基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

チュウゴクモダニズムブンガクノセカイ

中国モダニズム文学の世界

一九二〇、三〇年代上海のリアリティ

城山拓也 著

定価 7,020円 (本体6,500円) 在庫あり

数量:

穆時英、張資平、劉吶鴎、戴望舒、郭建英…。
1920~30年代のモダニズム作家が紡いだ「小さな物語」から、新しい文学の可能性を探る

新しい表現の形を模索した作家たちは、上海にどんな〈リアリティ〉を見たのか、どんな世界観・歴史観を抱いていたのか。
小説、詩、エッセイや漫画の表現を読み解き、また出版事情とその受容を考察することで、既存の中国近代文学史をラディカルに組み替える。

    ISBN 978-4-585-29079-7 Cコード C3098
    刊行年月 2014年10月 判型・製本 A5判・上製  432 頁
    キーワード 中国, 評論, 近代

    目次

    プロローグ
    序 章 中国モダニズム文学研究の可能性
    第一章 張資平と憧れの近代―『資平小説集』と『資平自選集』
    第二章 劉吶鴎の出版事業―第一線書店から水沫書店までの歩み
    第三章 戴望舒と詩のイリュージョン―『私の記憶』から『望舒草』へ 
    第四章 穆時英にみる小説の可能性―『南北極』、『公墓』、『プラチナの女体模型』を中心に
    第五章 郭建英と文学のファッション化―一九三四年の『婦人画報』 
    終 章 中国モダニズム文学の変容―『小説』、『文芸画報』、『六芸』をめぐって
    エピローグ 
    あとがき

    編著者プロフィール

    城山拓也(しろやま・たくや)
    大阪市立大学等・非常勤講師。大阪市立大学大学院を単位取得退学。「1920、30年代中国モダニズム文学にみる表現の変遷」で同大学院から博士(文学)授与。
    主な著作に、「中国モダニズム文学研究の可能性」(『野草』第91号、中国文芸研究会、2013年)、「張資平ともう一つの中国新文学―『資平自選集』をめぐって」(『アジア遊学』第167号、勉誠出版、2013年)などがある。