基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

哲学・宗教・民俗


並べ替え

商品画像 書名-

東アジアの仏伝文学

今すぐ購入

東アジアの仏伝文学

小峯和明 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29131-2

仏教の創始と展開に応じて、アジア各地に広まり、地域や時代ごとに多種多彩に再創造を繰り返し、受け継がれてきた仏伝文学。 古代のみならず、中世から近現代まで幅広く、その展開を捉え、中国、朝鮮半島、日本、ベトナムなど、東アジアの漢字漢文文化圏に共有された文化・文学の意義を検証する。...

定価15,120円(本体14,000円)

歴史のなかの異性装

今すぐ購入

アジア遊学 210

歴史のなかの異性装

服藤早苗・新實五穂 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22676-5

衣服は身分や男女差を可視化できる故に、国家や社会による規制の対象とされることが多かった。異性装はいかなる社会的・文化的背景のもとで行われてきたのか。 日本とアジアを中心に、ヨーロッパ、アフリカなど諸国の異性装の事例を歴史・服飾・美術・ジェンダーなどの側面から照射し、女神の帰依・男巫の儀礼から同性愛・...

定価3,024円(本体2,800円)

里山という物語

今すぐ購入

里山という物語

環境人文学の対話

結城正美・黒田智 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22180-7

人びとの暮らしと多様な生き物を育む自然が調和した美しい環境、里山…。 日本の原風景を残すエコロジカルな体系を体現するものとして、近年もその意義は盛んに喧伝され、世界的な関心も集めつつある。 しかし、このような理解は里山のすべてを捉えているのだろうか。 里山なるものが形成されるトポスがはらむ問題、歴史...

定価3,024円(本体2,800円)

ひと・もの・知の往来

今すぐ購入

アジア遊学 208

ひと・もの・知の往来

シルクロードの文化学

荒木浩・近本謙介・李銘敬 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22674-1

古来、文物・ひとを往還させる道であると同時にシステムでもあった、シルクロード。 西域の文物が、シルクロードをたどり日本にもたらされた現象と過程を、 運ぶ・所蔵する・記すなどの営みから見直すと、そこにはどのような意義が見出されるだろうか。 さまざまな領域の知見から描き出したときに立ち現れる、東西の文化...

定価2,592円(本体2,400円)

世界神話入門

今すぐ購入

世界神話入門

篠田知和基 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22165-4

宇宙の成り立ち、異世界の風景、異類との婚姻、神々の戦争と恋愛…。 世界中の神話を類型ごとに解説し、神話そのものの成立に関する深い洞察を展開する。 『世界神話伝説大事典』との姉妹編。 世界神話を知るための最良の入門書がここに。...

定価2,592円(本体2,400円)

思想史のなかの日本語

今すぐ購入

思想史のなかの日本語

訓読・翻訳・国語

中村春作 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-21041-2

古来、東アジア世界さらには西欧との異文化接触にさらされてきた日本。 人びとは文化的他者との邂逅の中で、その思想とことばを鍛え続け、日本の言語空間、そして「知」の制度を作り上げてきた。 そしてまた、この「他者」という問題意識は一方で「純粋な日本語」というものを創造する装置ともなっていた…。 近世から近...

定価3,024円(本体2,800円)

東アジアの女性と仏教と文学

今すぐ購入

アジア遊学 207

東アジアの女性と仏教と文学

張龍妹・小峯和明 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22673-4

『蜻蛉日記』『枕草子』『源氏物語』…。 平安の頃から連綿と続く「女性の文学」。その物語や日記には高い思想性が見られ、その裏打ちとして仏教(信仰)が通底している。 近年のジェンダー研究の隆盛を受けて関心の高まる女性と文学、そして仏教との関わりを、東アジア全体に視野を広げながら論じる。...

定価3,024円(本体2,800円)

環境人文学Ⅰ 文化のなかの自然

今すぐ購入

環境人文学Ⅰ 文化のなかの自然

野田研一・山本洋平・森田系太郎 編著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29128-2

既知から未知へ。 文学、哲学、音楽、社会学など、多分野の学問を横断し、これからの人文学が環境をどのように考えていくことができるのかを探る。石牟礼道子、伊藤比呂美、大城立裕、小池昌代、管啓次郎といった日本を代表するネイチャーライター(環境文学作家)のインタビュー、鼎談、講演録も所収。自然環境を、人間中...

定価3,240円(本体3,000円)

環境人文学Ⅱ 他者としての自然

今すぐ購入

環境人文学Ⅱ 他者としての自然

野田研一・山本洋平・森田系太郎 編著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29129-9

永遠なる未知へ。 文学から歴史学、人類学、教育学、言語学を横断し、環境人文学における「他者」をめぐる最新の議論と、今後考えるべき問題を提示する。「異なる種」である動物の表象、人間外(ノンヒューマン)存在(そんざい)の表象から、贈与と負債の感情、時間の捉え方など、「他者としての自然」と「人間」の関係性...

定価3,240円(本体3,000円)

韓国・朝鮮史への新たな視座

今すぐ購入

韓国・朝鮮史への新たな視座

歴史・社会・言説

須川英徳 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22171-5

徹底的な史料分析と体系的な歴史像の提示を軸に、言説形成・思想・制度・政策など社会・生活とを切り結ぶ視角より、前近代と現代を架橋する韓国・朝鮮史のパースペクティブを提示する。...

定価8,640円(本体8,000円)