基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

ショウワテンノウノクトウ ジュンコウトシンケンポウ

昭和天皇の苦闘 巡幸と新憲法

昭和20年8月~昭和26年4月

加瀬英明 著

定価 1,080円 (本体1,000円) 在庫あり

数量:

「ずいぶんと厳しく、残酷なものだね。
みな、国のために働いてきたのではないか。
これはわたしに退位せよ、という謎ではないか」
GHQによる日本占領、戦犯問題、焦土のなかの巡幸、新憲法制定…。
数々の難局に対峙した昭和天皇の5年8ヶ月を、関係者への膨大なインタビューをもとに再現する。

ISBN 978-4-585-22238-5 Cコード C0021
刊行年月 2019年4月 判型・製本 新書判・並製  264 頁
キーワード 伝記, 日本史, 近現代

目次

まえがき

Ⅴ 昭和二十年八月~九月
皇族首相の門出
軍旗は燃えつきた
皇祖皇宗に詫びる陛下

Ⅵ 昭和二十年九月
「陛下が拉致される……」
マッカーサーの副王
近衛師団変身す

Ⅶ 昭和二十年十月~十一月
朝鮮王族の流転
李王朝と天皇制
宮様内閣の瓦解
高松宮家のパーティー
皇太子の帰京

Ⅷ 昭和二十年十二月~二十一年二月
「戦犯第一号はヒロヒトだ」
梨本宮、捕わる
「人間宣言」の内幕
「天皇之ヲ統治ス」
大日本帝国の終止符

Ⅸ 昭和二十一年二月~十月
「陛下、こちらを向いて」
デモ隊が皇居へ向った……
敗れた皇帝の「閲兵」
「ジミー」と呼ばれた皇太子

Ⅹ 昭和二十一年十月~二十六年四月
「象徴」天皇の誕生
十一宮家の皇籍離脱まで
マッカーサー元帥の帰国

編著者プロフィール

加瀬英明(かせ・ひであき)
1936年東京生まれ。外交評論家。慶應義塾大学、エール大学、コロンビア大学に学ぶ。「ブリタニカ国際大百科事典」初代編集長。1977年より福田・中曽根内閣で首相特別顧問を務めたほか、日本ペンクラブ理事、松下政経塾相談役などを歴任。
著書に『イギリス 衰亡しない伝統国家』(講談社)、『徳の国富論』(自由社)など。現在『加瀬英明著作選集』(勉誠出版)を刊行中。

★広告情報
・「読売新聞」(2019年3月19日)にサンヤツ広告を掲載しました。
・「産経新聞」(2019年3月28日)に5段1/2広告を掲載しました。

この書籍をお求めのお客様はこんな書籍もお求めになっています