基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

コダイニホントトウブユーラシアノコクサイカンケイ

古代日本と東部ユーラシアの国際関係

廣瀬憲雄 著

定価 8,640円 (本体8,000円) 在庫あり

数量:

諸勢力の思惑が交差する重層的な古代世界が見えてくる

外交文書と外交儀礼を丹念に読み解き、5~9世紀の倭国・日本の対隋・唐・新羅・百済政策の実態を明らかにし、古代日本の外交関係と東部ユーラシアの国際秩序を体系的に考究。
また、「東部ユーラシア」という新たな枠組みに基づき、柔然・突厥・吐蕃・回鶻・契丹など様々な遊牧勢力を含む地域全体を、独自の支配理念や国際秩序が多数存在する場として理解する新しい世界史像の可能性を示す。

ISBN 978-4-585-22223-1 Cコード C3020
刊行年月 2018年10月 判型・製本 A5判・上製  392 頁
キーワード アジア, 世界史, 交流史, 古代, 日本史

目次

東部ユーラシア地図

序 章 東部ユーラシアと東アジア―政治圏と文化圏の設定―

第一部 五代両宋/遼金時代の外交文書と国際関係
 第一章 隋唐五代両宋期における「致書文書」の再検討と五代十国の外交関係
 第二章 宋代東部ユーラシアにおける外交文書と国際関係

第二部 南北朝―隋代の東部ユーラシアと倭国
 第一章 五・六世紀東部ユーラシアの外交文書と外交儀礼―南北朝と柔然の事例から―
 第二章 倭の五王の冊封と劉宋遣使―倭王武を中心に―
 第三章 「日出処天子」外交文書再考―典故と翻訳の問題から―

第三部 唐の全盛期と倭国・日本の外交関係
 第一章 『日本書紀』皇極紀百済関係記事の再検討
 第二章 七世紀後半における倭国の外交儀礼
 第三章 七世紀後半から八世紀前半の倭国・日本―新羅関係

第四部 八・九世紀日本の外交関係と君臣秩序
 第一章 渤海の対日本外交文書について―六国史と『類聚国史』の写本調査から―
 第二章 九世紀日本の君臣秩序と辞官・致仕の上表―状と批答に注目して―

終章 日本―渤海間の擬制親族関係について―東部ユーラシアの視点から―

参考文献
初出一覧
あとがき
索引(Ⅰ 研究者名/Ⅱ 史料・書名/Ⅲ 事項)

編著者プロフィール

廣瀬憲雄(ひろせ・のりお)
1976年岐阜県生まれ。名古屋大学文学研究科博士後期課程修了。2010年名古屋大学高等研究院特任助教、2011年愛知大学助教、2013年同准教授。専門は日本古代史・東部ユーラシア対外関係史。
主な著書・論文に、『東アジアの国際秩序と古代日本』(吉川弘文館、2011年)、『古代日本外交史 東部ユーラシアの視点から読み直す』(講談社選書メチエ569、2014年)、「古代天皇の食事時刻と朝政制度 ―延喜年間の外交儀礼を手がかりに―」(古瀬奈津子編『東アジアの礼・儀式と支配構造』吉川弘文館、2016年)、「百済三書と『日本書紀』」(遠藤慶太他編『日本書紀の誕生 ―編纂と受容―』八木書店、2018年)などがある。

★広告情報
・「朝日新聞」(2018年10月6日)に全5段広告を掲載しました。