基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

世界史


並べ替え

商品画像 書名-

戦国日本のキリシタン布教論争

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

戦国日本のキリシタン布教論争

高橋裕史 著

2019年5月 刊行 ISBN:978-4-585-22236-1

豊臣政権末期、日本布教の独占とその布教の在り方をめぐって論争を繰り広げたイエズス会(ポルトガル)とフランシスコ会(スペイン)。 その対立の根本的な要因とは何か。 布教方法、経済・軍事活動等に関する教皇文書を含む国内外の一次史料を読み解き、この論争が日本にもたらした影響を明らかにする。...

定価4,968円(本体4,600円)

森林と権力の比較史

今すぐ購入

森林と権力の比較史

松沢裕作 編

2019年2月 刊行 ISBN:978-4-585-22234-7

近代化の過程で、森林という空間の統治・利用をめぐって、人間と人間との関係はいかに調整・構築されたのか。 ドイツ、中国、日本、仏領インドシナそれぞれの歴史的社会における統治権力の形態とそれに規定される諸権利の分配のあり方に着目。 それらを相互に比較することにより、権利を支えるシステムが成立する歴史的・...

定価7,560円(本体7,000円)

アジアとしてのシベリア

今すぐ購入

アジア遊学 227

アジアとしてのシベリア

ロシアの中のシベリア先住民世界

永山ゆかり・吉田睦 編

2018年12月 刊行 ISBN:978-4-585-22693-2

ユーラシア大陸北部に広がる極寒の大地として知られるシベリア。ロシアの一地域としてのシベリアとそこに生きる「シベリア先住民」を中心とする住民は、ロシア帝国からの植民地主義に基づくまなざしによって成立した。 しかし、先史時代から厳しくも豊潤とすらいえる資源を擁する環境に適応し、多様で固有の文化を形成して...

定価3,024円(本体2,800円)

アジアの戦争と記憶

今すぐ購入

アジアの戦争と記憶

二〇世紀の歴史と文学

岩崎稔・成田龍一・島村輝 編

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22211-8

二つの世界大戦から、インド独立運動、朝鮮戦争、ベトナム戦争、沖縄返還など、アジア激動の20世紀を捉え直す。 作家や知識人が残した言葉から、友好と対立が入り乱れる戦後の日中韓関係史を整理、戦後に忘却された東アジアの歴史を浮かびあがらせる。 ナショナリズムとグローバリズムという二つの普遍主義を問い直し、...

定価4,968円(本体4,600円)

水族館の文化史

今すぐ購入

水族館の文化史

ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界

溝井裕一 著

2018年6月 刊行 ISBN:978-4-585-22210-1

ひとが「魚を見ること」にはどんな意味が秘められているのか。 古代の養魚池文化にはじまり、黎明期の水族館のユニークな展示、植民地支配とのかかわり、SF小説や映画の影響、第二次世界大戦中の苦難、展示のストーリー化、さらにはヴァーチャル・リアリティ技術とのハイブリッド化が進む最新の水族館事情など、古今東西...

定価3,024円(本体2,800円)

フランスの神話と伝承

今すぐ購入

勉誠選書

フランスの神話と伝承

篠田知和基 著

2018年5月 刊行 ISBN:978-4-585-23406-7

蛇女メリュジーヌ、魔女、ガルガンチュアから赤ずきん、青ひげ、星の王子様まで… 時に恐ろしく、時に滑稽で、妖艶な神々や妖精の活躍を読み解く!...

定価1,620円(本体1,500円)

「神話」を近現代に問う

今すぐ購入

アジア遊学 217

「神話」を近現代に問う

植朗子・南郷晃子・清川祥恵 編

2018年4月 刊行 ISBN:978-4-585-22683-3

近代以降の神話は、それ自体が単に固有の宗教的伝統や民族性を語る重要性を持つのみならず、あらたに創作される文学の淵源として、つねに今日的な語りと関連づけて参照され、地域・時代に限定されない(あるいは、意図的に限定された)意義を持ちうる概念へと発展していった。 整備され、「神話体系」からこぼれ落ちたり、...

定価2,700円(本体2,500円)

HERITEX Vol.2

今すぐ購入

HERITEX Vol.2

特集1 文化遺産としての朝鮮通信使/特集2 前近代社会における知の伝達方法/特集3 聖なるもののイメージとマテリアリティ/特集4 プトレマイオス朝エジプトの採石場におけるグラフィティと知の伝達

名古屋大学人文学研究科人類文化遺産テクスト学研究センター 編

2017年11月 刊行 ISBN:978-4-585-23222-3

アーカイブス・物質文化・視角文化の3つの視角を軸に、統合テクスト学の知見より人文学研究の新たなステージを示す。 特集1 文化遺産としての朝鮮通信使 日韓国交正常化50周年を記念して、名古屋市蓬左文庫では、特別展「豊かなる朝鮮王朝の文化―交流の遺産」を開催した。人類文化遺産テクスト学研究センターはこれ...

定価1,944円(本体1,800円)

地域から考える世界史

今すぐ購入

地域から考える世界史

日本と世界を結ぶ

桃木至朗 監修/藤村泰夫・岩下哲典 編

2017年11月 刊行 ISBN:978-4-585-22191-3

グローバル化、多文化共生の時代だからこそ、地域を見つめる視点が求められる。 列島各地に世界史を見出す多彩な事例と取り組みを紹介。 暗記中心ではない、生きた学びを実現する新たな歴史教育のアイデアとモデルを提示。...

定価4,536円(本体4,200円)

踊る裸体生活

今すぐ購入

踊る裸体生活

ドイツ健康身体論とナチスの文化史

森貴史 著

2017年10月 刊行 ISBN:978-4-585-22190-6

健康で清潔な身体は美しい―。そんな価値観は、いつどのように生まれたのか。 19世紀末、ドイツを中心に広がった〈裸体文化〉は、自然療法などの医学や、モダンダンスなどの芸術とともに、新しい生活様式として受容されていった。一方で、優性思想や民族主義にも結びついて、ナチズムとも密接にかかわっていく…。  自...

定価2,592円(本体2,400円)