基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

アジア遊学 231

チュウゴクウンナンノショショウブンカ

中国雲南の書承文化

記録・保存・継承

山田敦士 編

定価 3,024円 (本体2,800円) 予約商品

Preorder:
2019/03/31

数量:


この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

文字とテクストからみる雲南の歴史と現在、未来

中国雲南地域は、 中華世界、チベット世界、東南アジア世界の交差する場所に位置し、インド系文字、チベット系文字、漢字、ラテン文字、イ文字やトンパ文字などの多様な文字表記とテクスト、それに基づく豊かな書承文化を発達させてきた。
これらのテクストには、記録物としての価値のみならず、 出版や保存、継承など、人間の社会活動そのものとしての側面がある。
本書では、こうした書承文化に焦点をあて、地域の歴史や文化の多様性・重層性のあり様を解明する。

ISBN 978-4-585-22697-0 Cコード C1322
刊行年月 2019年3月 判型・製本 A5判・並製  224 頁
キーワード 中国, 言語

目次

総論 雲南と書承文化 山田敦士

Ⅰ 少数民族の書承文化
ナシ族におけるテクスト―その形成と背景 黒澤直道
ナシ族歴史史料―非漢文史料から見えてくるもの 山田勅之
彝語・彝文の辞書について 清水享
徳宏タイ族社会における詩的オラリティの伝承活動―女性詩師ワン・シャンヤーの取り組み 伊藤悟
文字がもたらす権威の行方―中国雲南におけるラフ文字創設と口承文化の関わり
堀江未央
滄源ワ族自治県における書承文化―無文字社会における文字表記とテクストのゆくえ
山田敦士
大理白族の白文の形成とその用途 立石謙次
イスラーム教育におけるテクストの変容―回族の民族・宗教性の変化との関係から
奈良雅史
フォークロア概念の終焉―雲南ハニ族の伝承/伝統的知識と柳田国男 稲村務

Ⅱ 東南アジア・中華世界とのつながり
タイにおけるミエンの歌謡テクストと歌謡言語 吉野晃
雲南・四川南部の漢族・非漢民族の漢字文芸と文字信仰―中華圏周辺部の対聯・惜字炉「字庫塔」 川野明正
雲南下層社会への漢字リテラシーの普及―明清時代を中心として 西川和孝
民間文書の収集保存と地域資源化―貴州省東南部錦屏県における清水江文書
相原佳之
コラム◎シェンケーン文書―西北ラオスにおけるタム文字の使用 飯島明子
コラム◎イ族支配階層の漢文化適応 野本敬

編著者プロフィール

山田敦士(やまだ・あつし)
日本医療大学保健医療学部・准教授。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究員。専門は言語人類学。
主な著書・論文に『スガンリの記憶―中国雲南省ワ族の口頭伝承』(雄山閣、2009年)、Parauk Wa folktales:佤族(巴绕克)的民间故事(ILCAA、2007年)、「山地民にとっての文字:中国雲南省ワ族の事例から」(クリスチャン・ダニエルス編『東南アジア大陸部山地民の歴史と文化』、言叢社、2014年)などがある。

シリーズ詳細

アジア遊学