基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
e-bookguide.jp

マカイノジュウニン カワバタヤスナリ ジョウカン

魔界の住人 川端康成 上巻

その生涯と文学

森本穫 著

定価 10,800円 (本体10,000円) 品切れ

品切れ

恋に連れられ魔界に耽る文豪川端―。生誕から自裁まで、人生と文学を網羅する、川端研究の決定版!

なぜ川端は初恋のひと伊藤初代と決別せざるを得なかったのか、なぜ川端は執拗に〈美神〉を描き続けたのか、なぜ川端は、自ら命を絶ったのか―。
絡みあう人生と文学の「綾の糸」を、一本一本解きほぐし、万華鏡で魔界の深淵をのぞき込む。

初恋の新事実に、「事故のてんまつ」の真実までも抉り出す書き下ろし4000枚!

ISBN 978-4-585-29075-9 Cコード C3095
刊行年月 2014年9月 判型・製本 A5判・上製  800 頁
キーワード 評論, 近現代

目次

第一章 死の影のもとに―〈魔界〉の淵源
第二章 新感覚派の誕生―文壇への道
第三章 恋の墓標と〈美神〉の蘇生―自己確立へ
第四章 戦時下の川端康成―自己変革の時代(一)
第五章 戦後の出発―自己変革の時代(二)
第六章 「住吉」連作―〈魔界〉の門

編著者プロフィール

森本穫(もりもと・おさむ)
昭和17年(1942)福井県生まれ。早稲田大学第一法学部、第一文学部国文専修卒業。賢明女子学院短期大学教授。日本近代文学専攻。川端康成学会常任理事。阿部知二研究会事務局長。
主要著書に『愛の文学選』(渓水社、1980年)、『日本近代文学―小説に描かれた女性像』(4人による共編著・渓水社、1981年)、『注釈:遺稿「雪国抄」・「「住吉」連作」(平山三男との共著・林道舎、1984年)、『魔界遊行(ゆぎょう)―川端康成の戦後』(林道舎、1987年)、『孤児漂泊――川端康成の世界』(林道舎、1990年)、『阿部知二 原郷への旅』(林道舎、1997年)、『作家の肖像――宇野浩二・川端康成・阿部知二』(林道舎、2005年)、『松本清張 歴史小説のたのしみ』(洋々社、2008年)『姫路文学散歩』(共著・神戸新聞総合出版センター、1991年)など。

書評情報

・「読売新聞(夕刊)」(2014年9月27日)にて、本書の紹介文が、著者インタビューとともに大きく掲載されました。
・「中国新聞」(2014年10月7日)にて、本書の紹介文が掲載されました。
・「朝日新聞(夕刊)」(2014年11月4日)にて、本書の紹介文が、著者インタビューとともに掲載されました。
・「毎日新聞(夕刊)」(2014年11月11日)にて、本書の紹介文が、著者インタビューとともに掲載されました。
・「朝日新聞(大阪本社版)(夕刊)」(2014年11月26日)にて、本書の紹介文が、著者インタビューとともに掲載されました。
・「週刊読書人」(2014年11月28日)にて、本書の書評が掲載されました。(評者:吉田秀樹(川端康成学会理事))