基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ホウシャセンアンゼンキジュンノサイシンカガク

放射線安全基準の最新科学

福島の避難区域と食品安全基準

放射線の正しい知識を普及する会 著

定価 1,728円 (本体1,600円) 在庫あり

数量:

世界各国の放射線科学の第一人者たちが語る、福島と放射線の真実

震災から5年。今こそ、誤った放射線に対する偏見と風評被害を克服し、放射線科学の最先端からのパラダイム・シフトをここ日本でこそ実現するための警世の書。
放射線に対する正しい知識による福島の復興と、日本のエネルギー問題の解決に向けて
世界の科学者が提言する一冊。

ISBN 978-4-585-24008-2 Cコード C1040
刊行年月 2017年1月 判型・製本 四六判・並製  208 頁
キーワード 現代社会

目次

序文 加瀬英明

放射線科学用語一覧

第1部 放射線科学の最前線―海外からの提言
第1章 放射線安全性におけるLNTモデルからの脱却と新たな提言 モハン・ドス
第2章 福島の低線量放射線とどう向き合うか モハン・ドス
第3章 核廃棄物とは何か? レスリー・コリース
第4章 放射線に対しての「迷信」からの脱却を ウエード・アリソン
第5章 放射線と社会―低線量放射線への過剰な反応 ウエード・アリソン

第2部 福島の低線量率放射線の科学認識と20km 圏内の復興
第6章 福島の放射線線量調査の決定版 低線量の真実、20km圏内も帰還できる 高田純
第7章 日本の放射線防護の問題点―放射線はどこまで安全か 中村仁信
第8章 低線量放射線化学の国際的検討の経緯と未来 服部禎男
第9章 義務教育の場で放射線への正しい知識を 有馬朗人
【参考資料】世界の報道から

第3部 放射線をめぐる誤解と反論
第10章 日本の食品放射線安全基準は厳しすぎる(中村仁信教授の講演会) 編集部
【参考資料】IAEA 福島第一原子力発電所事故 報告書より
第11章 非科学的な恐怖をあおるな―広瀬隆「東京が壊滅する日」を批判する 中村仁信
【参考資料】IAEA 福島第一原子力発電所事故 報告書より

参考文献一覧
あとがき
執筆者一覧

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています