アジア遊学 206

宗教と儀礼の東アジア

交錯する儒教・仏教・道教

原田正俊 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22672-7

祖先祭祀、葬送や鎮魂、そして王権の正統化・補強・・・。 儀礼は、歴史の局面において様々に営まれ、時に人びとの救済への切実な営みとして、また時には支配・被支配の関係性の強化にも働いた。 そして、その源泉には儒教・仏教・道教などの宗教があった。 諸宗教の交渉がもたらす儀礼の諸相を、思想史・歴史学・文学・...

定価2,592円(本体2,400円)

後水尾院の研究

今すぐ購入

後水尾院の研究

研究篇・資料篇・年譜稿

日下幸男 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-29141-1

近衛信尋・中院通村・烏丸光広・道晃親王・鳳林承章等、近世初期を代表する貴顕や文化人たちが周囲に群集し、堂上地下の枠組みを越えた人的ネットワークを形成した後水尾院。 古典学や有職学の復興を領導した院の文事を明らかにする論考、未公刊歌集資料4点、そして800頁を越える年譜稿により後水尾院の総体とその時代...

定価30,240円(本体28,000円)

偉人崇拝の民俗学

今すぐ購入

偉人崇拝の民俗学

及川祥平 著

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-23051-9

歴史上の人物は、共同体の記憶の中で変容し伝説化していく。 地元の英雄として、そして神として立ち現れる過程において、人々は彼らに何を託すのか。 武田信玄、徳川家康、楠木正成らを祀る神社や史蹟、祭礼を丹念に検証し、赤穂四十七士や大岡越前らの表象の現在に迫る。...

定価6,696円(本体6,200円)