基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

立松和平全小説 24

オノレヲシンジテ

おのれを信じて

立松和平 著

定価 4,860円 (本体4,500円) 在庫あり

数量:

たとえお前が今はしらみの姿をしているからといって、軽ろんじられてはならない

のみとしらみの珍道中―。
五穀を断った「木喰戒」の僧の衣に取り付いて自らも修行をしているつもりの「のみ」と「しらみ」。
互いに罵り合い、助け合いながら、尊敬する上人と共に北へ南へ。
仏道とは何かを虫の目からユーモラスに描く表題作『木喰』。
他、戦争において「いかに敵を殺さないか」という自身の信念を貫く『軍曹かく戦わず』、不倫を契機に中年に至った「我が日常」を見つめ直す『寒紅の色』を収録。

ISBN 978-4-585-01292-4 Cコード C0393
刊行年月 2014年1月 判型・製本 A4判・上製  432 頁
キーワード 昭和, 近現代

目次

「木喰」
「軍曹かく戦わず」
「寒紅の色」

編著者プロフィール

立松和平(たてまつ・わへい)
1947年栃木県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。
在学中に「自転車」で早稲田文学新人賞。卒業後、種々の職業を経験、故郷に戻って宇都宮市役所に勤務。1980(昭和55)年「遠雷」で野間文芸新人賞、1993(平成5)年『卵洗い』で坪田譲治文学賞、1997年『毒─風聞・田中正造─』で毎日出版文化賞、2002年歌舞伎座上演「道元の月」台本で大谷竹次郎賞、『道元禅師』で2007年泉鏡花文学賞、2008年親鸞賞を受賞。
2010年逝去。

シリーズ詳細

立松和平全小説