基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

東洋史


並べ替え

商品画像 書名-

文化大革命と日本人

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

文化大革命と日本人

「造反有理」からの50年

矢吹晋・土屋昌明・前田年昭 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22164-7

文革期に日本人によって発表されたテキストを詳細な解説とともに再読。日本人が文革という事件をいかに受け止めたかを当時の視点から見直すことで、これからの日中関係を考えるための定点を示す。...

定価8,640円(本体8,000円)

古文書料紙論叢

今すぐ購入

古文書料紙論叢

湯山賢一 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22184-5

古文書は歴史学における基本史料として、連綿と研究が積み重ねられてきた。 しかし、その基底材たる料紙については、あまり顧みられることがなく、その研究・調査は等閑に付されてきたといっても過言ではない。 近年の研究の進展により料紙の持つ情報が、当該史料の位置付けを左右するほどに重要であることが明らかになっ...

定価18,360円(本体17,000円)

日本「文」学史 第二冊 A New History of Japanese “Letterature” Vol.2

今すぐ購入

日本「文」学史 2

日本「文」学史 第二冊 A New History of Japanese “Letterature” Vol.2

「文」と人びと―継承と断絶

河野貴美子/Wiebke DENECKE/新川登亀男/陣野英則/谷口眞子/宗像和重 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-29492-4

古代から近代初頭の日本において「文」は人びとをつなぐ知的システムとして重要な機能を果たすものであった。 「文」はいかなる人びとに担われ、いかなる社会のなかで流通していったのか。人びとはどのように「文」に関わり、「文」を具現化してきたのか。 コミュニケーションを成立させる「発信者」、「メッセージ」、「...

定価4,104円(本体3,800円)

日本古代交流史入門

今すぐ購入

日本古代交流史入門

鈴木靖民・金子修一・田中史生・李成市 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22161-6

ヒト・モノ・文化・情報の移動と定着、受容と選択を伴いつつ変容していく社会と共同体―。 日本列島の歴史はウチ/ソトに広がる多層的・重層的な関係性のもとに紡がれてきた。 1世紀~7世紀の古代国家形成の時期から、11世紀の中世への転換期までを対象に、37名の第一線の研究者により、さまざまな主体の織りなす関...

定価4,104円(本体3,800円)

歴史のなかの異性装

今すぐ購入

アジア遊学 210

歴史のなかの異性装

服藤早苗・新實五穂 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22676-5

衣服は身分や男女差を可視化できる故に、国家や社会による規制の対象とされることが多かった。異性装はいかなる社会的・文化的背景のもとで行われてきたのか。 日本とアジアを中心に、ヨーロッパ、アフリカなど諸国の異性装の事例を歴史・服飾・美術・ジェンダーなどの側面から照射し、女神の帰依・男巫の儀礼から同性愛・...

定価3,024円(本体2,800円)

水中文化遺産

今すぐ購入

水中文化遺産

海から蘇る歴史

林田憲三 編

2017年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22162-3

新しいフィールドの出現―。 現代の科学技術の進展が海底調査を可能にし、新たな発見が続出している。 沈没船や出土品が物語る人々の交流と衝突、海に沈んだ遺跡群から浮かぶ人々の営み、そしてお宝を漁るトレジャー・ハンターたち…。 最新の科学的知見を交えながら、水中文化遺産研究の最前線を伝える。...

定価3,024円(本体2,800円)

中国史書入門 現代語訳 隋書

今すぐ購入

中国史書入門 現代語訳 隋書

中林史朗・山口謠司 監修/池田雅典・大兼健寛・洲脇武志・田中良明 訳

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-29611-9

二十四史と呼ばれる中国歴代王朝史(正史)。 既に「史記」や「三国志」などは全文が現代語訳されたものが出版されているが、日本と関係が深まりつつあった時代の「隋書」の現代語訳を行った。従来は日本に関連する事項や専門的記述のみが現代語訳されることの多かった「隋書」から、その本質部分である本紀(皇帝の伝記)...

定価4,536円(本体4,200円)

思想史のなかの日本語

今すぐ購入

思想史のなかの日本語

訓読・翻訳・国語

中村春作 著

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-21041-2

古来、東アジア世界さらには西欧との異文化接触にさらされてきた日本。 人びとは文化的他者との邂逅の中で、その思想とことばを鍛え続け、日本の言語空間、そして「知」の制度を作り上げてきた。 そしてまた、この「他者」という問題意識は一方で「純粋な日本語」というものを創造する装置ともなっていた…。 近世から近...

定価3,024円(本体2,800円)

韓国・朝鮮史への新たな視座

今すぐ購入

韓国・朝鮮史への新たな視座

歴史・社会・言説

須川英徳 編

2017年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22171-5

徹底的な史料分析と体系的な歴史像の提示を軸に、言説形成・思想・制度・政策など社会・生活とを切り結ぶ視角より、前近代と現代を架橋する韓国・朝鮮史のパースペクティブを提示する。...

定価8,640円(本体8,000円)

忍者の誕生

今すぐ購入

忍者の誕生

吉丸雄哉・山田雄司 編

2017年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22151-7

「忍者」をモデルにした小説・マンガなどは多くあるが、実際の忍者たちはどのようなものだったのか。忍術書などから忍者の戦術・精神性を探り、日中における忍者(的な存在)にも言及する。 また、現代における「忍者像」はどのようにして形成され、中国・韓国などでどう受容されているのか。 忍術書・忍具、アジア圏の忍...

定価3,888円(本体3,600円)