基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

イズミシキブニッキ イズミシキブモノガタリ ホンモンシュウセイ

『和泉式部日記/和泉式部物語』本文集成

岡田貴憲・松本裕喜 編

定価 18,360円 (本体17,000円) 予約商品

Preorder:
2017/10/31

数量:


この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

平安時代日記文学研究における基礎資料

平安時代日記文学の代表的作品の一つとして広く認知されている『和泉式部日記/和泉式部物語』。
その現存する主要伝本19本の本文を網羅的に集成、全四系統にわたる複雑な本文異同の全容を、高い利便性の下に学界へ提供する。
巻末には、各伝本の奥書・識語・刊記・巻末勘物の一覧を収載、さらに収録伝本の書誌および未収録伝本の一覧を附した。
本書を総合的に活用することにより『和泉式部日記/和泉式部物語』諸伝本の全体像について迅速に把握することを可能とする。

ISBN 978-4-585-29155-8 Cコード C3091
刊行年月 2017年10月 判型・製本 A5判・上製  744 頁
キーワード 中古, 古典, 平安

編著者プロフィール

岡田貴憲(おかだ・たかのり)
1985年生まれ。日本学術振興会特別研究員PD(法政大学)・法政大学兼任講師。専門は平安時代の日記・物語。
著書に『『和泉式部日記』を越えて』(勉誠出版、2015年)、『ひらかれる源氏物語』(共編、勉誠出版、2017年)、論文に「『源氏物語』帚木巻試論―光源氏は「なよ竹」を折ったか―」(『中古文学』第97号、2016年6月)などがある。


松本裕喜(まつもと・ゆうき)
1988年生まれ。北海道大学大学院文学研究科共同研究員。専門は中古文学の注釈的研究。
論文に「『伊勢物語』六十三段「あひえてしかな」考―異本の有する古態性―」(『国語国文研究』第145号、2014年6月)、「『伊勢物語』四十四段段末本文考」(『国語国文』第85巻第1号、2016年1月)、「『源氏物語』から『伊勢物語』へ―「帚木」巻・指喰いの女のエピソードをめぐって―」(『ひらかれる源氏物語』勉誠出版、2017年)などがある。