基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

白居易研究年報 17

ハクキョイケンキュウネンポウ ダイジュウナナゴウ

白居易研究年報 第17号

特集 書蹟と絵画

白居易研究会 編

定価 4,536円 (本体4,200円) 在庫あり

数量:

詩と書と画に優れることを意味する詩書画三絶は中国文人の理想であった。書と画は密接な関係があり、根本的に一致すると考えられてきた。
本特集では、その第一人者である白居易の書蹟と絵画、および後代への影響に着目する。維摩詰図題詩の変遷、鳥窠禅師と白居易の問答図の日本における受容と展開、白居易が始めた文人交流会「尚歯会」の平安朝における展開、白詩の「伊勢物語」への影響、詩書画三絶と称せられた田能村竹田の作品に現れた白居易への憧憬など、豊富な書蹟・絵画資料を交えて考察する。

ISBN 978-4-585-07095-5 Cコード C3098
刊行年月 2017年1月 判型・製本 A5判・並製  336 頁
キーワード 中古, 中国, 古典, 比較文学, 漢文

目次

【特集 書蹟と絵画】
特集に寄せて 陳チュウ
尚歯会と書と絵 後藤昭雄
西域の仏から東土の隠士へ―宋代維摩詰図題詩の変遷― 査屛球 原著(渡部雄之 訳)1
鳥窠白楽天問答図と白居易像の行方 小林宏光
無学祖元賛『白楽天像』の文図学的研究 衣若芬 原著(森岡ゆかり 訳)
白居易詩と伊勢物語(絵)―詩と絵と和歌の交流・創造― 泉紀子
田能村竹田と白居易―近世日本文人の詩書画三絶― 池澤一郎
尊円親王筆白氏詩巻の文献価値について―その書写底本をめぐる諸問題及び逸詩「看碁贈人」に関する考釈― 陳チュウ
白楽天詩文書蹟拓本の古記録をめぐって 文艶蓉 原著(銭心怡 訳)
【投稿論文】白楽天文殊化身説の生成と展開 張硯君
【訳注】晁迥『法蔵砕金録』所収白居易関係資料訳注稿(一) 澤崎久和
戦後日本における白居易の研究(白居易・白氏文集に関する研究)―二○一五年― 下定雅弘・中木愛
日本文学へ与えた白居易の影響に関する研究 下定雅弘・中木愛

*チュウは「羽+中」

シリーズ詳細

白居易研究年報