基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

世界史


並べ替え

商品画像 書名-

歴史GISの地平

今すぐ購入

歴史GISの地平

景観・環境・地域構造の復原に向けて

HGIS研究協議会 編 (川口洋(代表)・石崎研二・後藤真・関野樹・原正一郎)

2012年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22022-0

★推薦文★ 古文書、古地図、遺物・遺構など多様な史資料の集約・可視化・時空間計量分析を図る情報学と、過去に生きた人々の日常生活の復原をめざす歴史地理学とのコラボレーション―歴史GISは、極度に専門分化した近代科学の問題点を克服して、位置情報と時間情報を軸に人々の暮らしを総合的に捉え直す「しくみ」とし...

定価4,320円(本体4,000円)

地域情報マッピングからよむ東南アジア

品切れ

地域情報マッピングからよむ東南アジア

陸域・海域アジアを越えて地域全体像を解明する研究モデル

柴山守 著

2012年3月 刊行 ISBN:978-4-585-20013-0

「地域の〈うごき〉をよむ」とは何を意図するか。 地域とは、自然環境、国家、政治、経済、社会、歴史、文化、慣習から住民の日常的な衣食住に至るまで、そこに生きる人びとの振るまいをも包含した、ダイナミクスの中に存在する「広がり」、そこには、人びとの振るまいにみる〈見えるうごき〉と共に、人びとの考え方や行動...

定価5,400円(本体5,000円)

ジェノサイドと現代世界

今すぐ購入

ジェノサイドと現代世界

石田勇治・武内進一 編

2011年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22511-9

人類史上の汚点「ジェノサイド」は、過ぎ去った物言わぬ歴史ではなく、来るべき悲しい可能性である。ホロコースト/ショア、ルワンダ、スレブレニツァ、ダルフール、アゼルバイジャン、カンボジア、アルメニア…。 夥しい事例を真摯に究明し、固有の原理と共通のメカニズムを析出し、予防システムの構築を目指す。人類が知...

定価4,860円(本体4,500円)

ユーラシア諸宗教の関係史論

今すぐ購入

ユーラシア諸宗教の関係史論

他者の受容、他者の排除

深沢克己 編

2010年11月 刊行 ISBN:978-4-585-21004-7

異なる諸宗教の平和的な共存・寛容・対話・折衷・習合・融和はいかなる環境のもとで生じ、敵対的な排除・不寛容・拒絶・迫害・抑圧はいかなる条件により発生するのか。 日本・中国から地中海・ヨーロッパにいたるユーラシア地域の諸宗教間の受容と排除の問題を歴史学、人類学、宗教学など多角的視点から探る。...

定価6,480円(本体6,000円)

環境と歴史学

品切れ

アジア遊学 136

環境と歴史学

歴史研究の新地平

水島司 編

2010年9月 刊行 ISBN:978-4-585-22602-4

歴史研究の中に環境変動という視点を取り込んだ場合に、従来の歴史解釈に どのような広がりを与えるのか。また、どのような問題が明らかになるのか。 日本から、アジア、アフリカ、ヨーロッパ地域にまで視点を広げ、 歴史学、考古学、地理学、環境史、民俗学など異分野の研究者が最新の研究成果を問う。...

定価2,592円(本体2,400円)

ユーラシア古代都市・集落の歴史空間を読む

今すぐ購入

ユーラシア古代都市・集落の歴史空間を読む

宇野隆夫 編著

2010年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22002-2

なぜユーラシアに華やかな古代文明が繁栄したのか? GPSやGISを用いて、歴史情報を統一的に時空間分析。 情報学の手法を使い「歴史空間を読む」ことによって、ユーラシア社会の発展の原動力がみえてくる!...

定価4,104円(本体3,800円)

古代製紙の歴史と技術

今すぐ購入

古代製紙の歴史と技術

ダード・ハンター 著/久米康生 訳 (和紙文化研究会代表)

2009年8月 刊行 ISBN:978-4-585-03246-5

長年にわたる周到なフィールドワークをもとに、東洋・西洋の製紙事情を比較しながらその歴史と技術を豊富な図版をまじえて詳述。世界の製紙技術と歴史研究の基本文献として知られる名著。...

定価5,400円(本体5,000円)

教育学における優生思想の展開

品切れ

教育学における優生思想の展開

藤川信夫 編

2008年2月 刊行 ISBN:978-4-585-10436-0

優生学の歴史を総点検し将来への指標を提示。 現代遺伝学や行動遺伝学といった科学的知見に基づく「新優生学」の登場によって、優生学議論が高まっているなか、歴史的観点から教育学における優生思想の展開を解明し、今日および将来の優生学論議を予測する。 ※ 書評掲載 教育哲学会編『教育哲学研究』(第98号、20...

定価15,120円(本体14,000円)

碑石は語る

お問い合わせ書籍
在庫僅少につき、お問い合わせください。

アジア遊学 91

碑石は語る

編集部 編

2006年9月 刊行 ISBN:978-4-585-10342-4

人々は何を伝えようとして、石に文字を刻んだのか。アジア碑石文化の特色を、比較史の視点からも検討を加えて見つめ直す。 冒頭の座談会では、谷垣禎一財務大臣を迎え、東アジアとくに中国宋代史をふまえて、海域の交流の軌跡と未来への展望を語る。 平成17〜21年度 文部科学省特定領域研究『東アジアの海域交流と日...

定価1,944円(本体1,800円)

アジア〈日本・日系〉ラテンアメリカ

今すぐ購入

アジア遊学 76

アジア〈日本・日系〉ラテンアメリカ

日系社会の経験から学ぶ

編集部 編

2005年6月 刊行 ISBN:978-4-585-10327-1

定価1,944円(本体1,800円)