基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

東洋文学


並べ替え

商品画像 書名-

全訳 封神演義 第一巻

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

全訳 封神演義 第一巻

二階堂善弘 監訳/山下一夫・中塚亮・二ノ宮聡 訳

2017年9月 刊行 ISBN:978-4-585-29641-6

中国古典神怪小説の集大成『封神演義』。 現在でも信仰され愛される哪吒や楊戩(二郎神)など神仙たちが登場し、姜子牙(太公望)が悪逆非道の紂王・妲己を打倒する。 ※『封神演義』(ほうしんえんぎ )とは 中国明代に成立した神怪小説。『商周演義』、『封神伝』、『封神榜』、『封神榜演義』ともいう。史実の殷周易...

定価3,456円(本体3,200円)

男色を描く

今すぐ購入

男色を描く

西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

染谷智幸・畑中千晶 編

2017年8月 刊行 ISBN:978-4-585-23058-8

日本の古典における男色の世界、二次創作、「萌え」の共振、そしてアジアにおけるBL解釈からLGBT事情まで、時代や国の中で変化していく、恋愛・性愛の多様性を探る。...

定価2,376円(本体2,200円)

貶謫文化と貶謫文学

今すぐ購入

貶謫文化と貶謫文学

中唐元和期の五大詩人の貶謫とその創作を中心に

尚永亮 著/愛甲弘志・中木愛・谷口高志 訳

2017年7月 刊行 ISBN:978-4-585-29100-8

貶謫…降格され遠地に流されること。 その苦難の中で、我が身の不遇をかこちながらも詩を詠み続けた唐代元和期の五大詩人。 この時代に傑出した詩が百花繚乱の様相を呈した背景に、貶謫という苦難とそれを乗り越えようとする生命力のせめぎ合いがあったのではないか―。 彼らの詩を丹念に読み解きその事跡を追いながら、...

定価14,580円(本体13,500円)

日本「文」学史 第二冊 A New History of Japanese “Letterature” Vol.2

今すぐ購入

日本「文」学史 2

日本「文」学史 第二冊 A New History of Japanese “Letterature” Vol.2

「文」と人びと―継承と断絶

河野貴美子/Wiebke DENECKE/新川登亀男/陣野英則/谷口眞子/宗像和重 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29492-4

古代から近代初頭の日本において「文」は人びとをつなぐ知的システムとして重要な機能を果たすものであった。 「文」はいかなる人びとに担われ、いかなる社会のなかで流通していったのか。人びとはどのように「文」に関わり、「文」を具現化してきたのか。 コミュニケーションを成立させる「発信者」、「メッセージ」、「...

定価4,104円(本体3,800円)

東アジアの仏伝文学

今すぐ購入

東アジアの仏伝文学

小峯和明 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29131-2

仏教の創始と展開に応じて、アジア各地に広まり、地域や時代ごとに多種多彩に再創造を繰り返し、受け継がれてきた仏伝文学。 古代のみならず、中世から近現代まで幅広く、その展開を捉え、中国、朝鮮半島、日本、ベトナムなど、東アジアの漢字漢文文化圏に共有された文化・文学の意義を検証する。...

定価15,120円(本体14,000円)

中国史書入門 現代語訳 隋書

今すぐ購入

中国史書入門 現代語訳 隋書

中林史朗・山口謠司 監修/池田雅典・大兼健寛・洲脇武志・田中良明 訳

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29611-9

二十四史と呼ばれる中国歴代王朝史(正史)。 既に「史記」や「三国志」などは全文が現代語訳されたものが出版されているが、日本と関係が深まりつつあった時代の「隋書」の現代語訳を行った。従来は日本に関連する事項や専門的記述のみが現代語訳されることの多かった「隋書」から、その本質部分である本紀(皇帝の伝記)...

定価4,536円(本体4,200円)

東アジアの女性と仏教と文学

今すぐ購入

アジア遊学 207

東アジアの女性と仏教と文学

張龍妹・小峯和明 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22673-4

『蜻蛉日記』『枕草子』『源氏物語』…。 平安の頃から連綿と続く「女性の文学」。その物語や日記には高い思想性が見られ、その裏打ちとして仏教(信仰)が通底している。 近年のジェンダー研究の隆盛を受けて関心の高まる女性と文学、そして仏教との関わりを、東アジア全体に視野を広げながら論じる。...

定価3,024円(本体2,800円)

改訂新版 中国学入門

今すぐ購入

改訂新版 中国学入門

中国古典を学ぶための13章

二松學舎大学文学部中国文学科 編

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-20056-7

中国の文学・歴史・思想・芸術などの文化を研究する「中国学」。 歴史をひもとけば分かるように、私たちの精神や思想の背景には、広く中国や朝鮮半島など東アジアからの影響がある。中国学を学ぶことは、自分自身を知ることにつながるだろう。 古代から20世紀にいたる中国文化の展開や日本における影響を概観し、その豊...

定価1,728円(本体1,600円)

日朝古典文学における男女愛情関係

今すぐ購入

日朝古典文学における男女愛情関係

17~19世紀の小説と戯曲

山田恭子 著

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-29143-5

17~19世紀の日朝古典文学における男女の愛情関係を比較することで、両国の文学の特徴、社会・文化・宗教的背景までをあぶりだす。 今までの閉塞した両国の比較文学研究の枠を超え、新たな視点による相互理解の礎を築く。...

定価8,640円(本体8,000円)

昭和文学の上海体験

今すぐ購入

昭和文学の上海体験

大橋毅彦 著

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-29140-4

金子光晴・横光利一から池田克己・室伏クララまでの小説や詩、多彩な演目がかかった劇場空間や美術と文学との交響のドラマなど、その地に関わりを持った人びとの言説と記録から個別の体験を探り、文学・歴史研究における上海像の見直しを図る。 一つ一つの小さな声が織りなす多層的な場としての上海を、度重なる現地踏査を...

定価6,480円(本体6,000円)