基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

神奈川大学日本常民文化研究所非文字資料研究センター「戦時下日本の大衆メディア」研究班 代表・安田常雄 編著

定価 3,780円 (本体3,500円) 予約商品


この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

ISBN Cコード C0070
刊行年月 2018年3月 判型・製本 A4判・並製  472 頁
キーワード 戦争, 文化史, 昭和, 美術, 近代

編著者プロフィール

安田常雄(やすだ・つねお)
東京大学経済学研究科博士課程単位取得退学。経済学博士(東京大学)。専攻は日本近現代思想史。電気通信大学教授、国立歴史民俗博物館教授、同・副館長(研究総主幹)、思想の科学研究会会長を経て、神奈川大学歴史民俗資料学研究科特任教授。非文字資料研究ンセンター研究員。
主な編著書に、『日本ファシズムと民衆運動』(れんが書房新社、1979年)、『出会いの思想史:渋谷定輔論』(勁草書房、1981年)、『暮らしの社会思想』(勁草書房、1987年)(以上単著)、『戦後経験を生きる:近現代日本社会の歴史』(吉川弘文館、2003年)(共著)、『シリーズ戦後日本社会の歴史(全4巻)』(岩波書店、2012-13年)(編著)、『東アジアの知識人(全5巻)』(有志舎、2013-14年)(共編著)、『日本生活史辞典』(吉川弘文館、2016年)(共編)ほか。