基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ヘリテックス ニ

HERITEX Vol.2

特集1 文化遺産としての朝鮮通信使/特集2 前近代社会における知の伝達方法/特集3 聖なるもののイメージとマテリアリティ/特集4 プトレマイオス朝エジプトの採石場におけるグラフィティと知の伝達

名古屋大学文学研究科人類文化遺産テクスト学研究センター 編

定価 1,944円 (本体1,800円) 在庫あり

数量:

人類にとってかけがえのない文化の遺産すべてをテクストとしてとらえ、その創造や意義をテクストとして読み解く―

アーカイブス・物質文化・視角文化の3つの視角を軸に、統合テクスト学の知見より人文学研究の新たなステージを示す。


特集1 文化遺産としての朝鮮通信使
日韓国交正常化50周年を記念して、名古屋市蓬左文庫では、特別展「豊かなる朝鮮王朝の文化―交流の遺産」を開催した。人類文化遺産テクスト学研究センターはこれに共済として協力し、蓬左文庫所蔵の朝鮮本の白眉『高麗史節要』のデジタル・アーカイヴス化を行い、成果を提供した。それと同時に、日韓の歴史的な文化交流の焦点である朝鮮通信使をめぐる文化遺産とその記憶、そして影響の種々相について、アメリカと韓国および日本におけるこの分野の第一人者に、それぞれご自身の研究史を回顧しつつ、新たな発見を提示していただいた。

特集2 前近代社会における知の伝達方法
人類文化遺産テクスト学研究センターは、その発足にあたって著名なエジプト学者であるベルリン自由大学のヨヘム・カール教授をお迎えして、オープニング・コロキアム「全近代社会における知の伝達方法」を開催した(2014年4月19日)。このコロキアムでは、カール教授の招聘講演に続いて、名古屋大学の和田壽弘教授、安部泰郎教授による公演が行われたが、この特集はこれらの講演の報告に古代ギリシアの事例報告を追加する形で構成されている。時空を異にする四つの文明社会における知の伝達方法をめぐる議論は、今後のセンターの活動の方向性にも大きな示唆を与えるものとなろう。

特集3 聖なるもののイメージとマテリアリティ
本特集は、宗教において志向される〈聖なるもの〉の形象を、諸分野の学術的知見を結集して捉え直すものである。様々な宗教の展開の中で、現実を越えた〈聖なるもの〉が常に物質性に根ざして発現する。またそれらは、文字・図像・身体・聖遺物・音声・建築・都市空間といった多様な要素によって織りなされるテクストとして現出する。本特集では、様々な宗教実践の事例を分析・比較することを通して、こうした宗教における形象と物質性の問題についての、総合的な展望の獲得と考察の深化を目指す。

特集4 プトレマイオス朝エジプトの採石場におけるグラフィティと知の伝達
人類文化遺産テクスト学研究センターの物質文化部門では、ギリシアとエジプトを包摂する地中海世界を対象として、高度な古代文明の創造に寄与した知識の伝達と組織化のプロセスの解明に取り組んでいる。現在、このプロジェクトでは、口承・文字・図像という知識の伝達媒体のあり方を理論的な側面から考察する共同研究(科学研究費補助金基盤研究(A)「古代地中海世界における知の伝達の諸形態」研究代表者・周藤芳幸)のもと、アコリス考古学プロジェクト(代表者・川西宏幸)との連携を通じたエジプトにおける関係一次史料の蒐集を続けているが、本特集はその中間的な成果と将来に向けた展望の提示を目的として企画された誌上シンポジウムの報告である。

ISBN 978-4-585-23222-3 Cコード C3030
刊行年月 2017年11月 判型・製本 B5判・並製  288 頁
キーワード アジア, 世界史, 宗教, 文化史, 日本史, 民俗学, 美術

目次

人類文化遺産のイメージ【資格文化篇】
ゴシック聖堂と展示プログラム:多様な要素の空間的モンタージュ  

◎特集1 文化遺産としての朝鮮通信使
近世日本文化としての朝鮮通信使 ロナルド・トビ
異国情報のメディアとしての朝鮮通信使文学 朴賛基
訳官使の接待空間 池内敏

◎特集2 前近代社会における知の伝達方法
古代エジプトにおける知識の伝達 ヨヘム・カール(内山陽子・周藤芳幸訳)
古典インドにおける知識の伝達 和田壽弘
古代ギリシアにおける知識の伝達 周藤芳幸
知のトポスもしくはアーカイヴスとしての「宝蔵」―日本における〈知の遺産〉の形成と展開 安部泰郎

◎特集3 聖なるもののイメージとマテリアリティ
シャルトル大聖堂における展示プログラム―聖遺物・聖体・ステンドグラス 木俣元一
カッシーノ会聖堂の視覚プログラム―パルマ、サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ聖堂を事例として 百合草真理子
温泉の神と仏のマテリアリティ―走湯権現象をめぐって 阿部美香

◎特集4 プトレマイオス朝エジプトの採石場におけるグラフィティと知の伝達
ニュー・メニア採石場のギリシア語グラフィティと情報伝達 周藤芳幸
ニュー・メニア採石場におけるデモティックのグラフィティと情報伝達 内田杉彦
◎テクスト研究の先端  
ラモン・リバス氏の名古屋大学との邂逅 伊藤伸幸
エルサルバドルにおける文化遺産と国際協力 ラモン・リバス(市川彰訳)
プロセスとしての音楽知の映像化―インドネシア・バリ島の「スロンディン」撮影プロジェクトの実践から 野澤暁子
F for Foax―美術史の/における贋造 ヘンリ・キーゾル(岩谷秋美訳)

◎CHT Letter
人類文化遺産テクスト学研究センター 構成員紹介
人類文化遺産調査研究報告
江戸期における擬人化の発展について 伊藤信博
日韓テクスト文化遺産の共有から未来の学術交流へ 阿部泰郎
大須文庫聖教典籍の調査とアーカイヴ構築―経過報告を中心として 三好俊徳
村田正志「後村上天皇の琵琶湖秘曲相伝の史実」と岡本貞烋氏旧蔵「琵琶秘抄」について」 猪瀬千尋

人類文化遺産テクスト学研究センター 2015~6年度活動報告
アーカイヴス部門 阿部泰郎 
物質文化部門 周藤芳幸  
視覚文化部門 木俣元一  
刊行本の紹介  

欧文要旨 
執筆者紹介  
『HERITEX』要綱  
編集後記

関連書籍