基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
特集ページ2

ヒカクシガクヘノタビ

比較史学への旅

ガリア・ローマから古代日本へ

鈴木靖民 著

定価 1,836円 (本体1,700円) 在庫あり

数量:

古代ローマから東アジアを照射する

ローマ帝国の属州として、帝国の文化を受容し繁栄をなしたガリア・ローマ地域。熟達の日本古代史家がそこで見出したものはいったい何か―
国家とは何か、都市とは何か。交流のもたらす歴史的意義とはいかなるものか。
周縁への視座から世界史の命題を解き明かし、世界史上における古代日本の位置を模索する比較史学へのアプローチ。

ISBN 978-4-585-22031-2 Cコード C0020
刊行年月 2012年4月 判型・製本 四六判・並製  192 頁
キーワード アジア, 世界史, 古代, 文化史, 日本史, 西洋

目次

はじめに―日本古代史家にとってのフランス
イギリスのローマの長城、ハドリアンズ・ウォール
属州・プロヴァンスのローマ遺跡―ニーム・アルル・オランジュなど―
古代都市発掘・ローマのヴェゾン
サン・レミ再訪、都市グラヌムの景観
加茂遺跡の牓示札と敦煌懸泉置の墨書題記
地中海の港湾都市・マルセイユの古代
ガリア・ローマの首都、リヨン
フランスのポンペイ、ヴィエンヌのガリア・ローマ遺跡
古代ローマの偉大な残映
ローマの外港都市、オスティア・アンティカ
ケルンのローマ・ゲルマン博物館
大西洋のガリア・アキテーヌのボルドーと首都サント
港湾都市バルザンのムーラン・ド・ファ
ペトロコリイの首都、ペリグー
遠距離交易・交流のスウェーデン史―後漢鏡・東インド会社・ヴァイキング―
パリのローマ時代の遺跡探索
おわりに―ガリア・ローマから古代日本へ―
後記―10年ののちに―

編著者プロフィール

鈴木靖民(すずき・やすたみ)
1941年北海道生まれ。國學院大学教授・横浜市歴史博物館館長。文学博士。日本古代史・東アジア古代史専攻。考古学の成果を積極的に取り入れ、日本のほか、韓国・中国・ロシアをフィールドに、東アジア全体の広い視野から新たな日本古代史像の構築を試みている。
主要著書に、『古代対外関係史の研究』(吉川弘文館、1985年)、『日本の古代国家形成と東アジア』(吉川弘文館、2011年)、『倭国史の展開と東アジア』(岩波書店、2012年)、編著に、『古代日本の異文化交流』(勉誠出版、2008年)、『古代東アジアの仏教と王権―王興寺から飛鳥寺へ』(勉誠出版、2010年)、『古代東アジアの道路と交通』(勉誠出版、2011年)などがある。

書評情報

「日本経済新聞(夕刊)」(2012年7月4日)にて、本書の書評が掲載されました。(評者:井上章一(風俗史家))