基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ショクタクノニホンシ

食卓の日本史

和食文化の伝統と革新

橋本直樹 著

定価 2,592円 (本体2,400円) 在庫あり

数量:

平安貴族の宴会料理は?信長のおもてなしとは?江戸のファストフードって?とんかつ、ラーメンは日本食?

世界に誇る和食。
食材の広がりや食事の作法まで、歴史的検証を重ねながら、長く深い伝統を持つ日本人の食の知恵を紹介する。
読めば腹鳴る、日本食卓事情。

ISBN 978-4-585-23039-7 Cコード C0039
刊行年月 2015年12月 判型・製本 四六判・並製  330 頁
キーワード 文化史, 日本史

目次

はじめに

第一部 和食の博物誌 
 第一章 米作りとご飯の歴史 
 第二章 日本料理はどのように発達してきたのか
 第三章 日本酒の文化誌 
 第四章 和の調味料文化

第二部 日本食の近現代誌
 第一章 大江戸の食卓事情
 第二章 変わり行く和の食材 
 第三章 家庭料理の誕生
 第四章 崩壊寸前の日本の食卓

終わりに 日本の食卓は今後どのように変わるのか

編著者プロフィール

橋本直樹(はしもと・なおき)
京都大学農学部卒、農学博士、技術士。キリンビール(株)開発科学研究室長、ビール工場長を歴任し、常務取締役で退任。(株)紀文食品顧問、京都大学・東京農業大学非常勤講師を経て、帝京平成大学教授(食文化・栄養学。2010年まで)。食の社会学研究会代表。
主な著書に、『日本食の伝統文化とは何か―明日の日本食を語るために』(雄山閣、2013年)、『ビール・イノベーション』(朝日新聞出版、2009年)、『食品不安―安全と安心の境界』(NHK出版、2007年)、『食の健康科学―食品の機能性と健康』(第一出版、2003年)などがある。

関連書籍