基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

アジア遊学 202

ニホンカスルホケキョウ

日本化する法華経

浅田徹 編

定価 2,160円 (本体2,000円) 在庫あり

数量:

インドで撰述され、日本には漢訳された文献として伝来した『法華経』は、日本独自の展開をみせ、多方面で日本文化に深く関わりを持った。
芸能や儀礼、説話や和歌のなかに融け込み、さまざまな書写形態や音声によって伝えられ、絵画や一石経、絵経などに姿を変えながら浸透していった日本古典としての「法華経」の諸相を多角的に論じる。

ISBN 978-4-585-22668-0 Cコード C1315
刊行年月 2016年10月 判型・製本 A5判・並製  224 頁
キーワード 中古, 仏教, 平安, 美術

目次

はじめに―日本の典籍としての『法華経』 浅田徹

Ⅰ 日本に融け込む『法華経』
『法華経』と芸能の結びつき―聖徳太子伝・琵琶法師・延年 石井公成
法華経と和歌 山本章博
〈法華経儀礼〉の世界―平安時代の法華講会を中心に 舩田淳一
和化する法華経―『本朝法華験記』の表現と発想 馬駿
ベトナムと日本における法華経信仰―古典から探る グエン・ティ・オワイン

Ⅱ 日本の典籍としての『法華経』
書写と読誦―法華経の文字と声 浅田徹
日本漢字音史から見た法華経 肥爪周二
法華経と読経道―芸道としての法華経読誦 柴佳世乃
仮名書き経典について―伝西行筆法華経化城喩品切をめぐって 小島孝之
『日本霊異記』における『法華経』語句の利用 河野貴美子

Ⅲ 『法華経』のかたち
長松山本法寺蔵「法華経曼荼羅図」に見る
前代からの継承と新奇性 原口志津子
物語絵の上に書写された『法華経』 稲本万里子
経塚に埋納された法華経 時枝務
南部絵経―文字の読めないものたちの『法華経』信仰 渡辺章悟

編著者プロフィール

浅田徹(あさだ・とおる)
お茶の水女子大学教授。専門は和歌史・歌学史。
著書、論文に、『百首歌―祈りと象徴』(臨川書店、1999年)、『シリーズ 和歌をひらく』(共編書、全五巻、岩波書店、2005~6年)、「和歌と祈り―源氏供養・法門百首・宝物集など」(『平安朝文学研究』復刊二〇号、2012年)などがある。

シリーズ詳細

アジア遊学

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています