基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

立松和平全小説 23

ショミンレツデン

庶民列伝

立松和平 著

定価 4,860円 (本体4,500円) 在庫あり

数量:

勝負の部屋にはいるなり、深沢さんも私もパンツ一つになった

「駆け出しの作家」である私は、『楢山節考』、『風流夢譚』の作家・深沢七郎と、寝食をともにしながら「小説書き競争」を行う。
「後にも先にもこんなに恐ろしい人に会うことはもうないだろうと思いたかった」先輩作家と過ごしたラブミー牧場での日々を描く表題作など、6編を収める連作小説集『ラブミー・テンダー』ほか、タダの人=庶民を主人公に人生の喜怒哀楽を描いた『下の公園で寝ています』『不憫惚れ』を収録。

ISBN 978-4-585-01291-7 Cコード C0393
刊行年月 2013年11月 判型・製本 A5判・上製  440 頁
キーワード 昭和, 近現代

目次

「ラブミー・テンダー」
「下の公園で寝ています」
「不憫惚れ」

編著者プロフィール

立松和平(たてまつ・わへい)
1947年栃木県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。
在学中に「自転車」で早稲田文学新人賞。卒業後、種々の職業を経験、故郷に戻って宇都宮市役所に勤務。1980(昭和55)年「遠雷」で野間文芸新人賞、1993(平成5)年『卵洗い』で坪田譲治文学賞、1997年『毒─風聞・田中正造─』で毎日出版文化賞、2002年歌舞伎座上演「道元の月」台本で大谷竹次郎賞、『道元禅師』で2007年泉鏡花文学賞、2008年親鸞賞を受賞。
2010年逝去。

シリーズ詳細

立松和平全小説