基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

コウコガクガトクコンメイノゲンダイ オウムジケンノホンシツ

考古学が解く混迷の現代 オウム事件の本質

竹岡俊樹 著

定価 2,160円 (本体2,000円) 在庫あり

数量:

なぜ、バブル時代の日本に「前近代」が復活したのか。
日本国民をサリンで皆殺しにするという「救済の論理」とそれを実践する組織はどのようにして生まれたのか。
彼らはどうして「国家」を作ったのか。
麻原とは何者か。彼は何を「証明」したのか。
彼らは再びやってくるのか。

ISBN 978-4-585-21050-4 Cコード C0014
刊行年月 2018年12月 判型・製本 四六判・上製  272 頁
キーワード 現代社会, 社会学, 考古, 近現代

目次

はじめに
第一章 入信・出家、そして修行
第二章 神秘現象
第三章 イニシエーションの方法
第四章 ハルマゲドンと救済
第五章 オカルトとオウム真理教
第六章 麻原への帰依
第七章 麻原彰晃とは何者か
第八章 先史学・考古学による解読
あとがき
〈オウム真理教関係年表〉
引用文献

編著者プロフィール

竹岡俊樹(たけおか・としき)
1950年京都府生まれ。明治大学史学地理学科卒業、東京教育大学日本史学科修士課程卒業、筑波大学歴史人類学研究科博士課程単位取得退学、パリ第6大学第4紀地質学博士課程修了。パリ第6大学博士。現職は共立女子大学非常勤講師。
著書に『石器研究法』、『日本民族の感性世界』、『図説日本列島旧石器時代史』、『旧石器時代人の歴史』、『旧石器時代文化研究法』、『石器・天皇・サブカルチャー』、『考古学崩壊』(筆者は「超能力者」が起こした「前期旧石器時代遺跡捏造」の告発者)など多数。

★広告情報
・「朝日新聞」(2018年11月17日)に全5段広告を掲載しました。
・「産経新聞」(2018年11月26日)に5段1/2広告を掲載しました。