基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

白居易研究年報 16

ハクキョイケンキュウネンポウ ダイジュウロクゴウ

白居易研究年報 第16号

特集 仏教と文学

白居易研究会 編

定価 5,832円 (本体5,400円) 在庫あり

数量:

白居易は抗江州での左遷時代に仏教への傾倒を深める。仏教の聖地・盧廬山に草堂を造り、東林寺・西林寺の僧侶と交流し、晩年は洛陽の香山寺で仏教を学び、自らを「香山居士(こうざんこじ)」と号した。
本特集では、白居易の維摩経、禅、弥勒・阿弥陀信仰など多面的な広がりが見られる仏教への関心や僧侶との交流の実態、白居易の仏教思想が表れた作品と、日本の古典文学・詩作品への影響を明らかにする。

ISBN 978-4-585-07094-8 Cコード C3098
刊行年月 2016年1月 判型・製本 A5判・並製  424 頁
キーワード 中古, 中国, 古典, 比較文学, 漢文

目次

【特集 仏教と文学】
特集に寄せて 新間一美
白居易「以詩爲佛事」と『維摩経』―宋代への継承を視野に入れて― 澤崎久和
白居易における兼済と慈悲―龍門潭開鑿をめぐって― 中木愛 
白居易と唐代仏教―禅浄双修思想を手がかりとして― 中野方子
仏教信仰に捧げる絶唱―七十巻本白氏文集の成立経緯をめぐって―陳●
銭塘湖孤山寺の元稹・白居易と平安朝の文人 吉原浩人
白居易の弥勒信仰と平安文学―藤原道長の金峯山埋納経筒をめぐって― 北山円正 
源氏物語の「浮舟」と白居易の「浮生」―荘子から仏教へ― 新間一美 
平安時代の「長恨歌」受容と仏教―金沢文庫本『白氏文集』の訓から― 長瀬由美 
慈円『文集百首』考―新古今時代の白詩享受の一側面― 石川一 
日本中世禅林における白居易受容の特質について 太田亨 
戦後日本における「白居易と仏教」の研究 下定雅弘 

【投稿論文】韓城白氏世系考―「大唐故白府君墓誌銘」(白公濟)を資料として― 和田浩平
【投稿論文】川口松太郎『愛染かつら』における「長恨歌」の受容について 今井友子 
【書評】中木愛著『白居易の幸福世界』―幸福な古典研究のありかた― 中純子 
【新刊紹介】下定雅弘著『白居易と柳宗元―混迷の世に生の讃歌を―』 谷口匡 
【研究ノート】書名「文集」について 新間一美 
【研究ノート】『大明一統志』に見られる白居易の佚詩について 李成晴原著・橋本夏樹訳 
日本における白居易の研究―二○一三・二〇一四年― 下定雅弘・中木愛
【最近消息】白居易履道里故居のいま 内田誠一

*●は「羽+中」

シリーズ詳細

白居易研究年報

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています