基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

コクサイチイキガクニュウモン

国際地域学入門

小谷一明・黒田俊郎・水上則子 編

定価 3,024円 (本体2,800円) 在庫あり

数量:

多様化する世界の中で、いま、わたしたちは何を考えるべきなのか

グローバルな視点から、「国家」や「地域」といった固有の価値を捉えなおす新しい学問領域へいざなう。
ひと・もの・情報や、環境・気候変動などが、国境を越えて交差するダイナミックな時代を生き抜くための思考のレッスン。

ISBN 978-4-585-23043-4 Cコード C1030
刊行年月 2016年4月 判型・製本 A5判・並製  336 頁
キーワード 現代社会, 社会学

目次

はじめに

第1部 国際地域学のフロンティア
理想の世界―スタンレー・ホフマン追悼 黒田俊郎
グローバル化する世界経済―グローバル生産ネットワークとフェアトレード 李佳・渡邉松男
脱自然的自然を生きること―阿賀と水俣、アマゾンの環境的交差 小谷一明
沖縄への暴力を容認する眼差しを見つめ返す―『標的の村』に寄り添いながら 福本圭介
言語から何を学ぶか   柳町裕子・福嶋秩子・水上則子
環境共生社会と私たちの暮らし 坂口淳

第2部 国際地域学概論
国際地域学(国際関係)入門 若月章
国際地域政策概論 山中知彦

第3部 国際地域学点描:コラムとキーワード
1. EUと地域統合 鈴木均
2. The Internationalization of Higher Education in Japan   Howard Brown
3. 越境と人権 堀江薫
4. 環境正義 小谷一明
5. 近代中国の文学者 魯迅 後藤岩奈
6. ことばの交差点―日本語と韓国語が出会う場所を求めて   山田佳子・金世朗
7. コリアン・ディアスポラ 権寧俊
8. 在日外国人の言語習得 宮﨑七湖
9. Japanese drumming in Canada’s Capital: Oto-Wa Taiko   Melodie Cook
10. ジェンダー        荒木和華子
11. Scottish independence  John Adamson
12. Societal Multilingualism  Patrick Ng Chin Leong
13. ドストエフスキー 水上則子
14. 土着の知(indigenous knowledge)    木佐木哲朗
15. 新潟とLNG貿易    青木知一郎
16. 比較文学(比較演劇)の方法 澁谷義彦
17. 非暴力 福本圭介
18. Humanities / Humanité / Humanismus 石川伊織
19. フィールドワーク 櫛谷圭司
20. ポストコロニアル 荒木和華子
21. まちづくり 関谷浩史
22. ようこそ、漢字の世界へ 高久由美
23. ロシア料理 水上則子

編著者プロフィール

小谷一明(おだに・かずあき)
新潟県立大学国際地域学部准教授。立教大学大学院文学研究科英米文学専攻・アメリカ文学、環境文学。
主要著書・論文「林京子インタビュー 文学と核の接触領域」『文学から環境を考える―エコクリティシズムガイドブック』勉誠出版、2014年、「自動車が運ぶアメリカ―ライフスタイルの登場」『〈移動〉のアメリカ文化学』ミネルヴァ書房、2011年、「エコ・コスモポリタニズム―ウルズラ・K・ハイザをめぐって」『水声通信33号』水声社、2010年など。

黒田俊郎(くろだ・としろう)
新潟県立大学国際地域学部教授。1989-91年、フランスのエクス・マルセイユ第3大学法政治学部留学。1991年、中央大学大学院博士後期課程法学研究科政治学専攻単位取得満期退学。
編著に『国際地域学の展開』(2015年、明石書店)、共著に『政治と行政のポイエーシス』(1996年、未来社)、『ヨーロッパ統合と日欧関係』(1998年、中央大学出版部)、『世界システムとヨーロッパ』(2005年、中央大学出版部)、『平和を考えるための100冊+α』(法律文化社、2014年)、共訳に趙全勝『中国外交政策の研究―毛沢東、鄧小平から胡錦濤へ』(2007年、法政大学出版局)など。

水上則子(みずかみ・のりこ)
新潟県立大学国際地域学部教授。東京大学大学院人文科学研究科露文専攻 博士(文学)・ロシア文学、ロシア語教育。
主要著書・論文「新潟県立大学学生のためのロシア語教育課程の一環としての〈ロシア言語文化論(ロシアのことわざ)〉」『アジア太平洋地域における多文化間の対話』太平洋国立大学出版局、2013年、「北方のブィリーナにおける «славу поют» という表現の用法について」Japanese Slavic and East European Studies Vol.30 2009年など。