基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

人文


並べ替え

商品画像 書名-

儒教の本質と呪縛

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

勉誠選書

儒教の本質と呪縛

社会をゆがめる根源

黄文雄 著

2018年7月 刊行 ISBN:978-4-585-23405-0

なぜ日本は儒教の毒に染まらなかったのか? 日・中・韓の文化的素地のちがいの根本原因となった「儒教」の真実を暴く!...

定価1,080円(本体1,000円)

森有礼が切り拓いた日米外交

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

森有礼が切り拓いた日米外交

初代駐米外交官の挑戦

国吉栄 著

2018年7月 刊行 ISBN:978-4-585-22213-2

着任から帰国までを、大量の新史料を駆使して描く。 信教の自由、学校制度、女子教育、図書館・精神病院の設立等々。森の広範な活動の軌跡をたどりつつ、非業の死に至る出来事をも浮き彫りにする。 米国務長官からの厚き信認と、岩倉使節団との深刻な対立。日本の進むべき道を模索し続けた真の姿に迫る。 史料発掘者が描...

定価5,184円(本体4,800円)

火葬と両墓制の仏教民俗学

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

火葬と両墓制の仏教民俗学

サンマイのフィールドから

岩田重則 著

2018年7月 刊行 ISBN:978-4-585-22212-5

両墓制。遺体の埋葬地と、遺族が参拝する石塔墓地が分かれた墓制をこう呼ぶ。 その分布は近畿・中部地方に濃厚である。なぜこの地では、両墓制をとったのか? 柳田国男・折口信夫らに始まる墓制研究は、なぜそれを「固有の信仰」ととらえてしまったのか? その発生の起源と歴史的展開を実際のフィールドから探り、仏教と...

定価6,480円(本体6,000円)

究極の敗戦利得者日本外務省が隠蔽する 満州建国の真実

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

究極の敗戦利得者日本外務省が隠蔽する 満州建国の真実

軍事の天才石原莞爾の野望と挫折

鈴木荘一 著

2018年7月 刊行 ISBN:978-4-585-22214-9

共産ソ連が南下するなか、石原らが果たした満州建国。 それは、満州人の独立を守り、共産主義の防波堤を築くための死闘だった。 しかし、戦争を避けようとする石原の努力をつぶす外務省。 自虐史観を植えつけた元凶は、外務省だった!...

定価810円(本体750円)

ヒロシマ・パラドクス

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

ヒロシマ・パラドクス

戦後日本の反核と人道意識

根本雅也 著

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-23063-2

広島への原爆投下が、人類すべての過ちとなり、普遍化されていく歴史的・社会的背景を追う。 沈黙を強いる静かな祈りや、自明視される経験の継承の背後で見えなくなっていた、原爆体験者ひとりひとりの痛み、恐れ、悲しみ、そして怒りの声をすくいあげ、戦後日本のかかえる矛盾を問い直す。...

定価3,456円(本体3,200円)

女のことば 男のことば

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

女のことば 男のことば

小林祥次郎 著

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-28043-9

平安時代の仮名文学は、女性による女性のための文学であった。対して男の文学は、漢詩文であった。 また、男の手紙は漢語を多く用い、和語もできるだけ漢字で示してあるのに対し、女性の手紙は漢語は使わず、ほとんど仮名で書いてある(訓読語で「憩ふ」、和文で「休む」など)。なお、この習慣は後世まで引き継がれている...

定価2,160円(本体2,000円)

戦国武将逸話集(オンデマンド版)

今すぐ購入

戦国武将逸話集(オンデマンド版)

訳注『常山紀談』巻一~七

湯浅常山 原著/大津雄一・田口寛 訳注

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-95441-5

名だたる武将の逸話約700を収録した『常山紀談』を読みやすい現代語にし、注を付した。小説や映画、大河ドラマで描かれ、よく知られた戦国ドラマやエピソード満載。 妻のへそくりの助けで名馬を買い、信長に認められて出世した山内一豊。機転をきかせて豊臣秀吉の罰を逃れた紹巴。時には親類縁者よりも部下が大事と語り...

定価2,916円(本体2,700円)

水族館の文化史

今すぐ購入

水族館の文化史

ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界

溝井裕一 著

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22210-1

ひとが「魚を見ること」にはどんな意味が秘められているのか。 古代の養魚池文化にはじまり、黎明期の水族館のユニークな展示、植民地支配とのかかわり、SF小説や映画の影響、第二次世界大戦中の苦難、展示のストーリー化、さらにはヴァーチャル・リアリティ技術とのハイブリッド化が進む最新の水族館事情など、古今東西...

定価3,024円(本体2,800円)

続 戦国武将逸話集(オンデマンド版)

今すぐ購入

続 戦国武将逸話集(オンデマンド版)

訳注『常山紀談』巻八~十五

湯浅常山 原著/大津雄一・田口寛 訳注

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-95442-2

武功の無い武士さえも見限ることなく励まし、人心を掌握した立花道雪。 主君・池田輝政のために、奇策を講じて命がけの任務に望んだ渡辺惣左右衛門。 人質になることを拒み、自ら壮絶な最期を遂げた細川ガラシャ。 敵中を突破して、関ヶ原を退いた島津義弘。 名だたる武将の逸話を集めた名著『常山紀談』より、九州平定...

定価2,916円(本体2,700円)

『古事記』『日本書紀』の最大未解決問題を解く

今すぐ購入

『古事記』『日本書紀』の最大未解決問題を解く

奈良時代語を復元する

安本美典 著

2018年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22560-7

当時の人々は『古事記』『日本書紀』を実際にはどのように発音していたのか? 八つの母音があったとされる古代日本語、そのすべてを解明する。 これであなたも奈良時代語が話せる!!...

定価3,456円(本体3,200円)