基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

日本史(近現代)


並べ替え

商品画像 書名-

森有礼が切り拓いた日米外交

今すぐ購入

森有礼が切り拓いた日米外交

初代駐米外交官の挑戦

国吉栄 著

2018年7月 刊行 ISBN:978-4-585-22213-2

着任から帰国までを、大量の新史料を駆使して描く。 信教の自由、学校制度、女子教育、図書館・精神病院の設立等々。森の広範な活動の軌跡をたどりつつ、非業の死に至る出来事をも浮き彫りにする。 米国務長官からの厚き信認と、岩倉使節団との深刻な対立。日本の進むべき道を模索し続けた真の姿に迫る。 史料発掘者が描...

定価5,184円(本体4,800円)

火葬と両墓制の仏教民俗学

今すぐ購入

火葬と両墓制の仏教民俗学

サンマイのフィールドから

岩田重則 著

2018年7月 刊行 ISBN:978-4-585-22212-5

両墓制。遺体の埋葬地と、遺族が参拝する石塔墓地が分かれた墓制をこう呼ぶ。 その分布は近畿・中部地方に濃厚である。なぜこの地では、両墓制をとったのか? 柳田国男・折口信夫らに始まる墓制研究は、なぜそれを「固有の信仰」ととらえてしまったのか? その発生の起源と歴史的展開を実際のフィールドから探り、仏教と...

定価6,480円(本体6,000円)

究極の敗戦利得者日本外務省が隠蔽する 満州建国の真実

今すぐ購入

究極の敗戦利得者日本外務省が隠蔽する 満州建国の真実

軍事の天才石原莞爾の野望と挫折

鈴木荘一 著

2018年7月 刊行 ISBN:978-4-585-22214-9

共産ソ連が南下するなか、石原らが果たした満州建国。 それは、満州人の独立を守り、共産主義の防波堤を築くための死闘だった。 しかし、戦争を避けようとする石原の努力をつぶす外務省。 自虐史観を植えつけた元凶は、外務省だった!...

定価810円(本体750円)

アジアの戦争と記憶

今すぐ購入

アジアの戦争と記憶

二〇世紀の歴史と文学

岩崎稔・成田龍一・島村輝 編

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22211-8

二つの世界大戦から、インド独立運動、朝鮮戦争、ベトナム戦争、沖縄返還など、アジア激動の20世紀を捉え直す。 作家や知識人が残した言葉から、友好と対立が入り乱れる戦後の日中韓関係史を整理、戦後に忘却された東アジアの歴史を浮かびあがらせる。 ナショナリズムとグローバリズムという二つの普遍主義を問い直し、...

定価4,968円(本体4,600円)

ヒロシマ・パラドクス

今すぐ購入

ヒロシマ・パラドクス

戦後日本の反核と人道意識

根本雅也 著

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-23063-2

広島への原爆投下が、人類すべての過ちとなり、普遍化されていく歴史的・社会的背景を追う。 沈黙を強いる静かな祈りや、自明視される経験の継承の背後で見えなくなっていた、原爆体験者ひとりひとりの痛み、恐れ、悲しみ、そして怒りの声をすくいあげ、戦後日本のかかえる矛盾を問い直す。...

定価3,456円(本体3,200円)

外国人の発見した日本

今すぐ購入

アジア遊学 219

外国人の発見した日本

石井正己 編

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22685-7

開国によって世界へ門戸を開き、欧米から多くの外国人が日本を訪れた十九世紀。 西洋からの文明がもたらされると同時に、それまで自覚されてこなかった多くの日本の価値もまた彼らによって発見された。 本書では、ヘボンやウェイリー、フェノロサ、シーボルトなど、人文学の分野で功績を残した十六人の外国人に着目。近代...

定価2,700円(本体2,500円)

水族館の文化史

今すぐ購入

水族館の文化史

ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界

溝井裕一 著

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22210-1

ひとが「魚を見ること」にはどんな意味が秘められているのか。 古代の養魚池文化にはじまり、黎明期の水族館のユニークな展示、植民地支配とのかかわり、SF小説や映画の影響、第二次世界大戦中の苦難、展示のストーリー化、さらにはヴァーチャル・リアリティ技術とのハイブリッド化が進む最新の水族館事情など、古今東西...

定価3,024円(本体2,800円)

少年写真家の見た明治日本

今すぐ購入

少年写真家の見た明治日本

ミヒャエル・モーザー日本滞在記

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編

2018年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22209-5

明治2年、困難に満ちた航海を乗り越え、遠くオーストリアより一人の少年が日本にたどり着いた。 16歳のミヒャエル・モーザーである。 そして、彼は新天地にとどまり写真家として生きることを決めた…。 航海の道行き、そして日本での滞在の中で書き残したモーザー自身による日記・書簡類をひもとき、時代を浮かび上が...

定価7,020円(本体6,500円)

「神話」を近現代に問う

今すぐ購入

アジア遊学 217

「神話」を近現代に問う

植朗子・南郷晃子・清川祥恵 編

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22683-3

近代以降の神話は、それ自体が単に固有の宗教的伝統や民族性を語る重要性を持つのみならず、あらたに創作される文学の淵源として、つねに今日的な語りと関連づけて参照され、地域・時代に限定されない(あるいは、意図的に限定された)意義を持ちうる概念へと発展していった。 整備され、「神話体系」からこぼれ落ちたり、...

定価2,700円(本体2,500円)

なぜ中国・韓国は近代化できないのか

今すぐ購入

勉誠選書

なぜ中国・韓国は近代化できないのか

自信のありすぎる中国、あるふりをする韓国

石平・豊田有恒 著

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-23404-3

習近平の「独裁化」が進む中国、元大統領が次々に逮捕される韓国、お隣の国はなぜ「前近代的」なままなのか? 日本を代表する中韓ウォッチャーが徹底討論、明治維新150年、日中韓の近代化を問い直す!...

定価1,080円(本体1,000円)