基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

シリョウガカタルノモンハンハイセンノシンジツ

史料が語るノモンハン敗戦の真実

阿羅健一 著

定価 2,160円 (本体2,000円) 予約商品

Preorder:
2019/08/31

数量:


この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

ノモンハンは大東亜戦争の縮図

ソ連・蒙古軍の仕掛けた「戦争」であり、関東軍が勝手に暴走、開戦した戦いではない。
関東軍と軍中央は、互いに任務を果たすべく、立場の違いから対立が生じた。
関東軍苦闘の最中、軍中央は不拡大方針で、ドイツに関心を向け、独ソ不可侵条約締結を見抜けず、関東軍は大敗したと思い込み、停戦の翌日の、ソ連のポーランド進攻計画を読めなかった。
スターリンの策略にしてやられた戦いだった。

ISBN 978-4-585-22250-7 Cコード C0020
刊行年月 2019年8月 判型・製本 四六判・並製  272 頁
キーワード 日本史, 昭和, 近現代

目次

まえがき
一 ノモンハン事件は戦争へと拡大した
二 日本とソ連の宿命の対立
三 昭和の陸軍の対ソ準備
四 ハルハ河での戦い勃発と展開
五 なぜ参謀本部と関東軍の対立が生じたのか
六 激変する世界情勢と日本外交
七 日本陸軍の敗因はどこにあったのか
八 ノモンハンの戦闘は何をもたらしたか
首脳たちの戦後の軌跡
主な参考資料

編著者プロフィール

阿羅健一(あら・けんいち)
昭和19年、仙台生まれ。東北大学文学部卒業。
会社員を経て、昭和57年の教科書誤報事件をきっかけに南京事件の調査を始める。月刊誌「正論」に調査を執筆し、その後、近現代史の研究まで広める。現在、南京戦の真実を追及する会・会長。
主な著書は、『ジャカルタ夜明け前』(勁草書房)、『再検証 南京で本当は何が起こったのか』(徳間書房)、『『南京事件』日本人48人の証言』(小学館)、『日中戦争はドイツが仕組んだ』(小学館)、『秘録・日本国防軍クーデター計画』(講談社)、『謎解き南京事件』(PHP)、『対談 吉田茂という反省』(杉原誠四郎との共著、自由社)。