基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

日本史(近現代)


並べ替え

商品画像 書名-

文化大革命と日本人

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

文化大革命と日本人

「造反有理」からの50年

矢吹晋・土屋昌明・前田年昭 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22164-7

文革期に日本人によって発表されたテキストを詳細な解説とともに再読。日本人が文革という事件をいかに受け止めたかを当時の視点から見直すことで、これからの日中関係を考えるための定点を示す。...

定価8,640円(本体8,000円)

忍者の誕生

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

忍者の誕生

吉丸雄哉・山田雄司 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22151-7

「忍者」をモデルにした小説・マンガなどは多くあるが、実際の忍者たちはどのようなものだったのか。忍術書などから忍者の戦術・精神性を探り、日中における忍者(的な存在)にも言及する。 また、現代における「忍者像」はどのようにして形成され、中国・韓国などでどう受容されているのか。 忍術書・忍具、アジア圏の忍...

定価3,888円(本体3,600円)

文化財としてのガラス乾板

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

文化財としてのガラス乾板

写真が紡ぎなおす歴史像

久留島典子・高橋則英・山家浩樹 編

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22173-9

明治20年代から半世紀以上にわたり産業・学術等の分野を問わず、広く活用されてきた記録媒体、ガラス乾版。 フィルム、そしてデジタル撮影という時代を経て、顧みられることのない存在として遇されてきたが、近年、写真資料として、また、歴史史料としてガラス乾板の持つ文化的価値が見出されてきた。 いまなお各所に残...

定価4,104円(本体3,800円)

日本犬の誕生

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

日本犬の誕生

純血と選別の日本近代史

志村真幸 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-22172-2

「絶滅危機にある日本犬を守らねばならない」 日本固有の犬種の保護・飼育を目指して発足した平岩米吉らの日本犬保存会。 彼らは、真正なる「日本犬」の姿を追い求め、淵源を探り、7つの犬種を天然記念物に指定することで、純血種の保存をはかっていった。 しかし、そこには排除と選択の論理のなかで創り出された「日本...

定価2,592円(本体2,400円)

「慰安婦」問題の言説空間

今すぐ購入

「慰安婦」問題の言説空間

日本人「慰安婦」の不可視化と現前

木下直子 著

2017年3月 刊行 ISBN:978-4-585-23055-7

〈従軍慰安婦問題〉が1990年頃に日韓の政治的な問題として表面化した一方で、日本人「慰安婦」は「加害国の被害者」という立場ゆえこれまで可視化されていなかった。 雑誌や新聞記事などのメディア表象や運動資料を分析し、「慰安婦」を語る言説が、「被害者」「加害者」像を形成し、忘却を伴いつつも、「慰安婦」問題...

定価4,536円(本体4,200円)

偉人崇拝の民俗学

今すぐ購入

偉人崇拝の民俗学

及川祥平 著

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-23051-9

歴史上の人物は、共同体の記憶の中で変容し伝説化していく。 地元の英雄として、そして神として立ち現れる過程において、人々は彼らに何を託すのか。 武田信玄、徳川家康、楠木正成らを祀る神社や史蹟、祭礼を丹念に検証し、赤穂四十七士や大岡越前らの表象の現在に迫る。...

定価6,696円(本体6,200円)

戦時上海グレーゾーン

今すぐ購入

アジア遊学 205

戦時上海グレーゾーン

溶融する「抵抗」と「協力」

堀井弘一郎・木田隆文 編

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-22671-0

40を超える国の人びとが居住していた国際都市・上海は、1937年8月の侵攻によって、日本の占領下におかれた。それから終戦まで、日本人は、中国人は、世界各国から上海にたどり着いた人びとは、どのような政治的・文化的な空間に置かれたのか。 戦時期の上海を、人びとが出会い、交流し、接触する「場」=コンタクト...

定価2,592円(本体2,400円)

評伝田中清玄 昭和を陰で動かした男

今すぐ購入

評伝田中清玄 昭和を陰で動かした男

大須賀瑞夫 著/倉重篤郎 編集

2017年2月 刊行 ISBN:978-4-585-22168-5

「田中清玄自伝」を世に問うて20年余、気鋭のライターが今度は「評伝」に描く、「昭和の志士」。 影のフィクサーと呼ばれた男が、どう生まれ、どう育ったのか。何が彼を戦前の武装共産党委員長にし、獄中転向させたのか。 反共主義者としての戦い、昭和天皇との邂逅、スハルトら国際石油人脈の形成、鄧小平、オットー大...

定価3,456円(本体3,200円)

夢と表象

今すぐ購入

夢と表象

眠りとこころの比較文化史

荒木浩 編

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-29137-4

我々はなぜ夢を見るのか。この夢はいったい何を象徴しているのか。 「夢」をめぐる議論は洋の東西、そして時代を問わず、人びとの心を悩ませてきた。 睡眠の夢、ビジョンとしての夢、そして比喩としての夢―。 多様に存する「夢」は、いかなるかたちで、今日へと歴史を刻んできたのか。 そして、人びとはどのように夢の...

定価8,640円(本体8,000円)

平和の海と戦いの海

今すぐ購入

平川祐弘決定版著作集 6

平和の海と戦いの海

二・二六事件から「人間宣言」まで

平川祐弘 著

2017年1月 刊行 ISBN:978-4-585-29406-1

第一部では、二・二六事件の前夜、駐日米国大使ジョーゼフ・グルーの夕食会に集った齋藤實夫妻と鈴木貫太郎大将、それにグルー自身を中心にして、これらの人々が第二次大戦中に行った平和への貴重な努力を、日米双方の史料の裏づけによって跡づける。 第二部は、ポツダム宣言受諾に際して日本が条件として示した天皇制の護...

定価4,104円(本体3,800円)