基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

社会科学


並べ替え

商品画像 書名-

文化大革命と日本人

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

文化大革命と日本人

「造反有理」からの50年

矢吹晋・土屋昌明・前田年昭 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22164-7

文革期に日本人によって発表されたテキストを詳細な解説とともに再読。日本人が文革という事件をいかに受け止めたかを当時の視点から見直すことで、これからの日中関係を考えるための定点を示す。...

定価8,640円(本体8,000円)

戦争社会学研究 第1巻 ポスト「戦後70年」と戦争社会学の新展開

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

戦争社会学研究 1

戦争社会学研究 第1巻 ポスト「戦後70年」と戦争社会学の新展開

戦争社会学研究会 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-23281-0

戦争や軍事は、人文社会科学にとって、私たち「人間」が群れを作り、他者と関わりながら自由と平等、秩序や安全を折りあわせる場である「社会」の存立そのものに関わる根本的な領域である。あまりに重要すぎて、すべてに透徹する真理、すべての人を納得させる原理・原則はないと考えた方がよい。私たちが自由な社会にいる以...

定価2,376円(本体2,200円)

「ウサギとカメ」の読書文化史

今すぐ購入

「ウサギとカメ」の読書文化史

イソップ寓話の受容と「競争」

府川源一郎 著

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-23052-6

明治時代に日本に輸入された「ウサギとカメ」はどのように受容され、どのような「教訓」が付されていったのか。 『イソップ寓話集』の享受の様相をたどると同時に、教育に係わる様々な「競争」の話題とをより合わせて読書と教育の問題を考える。...

定価2,592円(本体2,400円)

博士になったらどう生きる?

今すぐ購入

博士になったらどう生きる?

78名が語るキャリアパス

栗田佳代子 監修/吉田塁・堀内多恵 編

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-23056-4

ポスドク問題、高学歴ワーキングプア…。 不安の時代に、先輩たちの辿った道をたずねる。各分野78名のインタビューから、今しなければいけないこと、そして、未来を拓くヒントが見えてきた。 【推薦のことば】 才能とは執念、しぶとい持続力だ。でも、同時にキャリアを築いていくにはモデルや戦略も必要なのだ。本書は...

定価1,944円(本体1,800円)

現代中国と市民社会

今すぐ購入

現代中国と市民社会

普遍的《近代》の可能性

石井知章・緒形康・鈴木賢 編

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-23053-3

多様かつ複雑な思想史的背景をもつ中国の市民社会論を、歴史的現実を踏まえつつ理論的に再検討する。この共通テーマをめぐっては、いまだに戦後日本の社会科学を代表する市民社会論との理論的「接点」がまったく見出せていない。 日中間の社会科学者による共同作業を通し、市民社会をめぐる言説空間を構築する。...

定価8,100円(本体7,500円)

「慰安婦」問題の言説空間

今すぐ購入

「慰安婦」問題の言説空間

日本人「慰安婦」の不可視化と現前

木下直子 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-23055-7

〈従軍慰安婦問題〉が1990年頃に日韓の政治的な問題として表面化した一方で、日本人「慰安婦」は「加害国の被害者」という立場ゆえこれまで可視化されていなかった。 雑誌や新聞記事などのメディア表象や運動資料を分析し、「慰安婦」を語る言説が、「被害者」「加害者」像を形成し、忘却を伴いつつも、「慰安婦」問題...

定価4,536円(本体4,200円)

子どもを産む・家族をつくる人類学

今すぐ購入

子どもを産む・家族をつくる人類学

オールターナティブへの誘い

松岡悦子 編

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-23044-1

グローバル化した現代社会において、子どもを産むこと、家族をつくることは1つの国の中だけで完結しない、世界的な視野で考えねばならないテーマになっている。 多彩なリプロダクションの現象を盛り込み、人類学的視点からリプロダクション、国家、文化、医療の関係を探る。...

定価3,456円(本体3,200円)

戦時上海グレーゾーン

今すぐ購入

アジア遊学 205

戦時上海グレーゾーン

溶融する「抵抗」と「協力」

堀井弘一郎・木田隆文 編

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-22671-0

40を超える国の人びとが居住していた国際都市・上海は、1937年8月の侵攻によって、日本の占領下におかれた。それから終戦まで、日本人は、中国人は、世界各国から上海にたどり着いた人びとは、どのような政治的・文化的な空間に置かれたのか。 戦時期の上海を、人びとが出会い、交流し、接触する「場」=コンタクト...

定価2,592円(本体2,400円)

夢と表象

今すぐ購入

夢と表象

眠りとこころの比較文化史

荒木浩 編

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-29137-4

我々はなぜ夢を見るのか。この夢はいったい何を象徴しているのか。 「夢」をめぐる議論は洋の東西、そして時代を問わず、人びとの心を悩ませてきた。 睡眠の夢、ビジョンとしての夢、そして比喩としての夢―。 多様に存する「夢」は、いかなるかたちで、今日へと歴史を刻んできたのか。 そして、人びとはどのように夢の...

定価8,640円(本体8,000円)

日本人の精神性を論じる

今すぐ購入

加瀬英明著作選集 2

日本人の精神性を論じる

加瀬英明 著

2016年12月 刊行 ISBN:978-4-585-23162-2

和を尊び、自然界と一体化する日本人の考え方はどこからきたのか? 江戸時代に養われた「徳の精神」から、現代の「個性」まで、日本人の精神性のルーツをたどる『個性の時代』『徳の国富論』『ジョン・レノンはなぜ神道に惹かれたのか』の3作品を収録する。...

定価3,456円(本体3,200円)