基礎学から文芸・教養書までを刊行する総合出版社。
Publishing the books about Japanese literature, history and etc.

  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 会社案内
特集ページ
電子書籍はこちら

ケッテイバン ヒロシマゲンバクシャシンシュウ

決定版 広島原爆写真集 The Collection of Hiroshima Atomic bomb Photographs

「反核・写真運動」 監修/小松健一・新藤健一 編

定価 2,700円 (本体2,500円) 在庫あり

数量:

70年前、8月6日8時15分、広島―

未公開写真も含めた398点が、人類史上かつてない惨劇を克明に語り伝える。
決して忘れてはならない恐怖と悲しみの記憶。


【本書の特色】
1.『決定版 広島原爆写真集』『決定版 長崎原爆写真集』ともに初公開作品を含み、合計で800点近い写真を収録。
2.配列順は、撮影された年月日順を原則とし、時間の経過とともにその後の推移をたどることができる。
3.写真キャプションは日本語と英語を併記し、多くの人に理解できるようにした。
4.巻末に、広島と長崎をともに撮影した林重男と松本栄一の対談「原爆を撮った男たち」を収めるほか、撮影者・撮影当時の様子を詳述した解説を付す。

ISBN 978-4-585-27023-2 Cコード C0072
刊行年月 2015年8月 判型・製本 B5判・上製  256 頁
キーワード アーカイブズ, 戦争, 現代社会, 美術, 近現代

編著者プロフィール

「反核・写真運動」
核兵器の廃絶と非核三原則の厳守を求め、ジャンルを超えた写真家、写真評論家、写真業界の代表など552名の呼びかけにより、1982年に発足。広島・長崎を撮影した原爆写真の収集、ネガの複製保存、出版物の刊行、展示などの活動を行っている。

小松健一(こまつ・けんいち)
1953年岡山県生まれ。世界の厳しい風土の中で自然と共生する民族をライフワークに地球巡礼をしている。また、日本人の近現代の文学、作家の原風景を切り口にして日本人の暮らしと風土、沖縄、環境問題など社会的テーマを追い続けている。公益社団法人日本写真家協会会員、協同組合日本写真家ユニオン会員。
主な著書に、『ヒマラヤ古寺巡礼』(インデックスコミュニケーションズ、2005年、日本写真協会賞年度賞)、『雲上の神々―ムスタン・ドルパ』(冬青社、1999年、第2回藤本四八写真文化賞)など。

新藤健一 (しんどう・けんいち)
1943年、東京生まれ。元共同通信社カメラマン。帝銀事件・平沢被告の獄中撮影やダッカ事件、朴大統領暗殺事件、湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争、スーダン、ソマリア紛争を取材。共同通信社写真部デスク、編集委員。定年後は明星大学、東京工芸大学、立教大学非常勤講師を歴任、東日本大震災を取材。
『見えない戦争』(情報センター出版局、1993年)、『疑惑のアングル』(平凡社、2006年)の著書がある。
潜水士。「反核・写真運動」運営委員。

書評情報

・「東京(中日)新聞(夕刊)」(2015年7月22日)にて、本書の紹介文が掲載されました。
・「週刊読書人」(2015年9月4日)にて、『決定版 広島原爆写真集』、本書の書評が掲載されました。(評者:戸田清(長崎大学))

受賞情報

2016年度日本ジャーナリスト会議賞(JCJ賞)を受賞致しました。