基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

社会科学


並べ替え

商品画像 書名-

建築家ヴォーリズの「夢」

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

建築家ヴォーリズの「夢」

戦後民主主義・大学・キャンパス

高澤紀恵・山﨑鯛介 編

2018年12月 刊行 ISBN:978-4-585-23065-6

戦後日本の大学建築を牽引した建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880~1964)。 キリスト教伝導と英語教育のために来日したヴォーリズは、メンソレータムで名高い近江兄弟社を拠点に、建築事務所を開設し、教会、個人住宅、病院など数多くの西洋建築の設計を行った。 なかでも大学建築に代表的な建築が多く...

定価4,860円(本体4,500円)

考古学が解く混迷の現代 オウム事件の本質

今すぐ購入

考古学が解く混迷の現代 オウム事件の本質

竹岡俊樹 著

2018年12月 刊行 ISBN:978-4-585-21050-4

なぜ、バブル時代の日本に「前近代」が復活したのか。 日本国民をサリンで皆殺しにするという「救済の論理」とそれを実践する組織はどのようにして生まれたのか。 彼らはどうして「国家」を作ったのか。 麻原とは何者か。彼は何を「証明」したのか。 彼らは再びやってくるのか。...

定価2,160円(本体2,000円)

軍拡中国に対処する

今すぐ購入

軍拡中国に対処する

独裁国家に屈するのか

矢野義昭 著

2018年11月 刊行 ISBN:978-4-585-23066-3

中国「強軍」の三本柱は軍改革、一帯一路、軍民融合。その実態を中国文献に基づき解明。 米中貿易戦争は中露協調・強軍に拍車をかける。 有事の米軍支援は50日後か? 太平洋への閂=尖閣・台湾を守れるか?...

定価1,620円(本体1,500円)

危機対策必携マニュアル

今すぐ購入

危機対策必携マニュアル

天災・人災・戦災に備える

矢野義昭 著

2018年8月 刊行 ISBN:978-4-585-23064-9

大規模自然災、核ミサイル、領土紛争、等々…。 危機時には、人命と組織の存亡は、リーダーの指示にかかわる。 故にリーダーには、人命と組織を守り抜く責任がある。 危機管理の手法には、共通した手順と行動がある。 この手順を理解し、行動すれば、どんな危機にも対応できる。 平常時の準備段階、危機に直面した時、...

定価1,620円(本体1,500円)

アジアの戦争と記憶

今すぐ購入

アジアの戦争と記憶

二〇世紀の歴史と文学

岩崎稔・成田龍一・島村輝 編

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22211-8

二つの世界大戦から、インド独立運動、朝鮮戦争、ベトナム戦争、沖縄返還など、アジア激動の20世紀を捉え直す。 作家や知識人が残した言葉から、友好と対立が入り乱れる戦後の日中韓関係史を整理、戦後に忘却された東アジアの歴史を浮かびあがらせる。 ナショナリズムとグローバリズムという二つの普遍主義を問い直し、...

定価4,968円(本体4,600円)

ヒロシマ・パラドクス

今すぐ購入

ヒロシマ・パラドクス

戦後日本の反核と人道意識

根本雅也 著

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-23063-2

広島への原爆投下が、人類すべての過ちとなり、普遍化されていく歴史的・社会的背景を追う。 沈黙を強いる静かな祈りや、自明視される経験の継承の背後で見えなくなっていた、原爆体験者ひとりひとりの痛み、恐れ、悲しみ、そして怒りの声をすくいあげ、戦後日本のかかえる矛盾を問い直す。...

定価3,456円(本体3,200円)

なぜ中国・韓国は近代化できないのか

今すぐ購入

勉誠選書

なぜ中国・韓国は近代化できないのか

自信のありすぎる中国、あるふりをする韓国

石平・豊田有恒 著

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-23404-3

習近平の「独裁化」が進む中国、元大統領が次々に逮捕される韓国、お隣の国はなぜ「前近代的」なままなのか? 日本を代表する中韓ウォッチャーが徹底討論、明治維新150年、日中韓の近代化を問い直す!...

定価1,080円(本体1,000円)

スポーツ雑誌のメディア史

今すぐ購入

スポーツ雑誌のメディア史

ベースボール・マガジン社と大衆教養主義

佐藤彰宣 著

2018年1月 刊行 ISBN:978-4-585-23060-1

戦後初期のスポーツ雑誌の誌面上には、「高尚さ」や「教養」を語る編集者や読者の声が少なからず存在している。 代表的スポーツ雑誌社であるベースボール・マガジン社の雑誌刊行の系譜を追うことで、現在のスポーツ・メディアのあり方とは異質な、スポーツ雑誌と「教養」との結びつきに光を当てる。 戦時期の国防意識、占...

定価3,456円(本体3,200円)

対立する国家と学問

今すぐ購入

対立する国家と学問

危機に立ち向かう人文社会科学

福井憲彦 編

2018年1月 刊行 ISBN:978-4-585-23061-8

文学部廃止論がメディアで取り沙汰されてから、人文社会科学へのまなざしが一層変化してきている。その発端は2015年6月に出された文部科学大臣の人文社会科学・縮小再編を指示する通知。 政府が向けるまなざしは、本当に日本の人文社会科学の衰退を表しているのか? 実態はどうなっているのか? また、この時代の流...

定価2,916円(本体2,700円)

小池百合子氏は流行神だったのか

今すぐ購入

勉誠選書

小池百合子氏は流行神だったのか

これでよいのか、現状の日本

加瀬英明 著

2017年11月 刊行 ISBN:978-4-585-23401-2

日本の「良識」とは何か? アメリカ、中国、南北朝鮮の正体を暴く。 まず、わが手に日本を取り戻そう! 加瀬英明が日本の現状にモノ申す!...

定価1,080円(本体1,000円)