基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

センゴクブショウノビガク

戦国武将の美学 (PDF版)
The Aesthetics of Japanese Warlords

北影雄幸 著

定価 2,052円 (本体1,900円) 在庫あり

ダウンロードファイル



「義は人の道なり。秀頼に二心あらん事、存じもよらず候」―真田幸村

「恥を知る」「名こそ惜しけれ」とか「げに潔し」といった戦国武将の心映えを象徴する言葉は心に綺羅を飾るということを前提としていた。戦場にのぞみ、心に綺羅を飾るという一点に自らの全存在を賭けた迫真の言葉、命の言葉から現代のリーダーは何を学ぶべきか。

ISBN 978-4-585-91501-0 Cコード C
刊行年月 2011年6月 判型・製本   頁
キーワード

編著者プロフィール

1949年東京生まれ。作家。早稲田大学卒。武士道と軍人精神にかかわる多くの著作がある。
主な著書に『義烈!南朝武士道』『実録・風林火山』『三島由紀夫と葉隠精神』『龍馬伝説』『特攻隊語録・命のことば』『これだけは読んでおきたい特攻の本』『日本人の品格』『日本人の勇気』など。
本書をはじめとする日本人の倫理を描くシリーズでは、危機に際しての生き様を歴史に学ぶ、透徹した日本人論を展開している。