基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

カマクラヲヨミトク

鎌倉を読み解く

中世都市の内と外

秋山哲雄 著

定価 3,024円 (本体2,800円) 予約商品

Preorder:
2017/10/31

数量:


この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

「つながり」のなかに中世都市鎌倉のかたちを探る

都市鎌倉が形成されていく過程、そこを往来する人々の営み、都市におけるさまざまな「場」が有する意味や機能―。
文献史学・考古学の諸史料を紐解き、中世鎌倉の内実を明らかにし、また、外部との関わりの諸相を検討することで、東国における中枢都市として展開した鎌倉の歴史的意義を読み解く。

ISBN 978-4-585-22194-4 Cコード C1021
刊行年月 2017年10月 判型・製本 四六判・上製  242 頁
キーワード 中世, 日本史, 鎌倉

目次

巻頭言

序 章 都市鎌倉研究の現在
 はじめに
 第一節 それまでの鎌倉
 第二節 鎌倉の都市域
 第三節 鎌倉の葬送
 第四節 都市の広がり
 おわりに

第一章 成立期鎌倉のかたち―鎌倉の道・館・寺―
 はじめに
 第一節 鎌倉の道と館
 第二節 鎌倉の寺社
 おわりに

第二章 移動する武士たち―田舎・京都・鎌倉―
 はじめに
 第一節 娘を愛してしまった父親の話
 第二節 謀書を認めてしまった男の話
 第三節 花押を据えなかった在庁官人の話
 おわりに

第三章 都市の地主―「浄光明寺敷地絵図」にみる中世鎌倉の寺院―
 はじめに
 第一節 「浄光明寺敷地絵図」をよむ
 第二節 都市における重層的土地所有
 おわりに

第四章 北条政子の居所とその政治的立場
 はじめに
 第一節 源頼朝・頼家期
 第二節 源実朝期
 第三節 源実朝没後
 おわりに

第五章 都市鎌倉における永福寺の歴史的性格
 はじめに
 第一節 永福寺の成立
 第二節 二つの薬師堂
 第三節 三つの性格
 おわりに

第六章 鎌倉幕府の大将軍
 はじめに
 第一節 鎌倉時代前半の大将軍
 第二節 異国征伐の大将軍
 第三節 西国へ向かう大将軍
 第四節 鎌倉を守る大将軍
 おわりに

おわりに

初出一覧
あとがき
索 引

編著者プロフィール

秋山哲雄(あきやま・てつお)
1972年生まれ。国士舘大学文学部教授。専門は日本中世史。
主な著書に『北条氏権力と都市鎌倉』(吉川弘文館、2006年)、『都市鎌倉の中世史』(吉川弘文館、2010年)、『鎌倉幕府滅亡と北条氏一族』(吉川弘文館、2013年)などがある。