基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

イノチノショヤ オンデマンドバン

いのちの初夜(オンデマンド版)

北條民雄 著

定価 1,620円 (本体1,500円) 在庫あり

数量:

生きることを放棄しても、なおそこには「生命だけ」の生が燦然として続くという事実。
戦後文学が描いたさまざまな極限状況でも見ることのなかった、もう一つの極限状態、人間の真実。
それは高齢化社会の現実でもある。夭折の作家が生きる意味を問う。

*『いのちの初夜』(ISBN: 978-4-585-01243-6)(2010年2月刊行)のオンデマンド版となります。

ISBN 978-4-585-91243-9 Cコード C0095
刊行年月 2018年8月 判型・製本 四六判・並製  144 頁
キーワード 戦争, 近現代

目次

いのちの初夜
望郷歌
吹雪の産声

解説 勝又浩

編著者プロフィール

北條民雄(ほうじょう・たみお)
1914年-1937年。朝鮮の首都京城生まれ。徳島県に育つ。
20歳の時にハンセン病を発病。入院後、本格的に創作を開始した。
1936年『いのちの初夜』で第二回文學界賞を受賞。結核のため夭折した。
他に『癩家族』『癩院受胎』など。