基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

アキハギジョウノソウゴウテキケンキュウ

秋萩帖の総合的研究

今野真二 編

定価 10,800円 (本体10,000円) 在庫あり

数量:

その「美」は、いつ・だれが・どのように「書」き、どう解釈されてきたのか―

「草仮名」をめぐる文字・表記史の問題から、日中の書学・書道史、書誌学、日本文学、文字コードにいたるまで、『秋萩帖』を再検討し、新たなスタンダードと資料研究の可能性を提示する画期的論文集!

ISBN 978-4-585-28044-6 Cコード C3081
刊行年月 2018年10月 判型・製本 A5判・上製  424 頁
キーワード 中古, 古典, 国語学, 平安, 日本語, 書道, 美術

目次

カラー口絵
まえがき 今野真二
「秋萩帖」研究史 小野春菜
仮名であることと「秋萩帖」 佐藤栄作
「万葉仮名」と『秋萩帖』 乾善彦
使用字母からみた「秋萩帖」の仮名 長谷川千秋
『秋萩帖』の書写者と作者について―円堂点成立の背景に及ぶ
宇都宮啓吾
『秋萩帖』の和歌について―出典未詳歌の検討を中心に 浅田徹
「秋萩帖」における美的感受―「和」と「草」のもつ意味を中心に
萱のり子
中国書法から見た「秋萩帖」草仮名書法について―その成立背景をめぐって
下野健児
近世における『秋萩帖』模刻本について 内田宗一
学術情報交換用変体仮名と「秋萩帖」 當山日出夫
『秋萩帖』の諸相 今野真二
翻刻と釈文 浅田 徹
漢字索引 小野春菜
あとがき 今野真二
執筆者一覧
索引

編著者プロフィール

今野真二(こんの・しんじ)
1958年生まれ。清泉女子大学日本語日本文学科教授。専門は日本語学。室町時代、明治時代を軸に日本語の歴史、表記を主に扱う。
主な著書に、『仮名表記論攷』(清文堂出版、2001年、第30回金田一京助博士記念賞受賞)、『百年前の日本語―書きことばが揺れた時代―』(岩波新書、2006年)、『文献日本語学』(港の人、2009年)、『図説 日本語の歴史』(河出書房新社、2015年)、『ことばでたどる日本の歴史』(河出書房新社、2018年)、『『日本国語大辞典』を読む』(三省堂、2018年)などがある。

関連書籍

国宝 小川本 真草千字文

今すぐ購入
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

国宝 小川本 真草千字文

定価27,000円